新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

野外から日用まで使える、モンベル製の折りたたみ傘をご紹介。遮熱性能が高く、紫外線カット率99…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    吉右衛門版「鬼平ロス」の諸兄に朗報!アニメ版「鬼平」がすこぶる面白い件【時代劇、勝手に応援し隊 第三夜】

         

    文/堀口茉純(お江戸ル/歴史作家)私は池波正太郎作品のファンだ。特に好きなのは『鬼平犯科帳』。この作品は歴史小説ではなく時代小説であることがミソ。前者が史実にほぼ忠実であることを大前提とするのに対し、後者は歴史上に実在する人…

  2.  

    民藝運動の父・柳宗悦が見出した「美しいものたち」の饗宴!「柳宗悦と民藝運動の作家たち」展

         

    取材・文/藤田麻希思想家の柳宗悦(やなぎ・むねよし、1889-1961)は、民衆的工芸品(民…

  3.  

    「プライドの立脚点は、死ぬほど苦しんだ事があると言い切れること」(太宰治)【漱石と明治人のことば30】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4.  

    ヒントはその名前にあり!? 謎多き「おんな城主」井伊直虎の生まれた年を推理する

         

    文/内田和浩放映中のNHK大河ドラマの主人公・井伊直虎(いい・なおとら)は、戦国時代…

  5.  

    【江戸クイズ】落語の舞台「裏長屋」の1年分の家賃はいくら?(ほか全4問)

         

    江戸っ子の気風の良さを表す言葉として、「江戸っ子は宵越しの金は持たない」とよくいわれますよね…

  6.  

    舞台を盛り上げるド派手で奇抜な化粧の数々!「化粧 KEWAI 舞台の顔」展

         

    歌舞伎や京劇のデフォルメメイクの成り立ちを紹介する展覧会が、大阪・池田市の逸翁美術館で開催さ…

  7.  

    「木瓜(ぼけ)咲くや漱石拙(せつ)を守るべく」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば29】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  8.  

    奈良の歴史・文化を深く学べる!知的好奇心を刺激する文化講座「大和文化会」〈新規会員募集中〉

         

    国のまほろば、たたなづく青垣――。サライ世代にとって「奈良」は歴史ロマンあふれる特別な場所だ…

  9.  

    「私にそう思えなければ、到底受売りをすべきではないのです」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば28】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  10.  

    江戸初期の襖絵の宝庫!京の古刹「知恩院」で今だけ見られる狩野派の傑作【京の冬の旅 特別公開その4】

         

    取材・文/田中昭三いま京都では第51回「京の冬の旅」キャンペーンが実施されている。今回のテー…

  11.  

    「書物で知識を学び取ろうとした者には、かえって知らずにいることがある」(柳田国男)【漱石と明治人のことば27】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  12.  

    江戸時代の雰囲気そのもの!京都・島原の「角屋」で揚屋(あげや)建築を見る【京の冬の旅 特別公開その3】

         

    取材・文/田中昭三いま京都では第51回「京の冬の旅」キャンペーンが実施されている。今回のテー…

  13. カメラを構えると、子供たちがもの珍しそうに集まってきた。30号棟の近くで撮影。  

    貴重な記録に!作業員として働きながらカメラに収めた「軍艦島」在りし日の光景【追憶の写真紀行】

         

    談/高橋昌嗣(写真家)僕が軍艦島を訪れたのは、閉山の2年前、昭和47年(1972)の…

  14.  

    「年を取って負けなくなったのは、弱くなって大事を取るからだ」(太刀山峰右衛門)【漱石と明治人のことば26】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  15.  

    まるで東京駅!明治建築界の巨匠・辰野金吾の傑作をじっくり見学できる「岩手銀行赤レンガ館」

         

    文・写真/山内貴範筆者はこれまで、現存する辰野金吾の作品はほとんど見学している。そのなかでも、岩…

  16.  

    見ごたえ十分!長崎・軍艦島の象徴「30号棟」の精巧な模型が「軍艦島デジタルミュージアム」に登場

         

    平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一…

  17.  

    「人間は、自分の力も自分で試してみないうちは分らぬものに候」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば25】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  18.  

    映画のジャズ・ヴォーカル|映画音楽はジャズ名曲の宝庫【ジャズ・ヴォーカル・コレクション20】

         

    文/後藤雅洋■映画とジャズ歌の関係映画とジャズの関わりというと、多くの方々は…

  19.  

    これが「藤沢家の口ぐせ」6箇条!娘が語る作家・藤沢周平の意外な口ぐせとは

         

    文/矢島裕紀彦現在発売中の『サライ』本誌2月号の「藤沢周平」特集では、藤沢周平の娘で…

  20.  

    「いかなる芸術も、その最後を決定するのは芸術家の人格である」(あらえびす)【漱石と明治人のことば24】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  21.  

    待望の日本人ソプラノが主演!名作オペラ『蝶々夫人』が新国立劇場で公演されます

         

    美術館の話題の催しに足を運ぶと、“名作”と称される作品の前には多くの人が集まっている。初めて見る人は…

  22.  

    御朱印集めの次はこれ!? 旅行の記念に集めたい郵便局の「風景印」とは

         

    取材・文/山内貴範切手の再使用を防ぐため、郵便局で押される消印。ひと口に消印といっても様々な…

  23.  

    「僕は死ぬまで進歩するつもりでいる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば23】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  24.  

    足利駅(JR両毛線)幾何学デザインが秀逸な昭和モダン駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第16回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)栃木県と群馬県を結ぶJR両毛線の沿線は、大正から…

  25.  

    切手は未使用より「使用済み」が面白い!蒐集家に珍重される「エンタイア」とは何か

         

    取材・文/山内貴範切手蒐集のジャンルの一つに、「消印集め」がある。消印とは、切手の再使用を防…

  26.  

    書き味満点! 万年筆のために5年をかけて開発されたノート「MONOKAKI」

         

    “万年筆好き”の手元でよく見かけるノート。それが、「文学賞を取れる原稿用紙」で著名な満寿屋の…

  27.  

    「まことに人生、一瞬の夢、ゴム風船の、美しさかな」(中原中也)【漱石と明治人のことば22】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  28.  

    歴史ファンの密かな楽しみ!「古地図を片手に街歩き」を楽しむ4つのステップ

         

    今、古地図片手の街歩きがブームになっています。古地図をたよりに古の町割りや痕跡を楽しむことは…

  29.  

    気の遠くなるような執念の作業!「龍切手のシート復元」達成した切手蒐集家の情熱

         

    出版輸送株式会社会長の手嶋康さん(79歳)は、日本屈指の切手蒐集家だ。1万点をゆうに超えるコレクショ…

  30.  

    万年筆に親しむ極意~意外と知らない多彩なインク選びのコツ

         

    いま、万年筆の色インクに熱中する人たちがいます。多くの色インク瓶を集め、手帳や手紙にと何色も…

PAGE TOP