新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

文/池上信次

第8回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

これまで、本稿ではジャズを楽しむためにぜひ知っておきたい「スタンダード曲」の成り立ちを、「なぜジャズマンはみな同じ曲を演奏するのか」という視点で説明してきました。これは、スタンダード曲という「同じ土俵」で個性を表現するというジャズの大きな特徴のひとつを表わしているのですが、もちろんすべてのジャズマンというわけではなく、なかには「違う曲」=「自分だけの曲」で勝負するジャズマンもいます。

これはポップスの「持ち歌」的なものと考えていただければいいのですが、「持ち歌」は(作詞作曲家と演奏者は必ずしも同じではありませんが)、曲と演奏者のイメージが不可分です。ジャズでもこれと同様に、特定ジャズマンのイメージと曲がセット(ジャズの場合は多くが自作自演)で認識されている曲がたくさんあります。

「持ち歌」を演奏するにあたっての、ポップスとジャズの大きな違いは、ジャズではそこにアドリブ演奏も入ってくることです。ジャズでは曲のメロディを演奏しないでアドリブだけを演奏するものがあると以前の回で紹介していますが、逆にポップスのように曲のメロディだけを演奏して完結ということはほとんどありません。基本的にジャズマンは作曲家ではなく演奏家であるというスタンスなのですね。

これは、楽曲の魅力より演奏が優先されるともとれますが、ジャズマンの「自作自演」は「同じ曲」の勝負どころに、さらに作曲での個性表現が加わることになるのですから、より個性を発揮できる=優れたジャズ演奏となる可能性があるわけです。いわば「見せ場」「聴かせどころ」が増えるのですね。しかしながら、ジャズでは一般に演奏の大部分はアドリブのパートで構成されますから、よほど印象に残る「名曲」でなければ、またそれはアドリブ・パートと密接に連係していなければ、聴かせどころは「同じ曲」となんら変わらないものになってしまうのです。

ジャズに名演はあるが、名曲はない

「ジャズに名演はあるが、名曲はない」という、ジャズ・ファンにはよく知られた格言があります。これは、日本のジャズ評論の草分けである野川香文の著書『ジャズ楽曲の解説』(1951年)の中の一節(の大意)です。誤解されがちですが、これはアドリブこそがジャズの最大の魅力であるということを強調して表わしている部分であって、けっして楽曲の魅力を否定したものではありません。ジャズでも名曲は存在します。名曲であれば、ジャズはもっと面白くなるのです。言い換えれば、名曲でなければ「自作曲を演奏すること」が必ずしもよいジャズ演奏に結びつくとは限らず、優れた作曲家で、かつ優れた演奏者だけが、それをプラスにできるということなのです。

その代表格のひとりが、現在全国公開中の映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』(※)も話題のビル・エヴァンス(ピアノ/1929〜80)です。エヴァンスは、ジャズ・ピアノの新しいサウンドや画期的なピアノ・トリオ・スタイルを作り出し、「エヴァンスがジャズに与えた影響はこの先100年続く」(同映画より)といわれるほどのジャズの巨人です。しかしその音楽には難解なところはなく、ジャズを初めて聴く人であっても、すぐにその魅力を感じることができるでしょう。その理由のひとつが、「エヴァンス名曲」にあるといえます。エヴァンスは多くのスタンダード曲を演奏する一方、デビュー時からオリジナル曲も録音し、生涯に60曲以上を残したと映画の中でも語られています。中でも「ワルツ・フォー・デビイ」は、名曲中の名曲として、現在も多くのジャズ・ファンに愛聴されています。

曲名の「デビイ」は、作曲当時2歳のエヴァンスの姪の名前。そのかわいらしい姿が想像できるような軽やかなメロディはとても魅力的ですが、じつはこの曲は、さまざまなジャズ的な仕掛けが施された難曲でもあるのです。まさに、聴きやすくてしかも奥深いというエヴァンスのスタイルを象徴する曲といえるものです。エヴァンスは生涯にわたってこの曲を何度も演奏、録音しました。また「名曲」ゆえに、現在ではスタンダード曲としても認知されています。次回はこの「ワルツ・フォー・デビイ」の名演を紹介します。

※映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
多くの関係者のインタヴューで構成された、ビル・エヴァンスの生涯を追ったドキュメンタリー。
監督:ブルース・スピーゲル/2015年アメリカ映画/公開中
http://evans.movie.onlyhearts.co.jp/

ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)
エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

エヴァンスは多くの「ワルツ・フォー・デビイ」の録音を残していますが、代表的なのはここに収録のヴァージョン。まずはこれをお勧めします。

演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1961年6月25日

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

    ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

  2. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

    ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

  3. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』

    「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』がジャズ・スタンダードになるまで【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道10】

  4. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)

    ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォー・デビイ」がスタンダード化しない理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道9】

  5. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

    「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

  6. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

    マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

  7. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)

    クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

  8. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)|「アドリブ」とは何か【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

    ジャズの「アドリブ」とは何か?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

  9. 「スタンダード」という「共通言語」

    スタンダード曲はジャズマンの共通言語である【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道4】

  10. キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』

    フランスの有名曲「枯葉」がジャズのスタンダードになるまで|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道3】

  11. 「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

    スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

  12. ジャズを聴く技術〜ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》

    ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道1】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』 ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジ…
  2. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】 ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジ…
  3. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』 「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』…
  4. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド) ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォ…
  5. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル) マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユ…
PAGE TOP