新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    人気の歌舞伎公演がシネマ化!『スーパー歌舞伎II ワンピース』の世界展

         

    国内のみならず世界的にも絶大な人気を誇るマンガ「ONE PIECE」の世界観と、四代目市川猿之助による「スーパー歌舞伎II」のダイナミズムを融合させた舞台『スーパー歌舞伎II ワンピース』。2015年10月に新橋演舞場でスタ…

  2.  

    大観・玉堂・龍子、日本画の三巨匠が共同制作した「循作」(じゅんさく)が一堂に集結!

         

    横山大観(1868-1958)、川合玉堂(1873-1957)、川端龍子(1885-1966)という…

  3.  

    増毛駅(留萌本線)まもなく廃線となる北の終着駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第6回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)秋のある朝、私は留萌本線の増毛駅を訪ねた。時間は…

  4.  

    病後の夏目漱石、修善寺からの帰京が決まり土産物を準備する。【日めくり漱石/10月9日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)10月9日の伊豆・修善寺は、しっとり…

  5.  

    「お父さん=盆栽好き」の謎を探る!明治の盆栽事情―昭和のお父さんの背景展

         

    「ニッポンのお父さんは盆栽好き」というよくあるイメージは、いったいどこから来たのでしょう? そんな素…

  6.  

    夏目漱石、趣味の謡を本格的に学ぼうと決意する。【日めくり漱石/10月8日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)10月8日、漱石は高浜虚子宛てに手紙…

  7.  

    「山城サミット」が大分県竹田市で開催! 『サライ』城特集でもお馴染み千田先生の記念講演もあります

         

    昨今の戦国武将ブームで、武将たちが築いた“城”も脚光を浴びています。私は取材で各地の城跡を訪れていま…

  8.  

    夏目漱石、新聞記者から驚くべきニュースを聞き心乱れる。【日めくり漱石/10月7日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)10月7日、漱石は『時事新報』の記者の…

  9.  

    ロシア・オペラの聖地巡礼!プーシキンの家とマリインスキー劇場をサンクトペテルブルクに訪ねる

         

    文/林田直樹(音楽ジャーナリスト)この夏、サンクトペテルブルクにマリインスキー・オペ…

  10.  

    世界最先端のアートサーカスがやってくる!CirkVOST(シルク・ヴォスト)日本公演「エピシクル」

         

    CirkVOST(シルク・ヴォスト)をご存知だろうか? 1993年にフランスで誕生した空中ブ…

  11.  

    ルーツは古代インド彫刻!国宝・薬師寺東塔の尖端を舞う飛天の謎を解く

         

    奈良市西ノ京(にしのきょう)町にある薬師寺の国宝・東塔(とうとう)。その塔の上部を飾る水煙(…

  12.  

    首席指揮者に就任!若きマエストロ・バッティストーニが振る東京フィル10月定期演奏会

         

    歴史ある東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に、弱冠29歳のマエストロが就任した。アンド…

  13.  

    夏目漱石、正岡子規とふたりで道後温泉へ行く。【日めくり漱石/10月6日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治28年(1895)10月6日は日曜日だった。松山の中学…

  14.  

    タカシマヤウォッチメゾンの担当者に聞いた!国産時計の意外な売れ筋とは?

         

    職業や人生観、趣味などによっても、身につける腕時計は大きく異なるもの。人生の節目に購入することが多い…

  15.  

    夏目漱石、小説『三四郎』を書き終える。【日めくり漱石/10月5日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)10月5日、漱石は朝日新聞に連載中の…

  16.  

    アニタ・オデイ|声の欠点を個性的魅力に変えた実力派【ジャズ・ヴォーカル・コレクション12】

         

    文/後藤雅洋■変な声? ずれた音程?ジャズ発生の歴史的経緯や声の質感の問題か…

  17.  

    ジャズが生まれた街ニューオリンズの夜【アメリカ南部を旅する 第1回】

         

    どんな人にも“死ぬまでに一度は見たい風景”があるだろう。私にも、ずっと憧れ続けた風景があった…

  18.  

    なんと同い年だった!伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を祝う「若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」展

         

    箱根・小涌谷にある岡田美術館で、江戸時代の絵師・伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を祝う展覧会「若冲と…

  19.  

    夏目漱石、欧州行き汽船の中で英国女性からお茶に誘われる。【日めくり漱石/10月4日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)10月4日の午前中、33歳の漱石はヨ…

  20.  

    名建築家が秋田の地方都市に遺した庁舎建築の傑作「旧雄勝町役場」(秋田県湯沢市)

         

    秋田県湯沢市雄勝町にある「旧雄勝町役場」は、戦後日本を代表する建築家のひとり、白井晟一(19…

  21.  

    夏目漱石、朝日新聞主筆・池辺三山の告白に仰天する。【日めくり漱石/10月3日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)10月3日、漱石は病に伏した自宅の床…

  22.  

    八瀬比叡山口駅(叡山電鉄本線)鉄骨屋根のレトロな終着駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第5回】

         

    鴨川に近い叡山電鉄の始発駅、出町柳駅を出た1両のワンマン電車は宝ヶ池駅から鞍馬線と分かれて進…

  23.  

    千年の秘宝と珠玉の甲冑刀剣が一堂に会する!奈良『春日大社の国宝』展

         

    1300年以上の歴史がある奈良の古社・春日大社では、同社所蔵の国宝を含む貴重な文化財の数々を一堂に展…

  24.  

    夏目漱石、寺田寅彦から俳句の本質について質問される。【日めくり漱石/10月2日】

         

    今から118 年前の今日、すなわち明治31年(1898)10月2日、漱石は熊本・内坪井町の自…

  25.  

    夏目漱石、出版社の社長に門下生の出版企画を売り込む。【日めくり漱石/10月1日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)10月1日、39歳の漱石は自宅でひと…

  26.  

    大迫力!総高5メートルを超す平安の秘仏が初の出開帳「特別展 平安の秘仏」展

         

    古来、仏教が盛んであった滋賀は、京都、奈良、大阪に次いで、国宝や重要文化財の指定文化財を多く有する県…

  27.  

    夏目漱石、寺田寅彦を誘ってショパンを聴きに音楽会へ出かける。【日めくり漱石/9月30日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)9月30日、漱石は門下生の岡田耕三(の…

  28.  

    夏目漱石、終の棲家となる「漱石山房」へと引っ越す。【日めくり漱石/9月29日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)9月29日、40歳の漱石は、一家をあ…

  29.  

    もはや再現不可能!明治期の有田焼の超絶技巧に驚く「明治有田 超絶の美」展

         

    かつて明治期に世界各国に輸出され、日本の工芸美術の粋をつたえる品として各地の博覧会等で名声を博した「…

  30.  

    痔を手術した夏目漱石、退院許可が出るも入院延長を頼み込む。【日めくり漱石/9月28日】

         

    「もう今晩帰宅してもいいですよ」医者はそう言うのだが、言われた病人の方がまだ心もとな…

PAGE TOP