新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

いわば江戸版クレープ!利休好みの菓子「ふのやき」の作り方【再現!江戸飯レシピ8】

funoyaki01_s

茶人千利休が茶会でよく用いたといわれる茶菓子のひとつ「ふのやき」。「麩の焼き」と書き、「麩」はグルテンをさします。元々は小麦を水で洗いながら捏ねた時に出てくるグルテンを焼き、味噌などを包んだ菓子だったと考えられているそうです。

「ふのやき」に関する記述はさまざまな書物に残されていますが、今回ご紹介するレシピは、江戸時代に書かれた菓子製法の専門書『古今名物御前菓子秘伝抄』を参考に再現しました。

この文献では、小麦粉を水に解き、油を敷いた鍋に薄く広げて焼き和風クレープのように仕上げています。

では、さっそく、「ふのやき」を作ってみましょう。

■「ふのやき」の作り方

funoyaki02_s
■材料
小麦粉 80g
水 100cc
クルミ 30g
山椒味噌 30g
砂糖 少々
サラダ油 適量

(1)小麦粉を水で溶く。

(1)小麦粉を水で溶く。

(2)クルミを細かく刻む。

(2)クルミを細かく刻む。

(3)サラダ油を薄くひき、(1)のたねを薄く円形に広げて焼く。

(3)サラダ油を薄くひき、(1)のたねを薄く円形に広げて焼く。

(4)焼き上がった皮に山椒味噌を塗り、クルミをのせ、砂糖をパラリと振って、くるりと包む。

(4)焼き上がった皮に山椒味噌を塗り、クルミをのせ、砂糖をパラリと振って、くるりと包む。

クレープのように卵は入れず小麦粉だけで作った皮は素朴な味で、甘じょっぱい味噌にクルミの香ばしさとピリッとした山椒の風味が効いた餡に良く合います。煎茶と一緒にいただきましたが、濃い抹茶と合せるとより美味しさが引き立ちそうです。時間を置くと皮が硬くなり、とたんに味が落ちるので、作ったらすぐにいただきましょう。

なお、山椒味噌が手に入らない場合は、市販の田楽味噌に山椒粉を混ぜたもので代用できます。

■まだまだある?“利休好み”の料理

“利休好み”といわれる料理は数あれど、そのすべてが、利休が好んで食したり客人に出していたものだったかといえばそうではありません。

例えば、料理名に“利休”と冠する料理は、卵に胡麻を混ぜて蒸す「利休玉子」、煎り胡麻入りのタレを塗った「利休焼き」、胡麻を衣にして揚げる「利休揚げ」、胡麻を加えた煮物「利休煮」などが有名です。いずれも胡麻を使った料理ばかりですね。

“利休”の名が付けられたのは、利休が胡麻を好んだからという説、あるいは、信楽焼きや伊賀焼など利休好みの器の肌が胡麻のように粒々していていかにも利休が好みそうな料理だからという説があります。いずれにせよ、これらのほとんどは後世の人が考案したものだといわれています。

※分量や細かい作り方は原本に記載されていないため、筆者が作った方法でご紹介しています。

【参考文献】
※『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)
※『教育社新書〈原本現代訳〉古今名物御前菓子秘伝抄』(作者・不詳/訳・鈴木晋一)

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

「再現!江戸飯レシピ」の他の記事へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レ…
  2. 鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江…
  3. のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯…
  4. 独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り…
  5. 臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り…
PAGE TOP