新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    ルーツは古代インド彫刻!国宝・薬師寺東塔の尖端を舞う飛天の謎を解く

         

    奈良市西ノ京(にしのきょう)町にある薬師寺の国宝・東塔(とうとう)。その塔の上部を飾る水煙(すいえん、雷や火災から塔を守るという祈りを込めた装飾物)には24人の飛天が透かし彫りされ、芸術的完成度が非常に高い。その飛天…

  2.  

    首席指揮者に就任!若きマエストロ・バッティストーニが振る東京フィル10月定期演奏会

         

    歴史ある東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に、弱冠29歳のマエストロが就任した。アンド…

  3.  

    夏目漱石、正岡子規とふたりで道後温泉へ行く。【日めくり漱石/10月6日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治28年(1895)10月6日は日曜日だった。松山の中学…

  4.  

    タカシマヤウォッチメゾンの担当者に聞いた!国産時計の意外な売れ筋とは?

         

    職業や人生観、趣味などによっても、身につける腕時計は大きく異なるもの。人生の節目に購入することが多い…

  5.  

    夏目漱石、小説『三四郎』を書き終える。【日めくり漱石/10月5日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)10月5日、漱石は朝日新聞に連載中の…

  6.  

    アニタ・オデイ|声の欠点を個性的魅力に変えた実力派【ジャズ・ヴォーカル・コレクション12】

         

    文/後藤雅洋■変な声? ずれた音程?ジャズ発生の歴史的経緯や声の質感の問題か…

  7.  

    ジャズが生まれた街ニューオリンズの夜【アメリカ南部を旅する 第1回】

         

    どんな人にも“死ぬまでに一度は見たい風景”があるだろう。私にも、ずっと憧れ続けた風景があった…

  8.  

    なんと同い年だった!伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を祝う「若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」展

         

    箱根・小涌谷にある岡田美術館で、江戸時代の絵師・伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を祝う展覧会「若冲と…

  9.  

    夏目漱石、欧州行き汽船の中で英国女性からお茶に誘われる。【日めくり漱石/10月4日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)10月4日の午前中、33歳の漱石はヨ…

  10.  

    名建築家が秋田の地方都市に遺した庁舎建築の傑作「旧雄勝町役場」(秋田県湯沢市)

         

    秋田県湯沢市雄勝町にある「旧雄勝町役場」は、戦後日本を代表する建築家のひとり、白井晟一(19…

  11.  

    夏目漱石、朝日新聞主筆・池辺三山の告白に仰天する。【日めくり漱石/10月3日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)10月3日、漱石は病に伏した自宅の床…

  12.  

    八瀬比叡山口駅(叡山電鉄本線)鉄骨屋根のレトロな終着駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第5回】

         

    鴨川に近い叡山電鉄の始発駅、出町柳駅を出た1両のワンマン電車は宝ヶ池駅から鞍馬線と分かれて進…

  13.  

    千年の秘宝と珠玉の甲冑刀剣が一堂に会する!奈良『春日大社の国宝』展

         

    1300年以上の歴史がある奈良の古社・春日大社では、同社所蔵の国宝を含む貴重な文化財の数々を一堂に展…

  14.  

    夏目漱石、寺田寅彦から俳句の本質について質問される。【日めくり漱石/10月2日】

         

    今から118 年前の今日、すなわち明治31年(1898)10月2日、漱石は熊本・内坪井町の自…

  15.  

    夏目漱石、出版社の社長に門下生の出版企画を売り込む。【日めくり漱石/10月1日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)10月1日、39歳の漱石は自宅でひと…

  16.  

    大迫力!総高5メートルを超す平安の秘仏が初の出開帳「特別展 平安の秘仏」展

         

    古来、仏教が盛んであった滋賀は、京都、奈良、大阪に次いで、国宝や重要文化財の指定文化財を多く有する県…

  17.  

    夏目漱石、寺田寅彦を誘ってショパンを聴きに音楽会へ出かける。【日めくり漱石/9月30日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)9月30日、漱石は門下生の岡田耕三(の…

  18.  

    夏目漱石、終の棲家となる「漱石山房」へと引っ越す。【日めくり漱石/9月29日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)9月29日、40歳の漱石は、一家をあ…

  19.  

    もはや再現不可能!明治期の有田焼の超絶技巧に驚く「明治有田 超絶の美」展

         

    かつて明治期に世界各国に輸出され、日本の工芸美術の粋をつたえる品として各地の博覧会等で名声を博した「…

  20.  

    痔を手術した夏目漱石、退院許可が出るも入院延長を頼み込む。【日めくり漱石/9月28日】

         

    「もう今晩帰宅してもいいですよ」医者はそう言うのだが、言われた病人の方がまだ心もとな…

  21.  

    大正期の若き洋画家たちを支えた男!北山清太郎の情熱の軌跡「ペール北山の夢」展

         

    わが国初のアニメーション作家のひとりでもある「ペール北山」こと北山清太郎(1888-1945)という…

  22.  

    夏目漱石、訪ねてきた寺田寅彦を愛猫の墓に案内する。【日めくり漱石/9月27日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治41年(1908)9月27日、41歳の漱石は東京・早稲…

  23.  

    美作滝尾駅(JR因美線)|時が止まったかのような木造駅舎の原風景【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第4回】

         

    中国山地の真ん中に開ける津山盆地。吉井川がつくり出した平原には出雲街道が通り、穏やかな丘陵に…

  24.  

    夏目漱石、正岡子規をともなって坪内逍遥の家を訪ねる。【日めくり漱石/9月26日】

         

    今から124 年前の今日、すなわち明治25年(1892)9月26日、25歳の漱石は、友人の正…

  25.  

    異色の絵本作家による心温まる動物画!「あべ弘士の動物王国」展

         

    かつて旭山動物園で飼育員を務めた経験を持つ異色の動物画家、あべ弘士(1948-)の画業を辿る…

  26.  

    死の床から生還した夏目漱石、吐血時の状況を知って愕然とする。【日めくり漱石/9月25日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)9月25日の朝、伊豆・修善寺の菊屋旅…

  27.  

    明治期の職人技の凄み!高度な工芸技術に唖然となる「驚きの明治工藝」展

         

    東京・上野公園にある東京藝術大学大学美術館で、驚くべき技術で作られた明治時代の工芸品の展覧会…

  28.  

    夏目漱石、うら若き禅僧のことについて妻・鏡子に相談する。【日めくり漱石/9月24日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)9月24日、49歳の漱石は妻の…

  29.  

    当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

         

    この『サライ.jp』でも「ひと皿の歳時記」連載でおなじみの山本益博さんプロデュースによる落語…

  30.  

    若き夏目漱石、正岡子規と散歩しながら句作を楽しむ。【日めくり漱石/9月23日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)9月23日、28歳の漱石は、松山の上…

PAGE TOP