新着記事

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

しょうがの香りがやみつきに!江戸の料理書『甘藷百珍』の「衣かけ芋」【再現!江戸飯レシピ4】

imo01

さつま芋が日本に渡ってきたのは江戸時代初期で、普及したのは中期といわれています。享保の大飢饉をきっかけに、救荒食物として栽培が推奨されるようになりました。

次第に庶民に普及するとさまざまな料理法が考え出され、1789 年には、さつまいも料理のレシピを123つ紹介する『甘藷百珍』が発行されます。

今回ご紹介するのは、『甘藷百珍』の「奇品」部門の30番に載っている「衣かけ芋」です。芋の天ぷらにひと手間加えたアレンジレシピが2つ紹介されています。

①衣に醤油で味付けするアレンジと、②さつまいもとしょうがを、それぞれ細切りにして前者同様に醤油風味の衣で揚げるかき揚です。では、それぞれの作り方をご紹介しましょう。

■「衣かけ芋」の作り方
imo02
◎材料
さつま芋 中1本(半分はかき揚用)
ショウガ 1片
天ぷら粉 100g
水 100cc
醤油 大さじ2
天ぷら油 適量

【アレンジ①】

①小麦粉と水を混ぜて、醤油を加えて味付きの衣にする。

①小麦粉と水を混ぜて、醤油を加えて味付きの衣にする。

 

②芋を絡めて、油で揚げる。揚げ時間は3分が目安(竹串を刺して、すっと通ればOK)。

②芋を絡めて、油で揚げる。揚げ時間は3分が目安(竹串を刺して、すっと通ればOK)。

 

【アレンジ②】

①芋とショウガを千切りにしてアレンジ①で使って残った衣と合せる。

①芋とショウガを千切りにしてアレンジ①で使って残った衣と合せる。

②たねを油に入れて、衣が薄く色づいたらひっくり返す。揚げ時間の目安は1分半~2分程度(箸で触った感触がカリッとしていればOK)。

 

■醤油風味が香ばしい芋の天ぷらが完成!

アレンジ①は、いつもの衣に醤油を加えるだけですが、揚げることで醤油の香ばしさが膨らみ、さつまいもの甘味を引き立てていました。

アレンジ②は、ほっこり甘いさつまいもに、ショウガと醤油の風味が加わり、なんともおもしろい味になりました。お酒のおつまみになりそうな味です。

最近は、レシピサイトでユニークなアレンジレシピをよく目にしますが、江戸時代の人たちも同じようなことをしていたんですね。食への探求心は、今も昔も変わらないようです。

※『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)、『料理百珍集』(校註/解説・原田信男/八坂書房)
※分量や細かい作り方は原本に記載されていないため、筆者が作った方法でご紹介しています。

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

「再現!江戸飯レシピ」の他の記事へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レ…
  2. 鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江…
  3. のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯…
  4. 独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り…
  5. 臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り…
PAGE TOP