新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

雷鳴のようなバリバリ音が食欲をそそる!豆腐の油炒め「雷豆腐」【再現!江戸飯レシピ7】

kaminari01_s

本連載の第1回目で、豆腐料理ばかりを100種類紹介する料理本『豆腐百珍』をご紹介しましたが、豆腐料理の本はこれに留まりません。『豆腐百珍』がベストセラーになったのを受け、『豆腐百珍続編』、『豆腐百珍余録』と立て続けに出版され、3冊総計で332種類もの豆腐料理が掲載されたといいます。

江戸時代後期には、町奉行所から江戸市中に1000を超えたという豆腐屋に、大きさや価格を均一にするよう申し渡しがあったそうですから、豆腐がいかに庶民的な食材だったかがわかります。

さて、今回も『豆腐百珍』から、「雷豆腐」という料理を再現してみました。「雷豆腐」は、鍋にごま油を入れて熱し、その中に水を切った豆腐を入れるとバリバリッと、まるで雷鳴のような音が鳴ることから命名されたそうです。

■「雷豆腐」の作り方

kaminari02_s

◎材料
豆腐 1丁
胡麻油 適量
醤油 適量
ねぎ 適量
大根おろし 適量
わさび 適量

①豆腐の水を良く切って、手で潰す。

①豆腐の水を良く切って、手で潰す。

②鍋にごま油を入れて熱し、①を加える。

②鍋にごま油を入れて熱し、①を加える。

③②を炒めて醤油を加え、味を調える。

③②を炒めて醤油を加え、味を調える。

④白髪ねぎと大根おろし、わさびをトッピング。

④白髪ねぎと大根おろし、わさびをトッピング。

バリバリッと食欲をそそる音とごま油の香りが楽しめる「雷豆腐」。シンプルながら豆腐そのものの優しい味がして、ネギと大根おろし、わさびがよいアクセントになります。これは、ビールが進みそうです!

■青菜を入れて「砕き豆腐」に

『豆腐百珍』の「雷豆腐」の項目には、青菜を加える「砕き豆腐」の作り方も続いて記載されています。こちらは、熱した油に、水気を切った豆腐を手で潰しながら入れてかき混ぜ、その後に豆腐と同量の青菜を刻んだものを入れてよくかき混ぜ、醤油で調味して完成です。

青菜は、八代将軍吉宗が命名したという江戸野菜、小松菜を使ってみてはいかがでしょう。

【参考文献】
『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房)
『江戸の料理と食生活』(編 原田信男/小学館)

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

「再現!江戸飯レシピ」の他の記事へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 冬だからこそいただきたい、京都の「湯豆腐」と「京食材」|『南禅寺…
  2. ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レ…
  3. 鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江…
  4. のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯…
  5. 独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り…
PAGE TOP