新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

文/池上信次

第8回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

これまで、本稿ではジャズを楽しむためにぜひ知っておきたい「スタンダード曲」の成り立ちを、「なぜジャズマンはみな同じ曲を演奏するのか」という視点で説明してきました。これは、スタンダード曲という「同じ土俵」で個性を表現するというジャズの大きな特徴のひとつを表わしているのですが、もちろんすべてのジャズマンというわけではなく、なかには「違う曲」=「自分だけの曲」で勝負するジャズマンもいます。

これはポップスの「持ち歌」的なものと考えていただければいいのですが、「持ち歌」は(作詞作曲家と演奏者は必ずしも同じではありませんが)、曲と演奏者のイメージが不可分です。ジャズでもこれと同様に、特定ジャズマンのイメージと曲がセット(ジャズの場合は多くが自作自演)で認識されている曲がたくさんあります。

「持ち歌」を演奏するにあたっての、ポップスとジャズの大きな違いは、ジャズではそこにアドリブ演奏も入ってくることです。ジャズでは曲のメロディを演奏しないでアドリブだけを演奏するものがあると以前の回で紹介していますが、逆にポップスのように曲のメロディだけを演奏して完結ということはほとんどありません。基本的にジャズマンは作曲家ではなく演奏家であるというスタンスなのですね。

これは、楽曲の魅力より演奏が優先されるともとれますが、ジャズマンの「自作自演」は「同じ曲」の勝負どころに、さらに作曲での個性表現が加わることになるのですから、より個性を発揮できる=優れたジャズ演奏となる可能性があるわけです。いわば「見せ場」「聴かせどころ」が増えるのですね。しかしながら、ジャズでは一般に演奏の大部分はアドリブのパートで構成されますから、よほど印象に残る「名曲」でなければ、またそれはアドリブ・パートと密接に連係していなければ、聴かせどころは「同じ曲」となんら変わらないものになってしまうのです。

ジャズに名演はあるが、名曲はない

「ジャズに名演はあるが、名曲はない」という、ジャズ・ファンにはよく知られた格言があります。これは、日本のジャズ評論の草分けである野川香文の著書『ジャズ楽曲の解説』(1951年)の中の一節(の大意)です。誤解されがちですが、これはアドリブこそがジャズの最大の魅力であるということを強調して表わしている部分であって、けっして楽曲の魅力を否定したものではありません。ジャズでも名曲は存在します。名曲であれば、ジャズはもっと面白くなるのです。言い換えれば、名曲でなければ「自作曲を演奏すること」が必ずしもよいジャズ演奏に結びつくとは限らず、優れた作曲家で、かつ優れた演奏者だけが、それをプラスにできるということなのです。

その代表格のひとりが、現在全国公開中の映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』(※)も話題のビル・エヴァンス(ピアノ/1929〜80)です。エヴァンスは、ジャズ・ピアノの新しいサウンドや画期的なピアノ・トリオ・スタイルを作り出し、「エヴァンスがジャズに与えた影響はこの先100年続く」(同映画より)といわれるほどのジャズの巨人です。しかしその音楽には難解なところはなく、ジャズを初めて聴く人であっても、すぐにその魅力を感じることができるでしょう。その理由のひとつが、「エヴァンス名曲」にあるといえます。エヴァンスは多くのスタンダード曲を演奏する一方、デビュー時からオリジナル曲も録音し、生涯に60曲以上を残したと映画の中でも語られています。中でも「ワルツ・フォー・デビイ」は、名曲中の名曲として、現在も多くのジャズ・ファンに愛聴されています。

曲名の「デビイ」は、作曲当時2歳のエヴァンスの姪の名前。そのかわいらしい姿が想像できるような軽やかなメロディはとても魅力的ですが、じつはこの曲は、さまざまなジャズ的な仕掛けが施された難曲でもあるのです。まさに、聴きやすくてしかも奥深いというエヴァンスのスタイルを象徴する曲といえるものです。エヴァンスは生涯にわたってこの曲を何度も演奏、録音しました。また「名曲」ゆえに、現在ではスタンダード曲としても認知されています。次回はこの「ワルツ・フォー・デビイ」の名演を紹介します。

※映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
多くの関係者のインタヴューで構成された、ビル・エヴァンスの生涯を追ったドキュメンタリー。
監督:ブルース・スピーゲル/2015年アメリカ映画/公開中
http://evans.movie.onlyhearts.co.jp/

ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)
エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1961年6月25日

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  6. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  7. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  8. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  9. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  10. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  11. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  12. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  13. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  14. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  15. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

  16. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP