新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる…

本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝…

一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR]

「人生100年時代」と言われている今、「長生きするなら仕事もしないと」「一度しかない人生、好きなこと…

「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ

招き猫、タイトルに猫がつくゲームから、猫脚の家具まで幅広いアイテムが登場本物そっくり、ハンド…

高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. ロンドンの夏目漱石、帰国する学友・池田菊苗をテムズ河畔に見送る。【日めくり漱石/8月30日】

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月30日、ロンドン留学中の34歳の漱石は、日本へ帰国する池田菊苗をテムズ河畔のアルバート埠頭に見送っていた。池田菊苗は、漱石より3歳年上の物理化学者。帰国後、熱力学や触媒…

  2. 六大絵師の粒ぞろいの浮世絵が一堂に!山種コレクション名品選「六大絵師の競演―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―」

    東京・広尾にある山種美術館では、開館50周年を記念して、同館コレクションのなかから秘蔵の浮世…

  3. 【江戸クイズ03】江戸・天下祭りの山車が今も巡行している都市は?(正解率8%)

    夏、お祭りを見かけると気分が上がりますよね。とくに、子ども達の元気なかけ声が聞こえてくると、…

  4. 転勤決まった夏目漱石、同僚と阿蘇へ送別旅行に出かける。【日めくり漱石/8月29日】

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)8月29日、熊本第五高等学校の英語教師で…

  5. アラスカを愛した写真家・星野道夫の魂の軌跡をたどる!没後20年「星野道夫の旅」展

    アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、壮大な自然の世界を描写した、たぐいまれな写真家、星野…

  6. 夏目漱石、挿画家として教え子から弟を推薦される(後の橋口五葉である)【日めくり漱石/8月28日】

  7. 両陛下のお庭を彩る四季の草花をスケッチ!安野光雅「御所の花」展

  8. 夏目漱石、門弟たちに押し切られ寄席に出かけたものの…。【日めくり漱石/8月27日】

  9. 能を楽しむワークショップ「能の来た道、日本のゆく道」巻三【ご招待あり】

  10. ナット・キング・コール|楽曲表現と個性発揮の見事な両立【ジャズ・ヴォーカル・コレクション09】

  11. 晩成の人・与謝蕪村の俳画の極致!「奥の細道図巻」が京博で特集陳列中

  12. これが今生の別れか…渡英する夏目漱石、正岡子規を庵に訪ねる。【日めくり漱石/8月26日】

  13. 夏らしい写真を撮る秘訣は「影」にあり!ニコンカレッジ講師が教える撮影のコツ

  14. 【江戸クイズ02】江戸参府の際のオランダ商館長一行の定宿はどこ?(正解率わずか7%)

  15. 危篤状態の夏目漱石、病床に横たわり生死の境をさまよう。【日めくり漱石/8月25日】

  16. そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

  17. 心の太鼓よ鳴りわたれ!情熱の洋画家「中川一政」の多彩な表現を集めた展覧会

  18. 修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

  19. ほとばしる強烈な個性!幕末明治を生きた鬼才絵師「河鍋暁斎」の展覧会

  20. 夏目漱石、小説『心』の出版について岩波茂雄と相談する。【日めくり漱石/8月23日】

  21. 1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

  22. 夏目漱石、業者を呼んで自宅の「井戸換え」をしてもらう。【日めくり漱石/8月22日】

  23. カーク船長がMr.スポックがエンタープライズ号が!「スタートレック」銀貨が転送装置つきで登場

  24. 『明暗』執筆中の夏目漱石、芥川龍之介に手紙を書く。【日めくり漱石/8月21日】

  25. 鑑賞眼が一気にアップ!日本美術の技法が実物から学べる「はじめての古美術鑑賞」展

  26. 病床の夏目漱石、傍らでは鏡子夫人が医師に厳しく詰め寄る。【日めくり漱石/8月20日】

  27. 三千家に代々伝わる名品が日本橋三越本店に集結「茶の湯の継承 千家十職の軌跡」展

  28. 夏目漱石、診察を受けて即入院「絶対安静」を言い渡される。【日めくり漱石/8月19日】

  29. 世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

  30. 修善寺へ急行せよ!夏目漱石、療養先の旅館で倒れる。【日めくり漱石/8月18日】

PAGE TOP