新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    80歳、最初の挑戦!「左手のピアニスト」舘野泉の傘寿記念コンサート

         

    「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの、80歳=傘寿を記念するコンサートが、2016年10月30日(日)に福島県の南相馬市民文化会館にて、11月10日(木)に東京・初台の東京オペラシティコンサートホールにて、それぞ…

  2.  

    夏目漱石、病院のベッドの上で原稿を書きはじめる。【日めくり漱石/10月20日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)10月20日、漱石は東京・内幸町の長…

  3.  

    江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)明暦三年(1657)に起き…

  4.  

    お江戸のド真ん中で秋の美術館巡りを楽しむ!「EDO TOKYO NIPPON アートフェス 2016」

         

    いま東京駅周辺では、「開館50周年記念 大仙厓展―禅の心、ここに集う」(出光美術館)、「特別…

  5.  

    夏目漱石、長い航海を経ていよいよヨーロッパの土を踏む。【日めくり漱石/10月19日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)10月19日、漱石はイタリアのジェノ…

  6.  

    チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

         

    文/後藤雅洋ロック・ミュージックではビートルズはじめ、ギターを弾きつつ歌を歌うのはご…

  7.  

    坂本龍馬の貴重な直筆書簡が沢山あるぜよ!「没後150年 坂本龍馬」展

         

    日本人を惹きつけてやまない坂本龍馬の展覧会が、京都国立博物館で開かれています。(~11月27日)…

  8.  

    夏目漱石、「こんなんじゃ落第だぞ」と学生たちに喝を入れる。【日めくり漱石/10月18日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)10月18日、38歳の漱石は第一高等…

  9.  

    出雲横田駅(JR木次線)神社と見まがう和風駅舎の傑作【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第7回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)神無月とは旧暦10月の異称だが、全国の神々が出雲…

  10.  

    夏目漱石、主治医のためにとっておきの贈り物を注文する。【日めくり漱石/10月17日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)10月17日、東京・内幸町の長与胃腸…

  11.  

    真田丸で激突した「もうひとつの赤備え」井伊直孝が戦いで得た生涯の教訓とは

         

    文/内田和浩大坂冬の陣で「真田丸」を守った真田信繁(幸村)率いる5,000人の真田隊…

  12.  

    時を超えて魅せる妖艶な美!史上最大規模の大回顧展「クラーナハ―500年後の誘惑」展

         

    ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家、ルカス・クラーナハ(父、1472-1553)の日本初となる展覧会…

  13.  

    人生の悩みを抱えた夏目漱石、答えを求めて寺に引っ越す。【日めくり漱石/10月16日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)10月16日、27歳の漱石は東京・小…

  14.  

    病み上がりの夏目漱石、フラフラして手紙も書けない。【日めくり漱石/10月15日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)10月15日、47歳の漱石はなんとか病…

  15.  

    宗派を問わず本格的に仏教を学べる!初心者OKの通信制の仏教塾「東京国際仏教塾」

         

    リタイア後のサライ世代の方にはとくに、仏教に関心を持っている方もおられるだろう。だが、本格的…

  16.  

    夏目漱石、下関と広島をたった一日で見物してまわる。【日めくり漱石/10月14日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)10月14日、漱石は朝6時にボーイに…

  17.  

    洋から和まで何でもござれ!東京駅の名建築家・辰野金吾のマルチすぎる世界

         

    文・写真/山内貴範日本の戦後漫画の開拓者である巨匠・手塚治虫は、少年漫画から少女漫画、はたま…

  18.  

    超絶技巧の漆芸美が目白押し!静嘉堂文庫の漆芸名品展―うるしで伝える美の世界―

         

    漆(うるし)を使った工芸品の珠玉の名作を集めた展覧会が、東京・世田谷の静嘉堂文庫美術館で開催されてい…

  19.  

    夏目漱石、上野の展覧会で「芸術の本質」について悟る。【日めくり漱石/10月13日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)10月13日、45歳の漱石は朝一番で東…

  20.  

    ポスターから教則本まで!珍しい展示品もまじえミュシャの全貌に迫る「ミュシャ展」

         

    アールヌーヴォーの旗手、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の展覧会が、大分市美術館で開催さ…

  21.  

    夏目漱石、東京へ帰る友・正岡子規に送別の句を贈る。【日めくり漱石/10月12日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)10月12日、28歳の漱石は正岡子規…

  22.  

    地下世界から現れたおびただしい兵士たち!始皇帝陵「兵馬俑」の等身大像の謎

         

    中国の文化財は、ほとんどが地下からの出土品といってよい。その多くは皇帝たちの墓から掘り出され…

  23.  

    ゴッホとゴーギャン二人の関係性に迫る日本初の試み!「ゴッホとゴーギャン展」

         

    ゴッホとゴーギャン。この西洋絵画の二人の巨匠をテーマにした展覧会が、東京・上野の東京都美術館で開催さ…

  24.  

    夏目漱石、客の急増に閉口して週一回の「面会日」を定める。【日めくり漱石/10月11日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)10月11日、39歳の漱石は午後3時…

  25.  

    仏像のモデルは「その時の美人」!法隆寺と薬師寺の「薬師如来」の顔立ちが違うワケ

         

    正倉院の宝物のひとつに「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」がある。中国唐時代の美女を…

  26.  

    ユーモアあふれる禅画!仙厓(せんがい)の三大コレクションが一挙集結「大仙厓展」

         

    笑いとユーモアを通して禅の教えをひろめた江戸時代の禅僧、仙厓(せんがい、1750-1837)…

  27.  

    夏目漱石、門弟たちと遠足にでかけて丸一日たっぷり楽しむ。【日めくり漱石/10月10日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)10月10日、41歳の漱石は、門弟た…

  28.  

    人気の歌舞伎公演がシネマ化!『スーパー歌舞伎II ワンピース』の世界展

         

    国内のみならず世界的にも絶大な人気を誇るマンガ「ONE PIECE」の世界観と、四代目市川猿…

  29.  

    大観・玉堂・龍子、日本画の三巨匠が共同制作した「循作」(じゅんさく)が一堂に集結!

         

    横山大観(1868-1958)、川合玉堂(1873-1957)、川端龍子(1885-1966)という…

  30.  

    増毛駅(留萌本線)まもなく廃線となる北の終着駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第6回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)秋のある朝、私は留萌本線の増毛駅を訪ねた。時間は…

PAGE TOP