新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

文/池上信次

第8回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

これまで、本稿ではジャズを楽しむためにぜひ知っておきたい「スタンダード曲」の成り立ちを、「なぜジャズマンはみな同じ曲を演奏するのか」という視点で説明してきました。これは、スタンダード曲という「同じ土俵」で個性を表現するというジャズの大きな特徴のひとつを表わしているのですが、もちろんすべてのジャズマンというわけではなく、なかには「違う曲」=「自分だけの曲」で勝負するジャズマンもいます。

これはポップスの「持ち歌」的なものと考えていただければいいのですが、「持ち歌」は(作詞作曲家と演奏者は必ずしも同じではありませんが)、曲と演奏者のイメージが不可分です。ジャズでもこれと同様に、特定ジャズマンのイメージと曲がセット(ジャズの場合は多くが自作自演)で認識されている曲がたくさんあります。

「持ち歌」を演奏するにあたっての、ポップスとジャズの大きな違いは、ジャズではそこにアドリブ演奏も入ってくることです。ジャズでは曲のメロディを演奏しないでアドリブだけを演奏するものがあると以前の回で紹介していますが、逆にポップスのように曲のメロディだけを演奏して完結ということはほとんどありません。基本的にジャズマンは作曲家ではなく演奏家であるというスタンスなのですね。

これは、楽曲の魅力より演奏が優先されるともとれますが、ジャズマンの「自作自演」は「同じ曲」の勝負どころに、さらに作曲での個性表現が加わることになるのですから、より個性を発揮できる=優れたジャズ演奏となる可能性があるわけです。いわば「見せ場」「聴かせどころ」が増えるのですね。しかしながら、ジャズでは一般に演奏の大部分はアドリブのパートで構成されますから、よほど印象に残る「名曲」でなければ、またそれはアドリブ・パートと密接に連係していなければ、聴かせどころは「同じ曲」となんら変わらないものになってしまうのです。

ジャズに名演はあるが、名曲はない

「ジャズに名演はあるが、名曲はない」という、ジャズ・ファンにはよく知られた格言があります。これは、日本のジャズ評論の草分けである野川香文の著書『ジャズ楽曲の解説』(1951年)の中の一節(の大意)です。誤解されがちですが、これはアドリブこそがジャズの最大の魅力であるということを強調して表わしている部分であって、けっして楽曲の魅力を否定したものではありません。ジャズでも名曲は存在します。名曲であれば、ジャズはもっと面白くなるのです。言い換えれば、名曲でなければ「自作曲を演奏すること」が必ずしもよいジャズ演奏に結びつくとは限らず、優れた作曲家で、かつ優れた演奏者だけが、それをプラスにできるということなのです。

その代表格のひとりが、現在全国公開中の映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』(※)も話題のビル・エヴァンス(ピアノ/1929〜80)です。エヴァンスは、ジャズ・ピアノの新しいサウンドや画期的なピアノ・トリオ・スタイルを作り出し、「エヴァンスがジャズに与えた影響はこの先100年続く」(同映画より)といわれるほどのジャズの巨人です。しかしその音楽には難解なところはなく、ジャズを初めて聴く人であっても、すぐにその魅力を感じることができるでしょう。その理由のひとつが、「エヴァンス名曲」にあるといえます。エヴァンスは多くのスタンダード曲を演奏する一方、デビュー時からオリジナル曲も録音し、生涯に60曲以上を残したと映画の中でも語られています。中でも「ワルツ・フォー・デビイ」は、名曲中の名曲として、現在も多くのジャズ・ファンに愛聴されています。

曲名の「デビイ」は、作曲当時2歳のエヴァンスの姪の名前。そのかわいらしい姿が想像できるような軽やかなメロディはとても魅力的ですが、じつはこの曲は、さまざまなジャズ的な仕掛けが施された難曲でもあるのです。まさに、聴きやすくてしかも奥深いというエヴァンスのスタイルを象徴する曲といえるものです。エヴァンスは生涯にわたってこの曲を何度も演奏、録音しました。また「名曲」ゆえに、現在ではスタンダード曲としても認知されています。次回はこの「ワルツ・フォー・デビイ」の名演を紹介します。

※映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
多くの関係者のインタヴューで構成された、ビル・エヴァンスの生涯を追ったドキュメンタリー。
監督:ブルース・スピーゲル/2015年アメリカ映画/公開中
http://evans.movie.onlyhearts.co.jp/

ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)
エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1961年6月25日

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』

    「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道39】

  2. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』

    1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道38】

  3. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』

    ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道37】

  4. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

    音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

    真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

  6. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』

    ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道34】

  7. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

    「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

  8. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

    「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

  9. アート・テイタム『ピアノ・ソロズ』

    「ひけらかし」もジャズの個性。とてつもない技術に圧倒される「ソロ」の快感【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道31】

  10. ソニー・ロリンズ『ザ・ソロ・アルバム』(マイルストーン)

    自由すぎるジャズ・バンド。ひとりでも100人でもジャズなのだ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道30】

  11. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

  12. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

  13. ジョン・コルトレーン『マイ・フェイヴァリット・シングス~コルトレーン・アット・ニューポート』(インパルス)

    ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」はジャズも変えた!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道27】

  14. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

  15. ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

    作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

  16. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  2. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  3. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  4. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
  5. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』 真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを…
PAGE TOP