新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」

文/池上信次
今回は第5回で紹介した「バード・オブ・パラダイス」の「元ネタ」のスタンダード曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」を紹介します。

「オール・ザ・シングス・ユー・アー(原題:All The Things You Are)」は、作詞オスカー・ハマースタイン2世(1895~1960年)、作曲ジェローム・カーン(1885~1945年)というミュージカルの名作家コンビによって作られました。1939年のブロードウェイ・ミュージカル『ヴェリー・ウォーム・フォー・メイ(Very Warm For May)』のための楽曲で、そのタイトルどおり「あなたは私のすべて」と歌われるロマンティックな求愛ソングです。じつはこのミュージカルは不評で、当時わずか2か月で打ち切りとなってしまい、「幻」の作品といわれるほどでした。しかし、この曲はジャズ・スタンダード曲となり、現在までにジャズ史上屈指の膨大な数の録音が残されています。どうして「幻」が「大人気」となったのでしょうか?

ジャズ・ヴォーカルでは、ミュージカル上演同年にミルドレッド・ベイリー、トミー・ドーシー楽団、アーティ・ショー楽団らが取り上げていますが、おそらくは最新ミュージカルのカヴァーとしての扱いでしょう。フランク・シナトラが47年に歌っていますが、ヴォーカルでは人気曲とはいい難いところです。ヒットどころか幻ですからそれも当然なのですが、インスト(器楽演奏)の世界は違いました。1940年代前半はさすがに取り上げられていませんが、40年代後半から様子が一変、爆発的に録音が増えるのです。

まず45年にディジー・ガレスピー(トランペット)が、録音しました。ディジーはここでアルト・サックスのチャーリー・パーカーをフィーチャーしていますが、パーカーのソロはほとんどなし、という(あまりぱっとしない)演奏です。そして46年にも『ジェローム・カーン曲集』の1曲として録音。しかしこちらはカーンの遺族からクレームがあってレコードが回収された事実があるので、もしかすると楽曲の著作権などの問題でそれまでは取り上げられなかった事情があるのかもしれません。そうであったとしても、ディジーが「オール・ザ・シングス〜」を「発見」したことがジャズ・スタンダード化の始まりだと思われます。

チャーリー・パーカーのアドリブがこの曲の「可能性」を感じさせた

チャーリー・パーカーは47年に自身のリーダー・セッションでこの曲を演奏します。ここで演奏している、のちに定番となるイントロはディジーのセッションでやっていたものですから、パーカーはその時の「ネタ」を持ち込んだのですね。そしてこの「オール・ザ・シングス〜」を聴いたジャズマンたちは、「これだ!」とひらめいたのです。その理由は、コード進行にあります。楽理的なことはここでは触れませんが、この曲のコード進行は、インスト奏者の「アドリブ心」を強力に刺激する要素に富んでいるのです。要するに腕の見せどころが満載なのですね。この演奏はミディアム・テンポの、けっして派手なものではないのですが、パーカーのアドリブはこの曲の「可能性」を感じさせたのです。

そうして50年代末までに、エロール・ガーナー、 デイヴ・ブルーベック、レニー・トリスターノ、オスカー・ピーターソン、ハンプトン・ホーズ、アンドレ・プレヴィン(以上ピアノ)、ズート・シムズ、ベン・ウェブスター、ジェリー・マリガン、ソニー・ロリンズ(以上サックス)、クリフォード・ブラウン、チェット・ベイカー(トランペット)、バーニー・ケッセル、タル・ファーロウ(以上ギター)、そ してMJQら、名だたるジャマンがこぞって取り上げ、スタンダード曲として認知されました。

この曲はメロディよりも、アドリブ演奏の「素材」として広まったのです。つまりこの曲のメロディも歌詞も、ヴォーカリスト以外にとってはまるで重要視されておらず、コード進行と構成にこそこの曲の価値があるという認識です。しかも「幻」ですから、オリジナルのイメージに縛られることなく、存分に個性を発揮できるのですね。『「オール・ザ・シングス・ユー・アー」を演奏する』ということは、アドリブで勝負するぞ、という意思表示なのです。それが極端に表れた例として、チャーリー・パーカーがテーマ抜きで録音したことは第5回で紹介しましたね。したがってこの曲の名演といえば、それは「アドリブの名演」ということになります。

パーカーと同様に、曲名は付けられているものの、実体はテーマを省略した「オール・ザ・シングス〜」という演奏は、ビル・エヴァンス(ピアノ)の「アー・ユー・オール・ザ・シングス」(『インチュイション』[ファンタジー]収録)などがあります。また、この曲のコード進行を使って作られた曲(=アドリブ・パートは「オール・ザ・シングス〜」同じ)には、ジャズ・メッセンジャーズの演奏で知られるケニー・ドーハム作曲「プリンス・アルバート」、デクスター・ゴードン作曲「ボストン・バーニー」、リー・コニッツ「シンギン」、デイヴ・リーブマン作曲「オール・ザ・シングス・ザット」などがありますが、これらは「オール・ザ・シングス〜」の演奏があまりにも多いので差別化の意味もあったのでしょう。

このように、ジャズの世界では「オール・ザ・シングス〜」は「素材」としての側面が強いのですが、じつは歌としても「名曲」なのです。あまり知られていないと思いますが、なんとマイケル・ジャクソンも歌っているのですから(1973年『ミュージック&ミー』[モータウン]収録)。マイケルはいったいどこからこれを見つけてきたのか、気になりますね。

「オール・ザ・シングス・ユー・アー」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)
『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

演奏:チャーリー・パーカー(アルト・サックス)、マイルス・デイヴィス(トランペット)、デューク・ジョーダン(ピアノ)、トミー・ポッター(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス)

録音:1947年10月28日

チャーリー・パーカーのダイアル・レコードでの録音を全部集めた4枚組CDボックス。ここには「オール・ザ・シングス〜」1テイクと、そのテーマ省略版である「バード・オブ・パラダイス」2テイクが収録されています。テーマがないほうが格段にスリリングな演奏で、ここではテーマは余計なものという印象すら受けますね。

(2)パット・メセニー『クエスチョン・アンド・アンサー』(ゲフィン)

演奏:パット・メセニー(ギター)、デイヴ・ホランド(ベース)、ロイ・ヘインズ(ドラムス)
録音:1989年12月21日

テーマを弾き終わるのが待ちきれなかったかのように、メセニーはアドリブ・パートに突入すると一気に猛烈な勢いで疾走します。バックの大先輩ふたりがそれを余裕で受けとめ、そしてさらに燃料を供給し、演奏はますます熱くなるばかり。ここでのメセニーは、ワイルドな「アドリブ命」のジャズ・ギタリストなのです。

(3)キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)
キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)

キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)

演奏:キース・ジャレット(ピアノ)、ゲイリー・ピーコック(ベース)、ジャック・ディジョネット(ドラムス)
録音:1983年1月11、12日

1983年から現在まで活動を続けている通称「スタンダーズ・トリオ」は、その名のとおりスタンダード曲ばかりを演奏しますが、アプローチはビ・バップとはまるで異なる独特なスタイル。その場その場で変化する自由自在の展開は、有名曲を取り上げることでその特徴がより際立って印象づけられます。

(4)渡辺貞夫・ウィズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ『バード・オブ・パラダイス』(フライングディスク)

演奏:渡辺貞夫(アルト・サックス)、ハンク・ジョーンズ(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)
録音:1977年5月4日

「バード・オブ・パラダイス」はチャーリー・パーカー「作曲」ですが、「オール・ザ・シングス~」のテーマを省略し、いきなりアドリブするという「テーマ・メロディのない曲」。つまりタイトルは行為を示しているようなものなので、この「曲」を演奏することは、「パーカー派ビ・バッパー」宣言と同義なのです。

(5)『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)
『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)

『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)

演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、カウント・ベイシー・オーケストラ
録音:1981年

「オール・ザ・シングス〜」はもともと歌詞のある歌ですから、ヴォーカルも聴いておきたいところ。サラは最初のコーラスはストレートにメロディを歌っているものの、曲が進むにつれてどんどんフェイク(変奏)が飛び出してきます。この曲はヴォーカリストも「アドリブ心」を刺激されてしまうようです。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』

    「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道39】

  2. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』

    1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道38】

  3. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』

    ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道37】

  4. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

    音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

    真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

  6. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』

    ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道34】

  7. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

    「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

  8. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

    「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

  9. アート・テイタム『ピアノ・ソロズ』

    「ひけらかし」もジャズの個性。とてつもない技術に圧倒される「ソロ」の快感【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道31】

  10. ソニー・ロリンズ『ザ・ソロ・アルバム』(マイルストーン)

    自由すぎるジャズ・バンド。ひとりでも100人でもジャズなのだ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道30】

  11. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

  12. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

  13. ジョン・コルトレーン『マイ・フェイヴァリット・シングス~コルトレーン・アット・ニューポート』(インパルス)

    ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」はジャズも変えた!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道27】

  14. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

  15. ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

    作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

  16. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  2. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  3. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  4. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
  5. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』 真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを…
PAGE TOP