新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 父親としての夏目漱石が妻宛の手紙に記した、子育てで何より大切なこと【日めくり漱石/5月8日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その1)

     中牟田「ビジネスの世界に入ってゆくと、こういう付き合いは難しかったんじゃないかと思いますが……玉川…

  3. 徴兵検査を受ける弟子の話に夏目漱石は切なさで胸が詰まり…【日めくり漱石/5月7日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4. 帝大生の夏目漱石、学費の足しに早稲田大学の教壇に立つ。【日めくり漱石/5月6日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 100年経っても癒やされる、苦境に悩む教え子を救った夏目漱石のメッセージ【日めくり漱石/5月5日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6. 東大の教壇に立つも、いきなり生徒から総スカンを食らう夏目漱石、一体なぜ?【日めくり漱石/5月4日】

  7. 40歳の夏目漱石が東大教授への昇進話と引き替えに手に入れた人生の宝物とは【日めくり漱石/5月3日】

  8. おまえが恋しい!英国留学中の夏目漱石が妻に送った恋文【日めくり漱石/5月2日】

  9. 夏目漱石が政治家の豪邸を前に思わずつぶやいちゃったこと【日めくり漱石/5月1日】

  10. 病床に伏す夏目漱石が、胃の痛みよりつらいと感じたことは?【日めくり漱石/4月30日】

  11. チェット・ベイカー|ウエスト・コーストの光と影を体現したトランペッター【ジャズの巨人】第26巻より

  12. 一夜にして消滅した古代ローマ都市ポンペイ、その遺跡で発掘された貴重な壁画約80点を公開中

  13. 夏目漱石の傑作『吾輩は猫である』ボツになった幻の題名とは?【日めくり漱石/4月29日】

  14. 夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で荒川堤を散策する。【日めくり漱石/4月28日】

  15. 夏目漱石、入院中の門弟に退院の祝いと励ましの手紙を書く。【日めくり漱石/4月27日】

  16. ゴッホ、モネ、マティス、セザンヌ、ピカソ…西欧絵画の傑作52点が一挙来日!「デトロイト美術館展」

  17. 夏目漱石、アジアを軽侮する新聞の報道姿勢に反感を覚える。【日めくり漱石/4月26日】

  18. 夏目漱石、教え子から就職の相談を受け、八方手を尽くす。【日めくり漱石/4月25日】

  19. 夏目漱石、ロンドンの下宿で家政婦のおしゃべりに付き合わされる。【日めくり漱石/4月24日】

  20. 夏目漱石、30歳にしてなお進むべき道がみつからなかった。【日めくり漱石/4月23日】

  21. 夏目漱石、門弟に「原稿料が約束より少ない」と泣きつかれる。【日めくり漱石/4月22日】

  22. 夏目漱石、深夜に胸の苦しみを訴える妻に見せた夫の優しさ。【日めくり漱石/4月21日】

  23. 英国留学中の夏目漱石、下宿の高額な宿料にため息をつく。【日めくり漱石/4月20日】

  24. エジプトの至宝「黄金のマスク」ほか、カイロ博物館所蔵の名品100点を公開「黄金のファラオと大ピラミッド展」

  25. 夏目漱石、執筆が多忙を極めるなか家族と潮干狩りへ出かける。【日めくり漱石/4月19日】

  26. 夏目漱石、腕の痛みを診てもらうために東大病院に出かける。【日めくり漱石/4月18日】

  27. 夏目漱石、京都で病に倒れ夜行列車でどうにか自宅まで帰り着く。【日めくり漱石/4月17日】

  28. 夏目漱石、正岡子規に連れられて上野公園の料理店『韻松亭』に向かう【日めくり漱石/4月16日】

  29. 通常見られない個人所有の名画も多数! 樹木を描いたフランス風景画の名作展

  30. 夏目漱石、貧しくも才あふれる若き歌人・石川啄木に永遠の別れを告げる【日めくり漱石/4月15日】

PAGE TOP