新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. フル・ハウス|ジャズとブルースは兄弟として育った【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第22巻より

    文/後藤雅洋ジャズはフィーリングの音楽といわれています。ジャズ・ファンに「どこがいいの?」と尋ねても「フィーリングだからねえ」などと返され、話が終わりになってしまう経験をされた方も多いのでは……。しかし、せっかくならジャズ・…

  2. 三越と琳派。その出会いの物語 〜「光琳遺品展覧会」で幕を開けた百貨店の文化事業

    今から約110年前、三越は百貨店としては日本で初めての美術展「光琳遺品展覧会」を開催した。この展覧会…

  3. ラウンド・ミッドナイト|個性のぶつかり合いから生まれるジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第21巻より

    文/後藤雅洋大物同士の顔合わせはどんな世界でも興味深いもの。「2大スター夢の競演」な…

  4. リメンバー|「B級」にこそジャズが匂い立つ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第20巻より

    文/後藤雅洋「ジャズ耳養成マガジン」もすでに20号目、読者のみなさんの〝ジャズ耳〟も…

  5. スイート・ジョージア・ブラウン|楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第19巻より 

    文/後藤雅洋1日の仕事を終え、何かジャズでも聴こうかなというとき、私たちは無意識のう…

  6. 岡田美術館所蔵琳派名品展|三越ならではの琳派が楽しめる展覧会

  7. ジャンゴ|エレクトリック・ギターの出現【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第18巻より

  8. ブルース・マーチ|名演の陰に名ドラマーあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第17巻より

  9. ファイヤー・ワルツ|ジャズの魅力は〝ライヴ〟にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第16巻より 

  10. 館長がそっと教える「ウフィツィ美術館展」の見どころ

  11. 処女航海|アドリブ手法を転換させた「モード・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第15巻より

  12. ザ・サイドワインダー|新しい波を起こした「ファンキー・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第14巻より 

  13. ストレート、ノー・チェイサー|ミュージカルや映画から名曲を借りたジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第13巻より

  14. 死刑台のエレベーター|ジャズの〝新しい波〟【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第12巻より

  15. クール・ストラッティン|モダン・ジャズの完成形【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第11巻より

  16. 木の葉の子守唄|映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第10巻より

  17. グルーヴィン・ハイ|ジャズを変えたビ・バップ革命【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第9巻

  18. シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

  19. 奇妙な果実|ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第7巻

  20. イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

  21. センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

  22. チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

  23. 朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

  24. マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

  25. ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

PAGE TOP