新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    万年筆に親しむ極意~意外と知らない多彩なインク選びのコツ

         

    いま、万年筆の色インクに熱中する人たちがいます。多くの色インク瓶を集め、手帳や手紙にと何色ものインクを使い分け、嬉々としてその魅力を語って止みません。こうした様子を自ら“インク沼に沈む”といい、じつに楽しそうです。このインク…

  2.  

    「目的物を手に入れる為に費やすべき最後の租税は生命なり」(正岡子規)【漱石と明治人のことば21】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3.  

    真田父子だけではなかった!関ヶ原の合戦で「肉親同士が敵味方にわかれた」戦国武将たち

         

    先日最終回を迎えた2016年大河ドラマ「真田丸」の大ヒットで、あらためて戦国武将の生き様にス…

  4.  

    ご対面に蒐集家も興奮!100円切手の“銀鶴”の本物に会える「春日大社 千年の至宝」展

         

    写真・文/山内貴範黒っぽい“鳥”が描かれた100円の普通切手。オフィスや家庭に届く郵便物で、誰も…

  5.  

    「私を覚えていますか?」20余年前の教え子からの問いに作家・藤沢周平はどう答えたか

         

    「オール読物」新人賞の受賞から2年後の昭和48年7月、藤沢周平は『暗殺の年輪』で第69回直木賞を受賞…

  6.  

    愛用者急増中の「1000円万年筆」 その驚きの機能と書き味は?

         

    いま、注目したい万年筆があります。価格は手頃な1000円なのに、購入したそのときから書きやす…

  7.  

    「悟りの遅速は全く人の性質で、それだけでは優劣にはなりません」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば20】

         

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本…

  8.  

    運命とは不可思議なもの!作家・藤沢周平の誕生につながったある中学校教員の病苦

         

    山形県西田川郡の湯田川中学校の集団検診で、23歳の教員・小菅留治に肺結核が見つかったのは、今…

  9.  

    「相場も、いつか下がるときがあるし、上がるときがあるものさ」(勝海舟)【漱石と明治人のことば19】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  10.  

    重要文化財の茶室が特別公開中!京都・金戒光明寺の個性あふれる茶席「淀看席」【京の冬の旅 特別公開その2】

         

    いま京都では第51回「京都冬の旅」キャンペーンが実施されている。今回のテーマは「大政奉還150年記念…

  11.  

    「嘘は河豚(ふぐ)汁である。」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば18】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  12.  

    「七十、八十は鼻たれ小僧、男ざかりは百から百から」(平櫛田中)【漱石と明治人のことば17】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  13.  

    絢爛たる源氏物語の世界を堪能!古典に挑んだ奇想の画家「岩佐又兵衛と源氏絵」展

         

    岩佐又兵衛をはじめとする江戸期の「源氏絵」の名品が一堂に会する展覧会が、東京・丸の内の出光美術館で開…

  14.  

    「ニュートンなんて、200 年以上も前の学者じゃねえか!」(本田宗一郎)【漱石と明治人のことば16】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  15.  

    贅を尽くした巨大建築!信長・秀吉・家康が「天守」にこだわったそれぞれの理由とは

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回は『長大な包囲網で完全に追い詰める!「…

  16.  

    野馳駅(JR芸備線)古武士のような風格ある懐かしの木造駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第15回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)JR芸備線は、広島市と岡山県新見市とを結ぶ延長1…

  17.  

    細川家伝来の近代日本画の傑作を一挙展示!「永青文庫 日本画の名品」展

         

    旧熊本藩主・細川家伝来の歴史資料や美術工芸品を管理する永青文庫が所蔵している、横山大観や上村松園ら近…

  18.  

    「先例を以て未来を計らんとす。愚もまた甚だし」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば15】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  19.  

    「城攻めの達人」秀吉お得意の必勝戦術とは?

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回は『実は巨大な吹き抜けも存在!信長が誕…

  20.  

    繊細華麗な洋食器の華!王侯貴族に愛されたハンガリーの名窯「ヘレンド窯」名品展

         

    ヨーロッパの王侯貴族御用達でもあるハンガリーの名窯「ヘレンド窯」の作品が並ぶ洋食器の展覧会が…

  21.  

    「死ぬときは、ぽっくり死にたい」(池波鈴)【漱石と明治人のことば14】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  22.  

    色っぽい役どころ!中世きってのスター絵師が登場する狂言『金岡(かなおか)』【狂言に見る日本の職人・商人たち 09】

         

    『金岡(かなおか)』は、平安時代の絵師・巨勢金岡(こせのかなおか)がシテという、実在の人物が…

  23.  

    「理想のあるものは歩くべき道を知っている」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば13】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  24.  

    今も昔も国際舞台で大活躍!狂言にも登場した通訳「通事」(つうじ)【狂言に見る日本の職人・商人たち 8】

         

    今も昔も国際的な舞台で活躍する通訳。かつては、通事(つうじ)、通詞とも呼ばれていた。…

  25.  

    世界遺産の期待高まる“海の正倉院”の秘宝が結集!「宗像・沖ノ島と大和朝廷」展

         

    神宿る島・沖ノ島の国宝・重文クラスの宝物が一堂に会す展覧会が、福岡県太宰府市の九州国立博物館…

  26.  

    「人生は一局の棋なり 指し直す能わず」(菊池寛)【漱石と明治人のことば12】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  27.  

    知られざる存在!江戸のお巡りさん“新徴組”はもう一つの新選組だった【時代劇、勝手に応援し隊 第二夜】

         

    文/堀口茉純(お江戸ル/歴史作家)新選組は若い世代が歴史にハマる入口の一つだ。最近で…

  28.  

    室町時代になって傘が普及した理由とは?傘張りが主役の狂言『祐善(ゆうぜん)』【狂言のなかの職人・商人 7】

         

    狂言『祐善(ゆうぜん)』のシテ(主役)は、その名も祐善という都の傘張り職人だ。都の五…

  29.  

    「自分は自分流にするのが自分に対する義務である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば11】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  30.  

    ビング・クロスビー|古きよきアメリカを体現する「囁きの魔術師」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション19】

         

    文/後藤雅洋■“アメリカの気分”を喚起「古きよき時代のアメリカ」という言いま…

PAGE TOP