新着記事

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

文/砂原浩太朗(小説家)蜀の武将・趙雲(ちょううん。?~229)は、三国志のなかでも…

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

日頃使うメガネの上からかぶせることで度数をそのままに、高機能な偏光レンズを搭載したサングラス…

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

STAY HOMEで運動不足、閉塞感から自律神経も乱れがち…となると、便秘が悩みという人も増えてきま…

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆後半生の目標は、カラー魚拓で日本の魚食文化を世界に広めること…

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

文/印南敦史多くの方は、「脂質は減らすべき」だという考えているのではないだろうか。だからこそ…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    3人の芸術家の極上マリアージュ!「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線―」展

         

    素朴派と形容されるアンリ・ルソー、“乳白色の肌”で有名なレオナール・フジタ(藤田嗣春)、写真家のウジェーヌ・アジェ。この3人を取り合わせた珍しい展覧会が、箱根のポーラ美術館で開催されています。キーワードは“都市の郊外”。かつ…

  2.  

    「夜は次第に明けて行った」(芥川龍之介)【漱石と明治人のことば8】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3.  

    酒造りは中世の女の大切な仕事だった!酒作(さけづくり)の女たち【狂言のなかの職人・商人 4】

         

    狂言には、賑わう中世の市でたくましく商売をする女性も登場する。『河原太郎』の妻は、河原の新市…

  4.  

    「余は今、食事のことのみを考えて生きている」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば7】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5.  

    日本を代表する工芸技術「漆芸」を担った塗師(ぬし)たち【狂言のなかの職人・商人 3】

         

    『塗師平六(ぬしへいろく)※』は、漆(うるし)塗り職人の師弟を描く狂言だ。仕事にあぶれた都の…

  6.  

    サティを聴くならこの8枚!いま改めて聴きたい異端の作曲家エリック・サティの魅力【林田直樹の音楽案内】

         

    文/林田直樹(音楽ジャーナリスト・評論家)1970年代以降、クラシック音楽界のみなら…

  7.  

    「自由とワガママとの境とは…」(福沢諭吉)【漱石と明治人のことば6】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  8.  

    鮮やかな庖丁捌きこそエンタメ!室町時代の料理人たち【狂言のなかの職人・商人 2】

         

    料理人がシテとなる『宗八(そうはち※1)』という狂言がある。狂言師が鮮やかに魚をおろす演技が…

  9.  

    いま聴きどきの女性ジャズ歌手!ステイシー・ケントのバレンタイン公演【@ブルーノート東京】

         

    「ニューヨークのため息」と呼ばれたヘレンメリルのハスキーな歌声。バラードが胸に染み入るカーメ…

  10.  

    日本の「キュビスム」の名作が大集合!日本におけるキュビスム−ピカソ・インパクト展

         

    パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックらが実践した、物の形を三角形や丸など幾何学的な図形に置き換えて描…

  11.  

    「ただおもしろくけふもくらしつ」(徳川慶喜)【漱石と明治人のことば5】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  12.  

    中世日本の移動式カフェ!? 煎物売(せんじものうり)とは【狂言のなかの職人・商人 1】

         

    歌舞伎で江戸の庶民の生活を写実的に描いた狂言を「生世話物(きぜわもの)」という。ならば、狂言…

  13.  

    近代日本の陶磁器の変遷を一気に辿る!「セラミックス・ジャパン 陶磁器でたどる日本のモダン」展

         

    明治維新から第二次世界大戦まで70年におよぶ日本の陶磁器のデザインを、時代順に紹介する「セラミックス…

  14.  

    「君、年始をやめて雑煮を食いにこぬか」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば4】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  15.  

    「普通の人間が、いざという間際に急に悪人に変わるから恐ろしい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば3】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  16.  

    「人間には上等中等下等がある」(森鴎外)【漱石と明治人のことば2】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  17.  

    「すべての人間は、恥をかくために生まれてきた」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば1】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  18.  

    【漢字クイズ】あなたはいくつ読めますか?冬にまつわる寒~い難読漢字

         

    いよいよ年の瀬も押し迫り、寒さも本番となってきました。今回は、そんな冬にまつわる寒~い難読漢…

  19.  

    夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10

         

    文/編集部夏目漱石没後100年を記念して、2016年1月1日からまる1年にわたって『…

  20.  

    死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/12月31日】

         

    夜はしんしんと更けて時計の針が時を刻んでいく。やがて日付が変わって、大正5年(1916)12…

  21.  

    入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/12月30日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)12月30日、漱石は東京・内幸町の長…

  22.  

    時代を感じさせない普遍的なデザインの秘密に迫る!マリメッコ展

         

    フィンランドのデザインハウス・マリメッコに関する展覧会が、東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージ…

  23.  

    夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日めくり漱石/12月29日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月29日、39歳の漱石は、朝から…

  24.  

    凄まじき画力と迫力!鬼才浮世絵師・月岡芳年の代表作を堪能できる大回顧展

         

    鬼と呼ばれた浮世絵師・月岡芳年の迫力満点の展覧会が、島根県益田市の島根県立石見美術館で開催さ…

  25.  

    松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石/12月28日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月28日、28歳の漱石は東京・虎…

  26.  

    昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち【ジャズ・ヴォーカル・コレクション18 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋■日本的ジャズという個性第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.…

  27.  

    遺物から感じる古代オリンピックの息吹!「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」展

         

    2020年東京五輪に向けて、オリンピック発祥の地、ギリシャが誇る古代美術の展覧会が、神戸市立博物館で…

  28.  

    夏目漱石、怪しげな訪問者からの面会依頼をきっぱり断る。【日めくり漱石/12月27日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月27日、42歳の漱石は妙な抗議…

  29.  

    日本各地の食の魅力を再発見!LEXUS × SUGALABOが贈る季節限定のひと皿

         

    「日本の各地をクルマで旅し、日本の魅力をもっと知ってもらいたい」との想いから、地域に眠る魅力…

  30.  

    ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)12月26日、33歳の漱石は英国ロン…

PAGE TOP