新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】

取材・文/池田充枝春日若宮おん祭は、奈良の歳末を飾る祭事として、人々に親しまれています。…

越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ

取材・文/編集部北陸・福井県の美味いものといえば、なんといっても「越前がに」が名高いが、じつ…

ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選

文/安藤政弘スイス時計の伝統を受け継ぎながら、創業時より150年にわたり、革新性の満ちたタイ…

今年のヒット商品を発表!|全国のスーパー、ドラッグストア約5,000万人分のPOSデータから集計 「サバ缶」を超えた「イワシ缶」、本格志向の第3のビールが急上昇!|全国のドラッグストア、 スーパーで今年一番売れた商品ランキング

今年一番売れた商品は何か? 気になるランキングを大発表!データマーケティングサービスを提供す…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、遠来の客にとっておきの「書籍購入法」を披瀝する。【日めくり漱石/7月19日】

    今から111 年前の今日、すなわち大正4年(1915)7月19日、48歳の漱石は日暮れ時から人待ち顔で、少しそわそわしていた。金沢在住の俳人で英文学者の大谷正信が夫人とともに久方ぶりに上京していて、訪ねてくることになっていた。…

  2. 心洗われる清冽な風景画!戦後日本画の巨匠・東山魁夷の展覧会「東山魁夷 自然と人、そして町」

    戦後の日本画を代表する作家のひとり、東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908-1999)の展覧…

  3. 夏目漱石、住み慣れた熊本を引き払って帰京の途につく。【日めくり漱石/7月18日】

    この年の熊本は、7月上旬から雨模様が続いていた。16日には大雨がもとでとうとう大洪水…

  4. 夏目漱石、ついに2年がかりの連載『吾輩は猫である』を書き終える。【日めくり漱石/7月17日】

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月17日、39歳の漱石は書き進めて…

  5. 添い寝を楽しみにしておれよ!「人たらし」豊臣秀吉が愛する女性に送った手紙

    豊臣秀吉の才能のひとつに「人たらし」と呼ばれる対人交渉術がある。相手の心情を理解してその懐に…

  6. 夏目漱石、新聞連載小説の斬新すぎる企画を思いつく。【日めくり漱石/7月16日】

  7. 帰欧後のシーボルトが「日本」を伝えた展示を再現!「シーボルトの日本博物館」展

  8. 夏目漱石、ケーベル先生の送別会に出席するがまさかの事態に!【日めくり漱石/7月15日】

  9. 高さ4mを超える巨大な祭壇画は圧巻!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展

  10. 夏目漱石、とっさの機転で寺田寅彦の盗作疑惑を未然に防ぐ。【日めくり漱石/7月14日】

  11. 住友財閥の総帥が集めた極品の数々!明治の大富豪「バロン住友の美的生活」展

  12. 中学教師の夏目漱石、松山で生徒たちの乱闘騒ぎに巻き込まれる。【日めくり漱石/7月13日】

  13. 絵筆で描かれた美しき動物たちの饗宴!五島美術館「夏の優品展―動物襲来―」展

  14. 若き美空ひばりJAZZを歌う!今なお輝き続ける「昭和ジャズ歌」の個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション06】

  15. 若き夏目漱石、就職活動のため大学の先輩を訪ねたものの…。【日めくり漱石/7月12日】

  16. 知られざる異能の銅版画家メッケネムの全貌に迫る初めての展覧会

  17. 夏目漱石、生田長江からニーチェの翻訳について相談される。【日めくり漱石/7月11日】

  18. 東洋と西洋を結婚させた陶芸家!バーナード・リーチ生誕130年を記念する展覧会

  19. 夏目漱石、自宅に無名の新人・志賀直哉の訪問を受ける。【日めくり漱石/7月10日】

  20. 夏目漱石、朝刊の連載小説に誤植を見つけ思わず渋い顔になる。【日めくり漱石/7月9日】

  21. 若き夏目漱石、いよいよ旧制高校の卒業式を迎える。【日めくり漱石/7月8日】

  22. 若き夏目漱石、初めての京都旅行で名旅館「柊家」に泊まる。【日めくり漱石/7月7日】

  23. 夏目漱石、恐ろしい「コンニャク湿布」の荒療治を我慢できるようになる。【日めくり漱石/7月6日】

  24. 夏目漱石、入院中の病院で石川啄木と面会する。【日めくり漱石/7月5日】

  25. 夏目漱石、書画骨董の入札会で見た一休の書に憮然とする。【日めくり漱石/7月4日】

  26. 写真を芸術に高めた女性!ジュリア・マーガレット・キャメロンの回顧展

  27. 夏目漱石、上野の精養軒で高校の教え子たちと昔を懐かしむ。【日めくり漱石/7月3日】

  28. 夏目漱石、『吾輩は猫である』の原稿料で念願のパナマ帽を買う。【日めくり漱石/7月2日】

  29. シュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリ、約10年ぶりの大型回顧展!

  30. 夏目漱石、連作『夢十夜』の最初の原稿を大阪朝日新聞へ送る。【日めくり漱石/7月1日】

PAGE TOP