新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

山梨県市川大門(市川三郷町)にある『大直』というメーカーがつくったのは、軽量な和紙を使った財布だ。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

写真・文/矢崎海里新じゃがや新玉葱、春キャベツ・・・。春は旬の野菜がたくさんあって、…

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美母の運転が荒くなった。子供の頃、父をはじめ、親戚の方々など色々な大人たち…

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

取材・文/池田充枝昨今の猫人気は、なにも今はじまったことではなく、江戸時代にも「猫ブーム」は…

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

端午の節句も間近、青空に鯉のぼりが泳ぐ季節になった。しかし、住宅事情もあり、どの家庭でも鯉の…

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ずしりと手応えのある音楽である。現代を代表するドイツのヴ…

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    危篤状態の夏目漱石、病床に横たわり生死の境をさまよう。【日めくり漱石/8月25日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月25日、漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館の部屋で布団の上に横たわっていた。昨日、大量の吐血をして危篤状態に陥り、そのまま床についていたのである。傍らには、妻の鏡子が付き添っている。…

  2.  

    そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

         

    セイコーの技術者たちは、正確に時を刻む時計の追求に余念がありませんでした。昭和40年…

  3.  

    心の太鼓よ鳴りわたれ!情熱の洋画家「中川一政」の多彩な表現を集めた展覧会

         

    洋画家・中川一政(1893-1991)の展覧会が、神戸市東灘区の香雪美術館で開催されています…

  4.  

    修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

         

    今から106 年前の明治43年(1910)8月24日、43歳の漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館にいた…

  5.  

    ほとばしる強烈な個性!幕末明治を生きた鬼才絵師「河鍋暁斎」の展覧会

         

    幕末から明治という大きな時代の動きの中に生きた絵師、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい、1831…

  6.  

    夏目漱石、小説『心』の出版について岩波茂雄と相談する。【日めくり漱石/8月23日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月23日、47歳の漱石は門下の岩波茂雄を…

  7.  

    1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

         

    17日間にわたって熱戦が繰り広げられた、「リオデジャネイロオリンピック」が幕を閉じました。4…

  8.  

    夏目漱石、業者を呼んで自宅の「井戸換え」をしてもらう。【日めくり漱石/8月22日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月22日、漱石は東京・千駄木の自宅で井…

  9.  

    カーク船長がMr.スポックがエンタープライズ号が!「スタートレック」銀貨が転送装置つきで登場

         

    アメリカNBCテレビで放送されたテレビドラマ『スタートレック』といえば、サライ世代にはすっか…

  10.  

    『明暗』執筆中の夏目漱石、芥川龍之介に手紙を書く。【日めくり漱石/8月21日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)8月21日、漱石は午前中、東京…

  11.  

    鑑賞眼が一気にアップ!日本美術の技法が実物から学べる「はじめての古美術鑑賞」展

         

    昨今は「日本美術ブーム」と言っても過言ではない状況ですが、その世界に深く足を踏み入れたいと思ったとき…

  12.  

    病床の夏目漱石、傍らでは鏡子夫人が医師に厳しく詰め寄る。【日めくり漱石/8月20日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月20日、43歳の漱石は伊豆・修善…

  13.  

    三千家に代々伝わる名品が日本橋三越本店に集結「茶の湯の継承 千家十職の軌跡」展

         

    茶の湯の大成者である千利休の茶をいまに伝えている表千家、裏千家、武者小路千家の三千家。この三千家の家…

  14.  

    夏目漱石、診察を受けて即入院「絶対安静」を言い渡される。【日めくり漱石/8月19日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月19日、大阪の空は朝から晴れ渡り…

  15.  

    世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    東京都墨田区、白鬚橋の近くに、時計ファン垂涎の博物館「セイコーミュージアム」があります。和時…

  16.  

    修善寺へ急行せよ!夏目漱石、療養先の旅館で倒れる。【日めくり漱石/8月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月18日、43歳の漱石は転地療養先…

  17.  

    まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

         

    今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成し…

  18.  

    夏目漱石、ひとり上野発の夜行列車で那須へ向かう。【日めくり漱石/8月17日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月17日、45歳の漱石は、ひとり上野…

  19.  

    夏目漱石、妻を亡くした友人のため弔問に駆けつける。【日めくり漱石/8月16日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月16日、42歳の漱石は朝一番で小…

  20.  

    ぬか漬け芸人・大湯みほさんも登場!東京・新宿で「焼酎・泡盛試飲会」開催のお知らせ

         

    焼酎・泡盛試飲会事務局が主催する焼酎・泡盛の試飲会が、10月1日(土)に新宿で開催されます。…

  21.  

    【江戸クイズ01】江戸本石町「長崎屋」が担っていた幕府の重要な政策とは?(正解率わずか6%)

         

    学生時代は歴史の科目が苦手でも、大人になって改めて勉強したいと考えている人は少なくないでしょ…

  22.  

    夏目漱石、訪英してきた旧知の詩人をロンドンの停車場に出迎える。【日めくり漱石/8月15日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月15日、ロンドン留学中の34歳の…

  23.  

    夏目漱石、連載中の小説『それから』を書き終える。【日めくり漱石/8月14日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月14日、42歳の漱石は朝日新聞紙…

  24.  

    夏目漱石、友人・津田青楓に長男誕生のお祝いを送る。【日めくり漱石/8月13日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)8月13日、46歳の漱石は使いの者に頼…

  25.  

    集めたくなる「全国都道府県・ご当地フォルムカード」第8弾が郵便局で販売中

         

    郵便局で販売されている記念切手は、昔から収集物として人気が高く、新たな記念切手が発行されるた…

  26.  

    東京駅の間近で「大相撲」を体感!相撲イベント『はっきよいKITTE』が東京・丸の内で開催

         

    去る7月31日、昭和を代表する名横綱・元千代の富士の九重親方が膵臓(すいぞう…

  27.  

    夏目漱石、逗留中の宿にて妻との電話がトンチンカン。【日めくり漱石/8月12日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月12日、伊豆・修善寺の菊屋旅館に…

  28.  

    岩佐又兵衛の「旧金谷屏風」10図が福井で奇跡の再会!「岩佐又兵衛展」展

         

    謎に包まれた天才絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ/1578~1650)の展覧会が、39歳から60歳…

  29.  

    とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山本益博の「私のお気に入り」132】

         

    私はフェイスブックで「東京とんかつ会議」を毎月隔週でアップしています。3人の仲間と東京のとん…

  30.  

    夏目漱石、東海道線に乗って関西講演ツアーに出発する。【日めくり漱石/8月11日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月11日、44歳の漱石は午前8時3…

PAGE TOP