新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」

文/池上信次
今回は第5回で紹介した「バード・オブ・パラダイス」の「元ネタ」のスタンダード曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」を紹介します。

「オール・ザ・シングス・ユー・アー(原題:All The Things You Are)」は、作詞オスカー・ハマースタイン2世(1895~1960年)、作曲ジェローム・カーン(1885~1945年)というミュージカルの名作家コンビによって作られました。1939年のブロードウェイ・ミュージカル『ヴェリー・ウォーム・フォー・メイ(Very Warm For May)』のための楽曲で、そのタイトルどおり「あなたは私のすべて」と歌われるロマンティックな求愛ソングです。じつはこのミュージカルは不評で、当時わずか2か月で打ち切りとなってしまい、「幻」の作品といわれるほどでした。しかし、この曲はジャズ・スタンダード曲となり、現在までにジャズ史上屈指の膨大な数の録音が残されています。どうして「幻」が「大人気」となったのでしょうか?

ジャズ・ヴォーカルでは、ミュージカル上演同年にミルドレッド・ベイリー、トミー・ドーシー楽団、アーティ・ショー楽団らが取り上げていますが、おそらくは最新ミュージカルのカヴァーとしての扱いでしょう。フランク・シナトラが47年に歌っていますが、ヴォーカルでは人気曲とはいい難いところです。ヒットどころか幻ですからそれも当然なのですが、インスト(器楽演奏)の世界は違いました。1940年代前半はさすがに取り上げられていませんが、40年代後半から様子が一変、爆発的に録音が増えるのです。

まず45年にディジー・ガレスピー(トランペット)が、録音しました。ディジーはここでアルト・サックスのチャーリー・パーカーをフィーチャーしていますが、パーカーのソロはほとんどなし、という(あまりぱっとしない)演奏です。そして46年にも『ジェローム・カーン曲集』の1曲として録音。しかしこちらはカーンの遺族からクレームがあってレコードが回収された事実があるので、もしかすると楽曲の著作権などの問題でそれまでは取り上げられなかった事情があるのかもしれません。そうであったとしても、ディジーが「オール・ザ・シングス〜」を「発見」したことがジャズ・スタンダード化の始まりだと思われます。

チャーリー・パーカーのアドリブがこの曲の「可能性」を感じさせた

チャーリー・パーカーは47年に自身のリーダー・セッションでこの曲を演奏します。ここで演奏している、のちに定番となるイントロはディジーのセッションでやっていたものですから、パーカーはその時の「ネタ」を持ち込んだのですね。そしてこの「オール・ザ・シングス〜」を聴いたジャズマンたちは、「これだ!」とひらめいたのです。その理由は、コード進行にあります。楽理的なことはここでは触れませんが、この曲のコード進行は、インスト奏者の「アドリブ心」を強力に刺激する要素に富んでいるのです。要するに腕の見せどころが満載なのですね。この演奏はミディアム・テンポの、けっして派手なものではないのですが、パーカーのアドリブはこの曲の「可能性」を感じさせたのです。

そうして50年代末までに、エロール・ガーナー、 デイヴ・ブルーベック、レニー・トリスターノ、オスカー・ピーターソン、ハンプトン・ホーズ、アンドレ・プレヴィン(以上ピアノ)、ズート・シムズ、ベン・ウェブスター、ジェリー・マリガン、ソニー・ロリンズ(以上サックス)、クリフォード・ブラウン、チェット・ベイカー(トランペット)、バーニー・ケッセル、タル・ファーロウ(以上ギター)、そ してMJQら、名だたるジャマンがこぞって取り上げ、スタンダード曲として認知されました。

この曲はメロディよりも、アドリブ演奏の「素材」として広まったのです。つまりこの曲のメロディも歌詞も、ヴォーカリスト以外にとってはまるで重要視されておらず、コード進行と構成にこそこの曲の価値があるという認識です。しかも「幻」ですから、オリジナルのイメージに縛られることなく、存分に個性を発揮できるのですね。『「オール・ザ・シングス・ユー・アー」を演奏する』ということは、アドリブで勝負するぞ、という意思表示なのです。それが極端に表れた例として、チャーリー・パーカーがテーマ抜きで録音したことは第5回で紹介しましたね。したがってこの曲の名演といえば、それは「アドリブの名演」ということになります。

パーカーと同様に、曲名は付けられているものの、実体はテーマを省略した「オール・ザ・シングス〜」という演奏は、ビル・エヴァンス(ピアノ)の「アー・ユー・オール・ザ・シングス」(『インチュイション』[ファンタジー]収録)などがあります。また、この曲のコード進行を使って作られた曲(=アドリブ・パートは「オール・ザ・シングス〜」同じ)には、ジャズ・メッセンジャーズの演奏で知られるケニー・ドーハム作曲「プリンス・アルバート」、デクスター・ゴードン作曲「ボストン・バーニー」、リー・コニッツ「シンギン」、デイヴ・リーブマン作曲「オール・ザ・シングス・ザット」などがありますが、これらは「オール・ザ・シングス〜」の演奏があまりにも多いので差別化の意味もあったのでしょう。

このように、ジャズの世界では「オール・ザ・シングス〜」は「素材」としての側面が強いのですが、じつは歌としても「名曲」なのです。あまり知られていないと思いますが、なんとマイケル・ジャクソンも歌っているのですから(1973年『ミュージック&ミー』[モータウン]収録)。マイケルはいったいどこからこれを見つけてきたのか、気になりますね。

「オール・ザ・シングス・ユー・アー」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)
『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

演奏:チャーリー・パーカー(アルト・サックス)、マイルス・デイヴィス(トランペット)、デューク・ジョーダン(ピアノ)、トミー・ポッター(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス)

録音:1947年10月28日

チャーリー・パーカーのダイアル・レコードでの録音を全部集めた4枚組CDボックス。ここには「オール・ザ・シングス〜」1テイクと、そのテーマ省略版である「バード・オブ・パラダイス」2テイクが収録されています。テーマがないほうが格段にスリリングな演奏で、ここではテーマは余計なものという印象すら受けますね。

(2)パット・メセニー『クエスチョン・アンド・アンサー』(ゲフィン)

演奏:パット・メセニー(ギター)、デイヴ・ホランド(ベース)、ロイ・ヘインズ(ドラムス)
録音:1989年12月21日

テーマを弾き終わるのが待ちきれなかったかのように、メセニーはアドリブ・パートに突入すると一気に猛烈な勢いで疾走します。バックの大先輩ふたりがそれを余裕で受けとめ、そしてさらに燃料を供給し、演奏はますます熱くなるばかり。ここでのメセニーは、ワイルドな「アドリブ命」のジャズ・ギタリストなのです。

(3)キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)
キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)

キース・ジャレット『スタンダーズvol.1』(ECM)

演奏:キース・ジャレット(ピアノ)、ゲイリー・ピーコック(ベース)、ジャック・ディジョネット(ドラムス)
録音:1983年1月11、12日

1983年から現在まで活動を続けている通称「スタンダーズ・トリオ」は、その名のとおりスタンダード曲ばかりを演奏しますが、アプローチはビ・バップとはまるで異なる独特なスタイル。その場その場で変化する自由自在の展開は、有名曲を取り上げることでその特徴がより際立って印象づけられます。

(4)渡辺貞夫・ウィズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ『バード・オブ・パラダイス』(フライングディスク)

演奏:渡辺貞夫(アルト・サックス)、ハンク・ジョーンズ(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)
録音:1977年5月4日

「バード・オブ・パラダイス」はチャーリー・パーカー「作曲」ですが、「オール・ザ・シングス~」のテーマを省略し、いきなりアドリブするという「テーマ・メロディのない曲」。つまりタイトルは行為を示しているようなものなので、この「曲」を演奏することは、「パーカー派ビ・バッパー」宣言と同義なのです。

(5)『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)
『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)

『サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ(センド・イン・ザ・クラウンズ)』(パブロ)

演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、カウント・ベイシー・オーケストラ
録音:1981年

「オール・ザ・シングス〜」はもともと歌詞のある歌ですから、ヴォーカルも聴いておきたいところ。サラは最初のコーラスはストレートにメロディを歌っているものの、曲が進むにつれてどんどんフェイク(変奏)が飛び出してきます。この曲はヴォーカリストも「アドリブ心」を刺激されてしまうようです。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  6. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  7. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  8. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  9. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  10. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  11. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  12. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  13. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  14. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  15. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

  16. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル) じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術…
  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』 CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジ…
PAGE TOP