新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1. 世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。  

    小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「Le Printemps des Champagnes ル・プランタン・デ・シャンパーニュ」と名づけられた試飲会が行われます。そこでは22もの…

  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

         

    写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

  3. 蛸や本しめじ、生姜の風味が一体となった、旨みに満ちた味わい。きのこは椎茸やえのきなど、家庭にあるものを使って構わない。  

    土鍋で「蛸めし」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土蛸は冷凍してから出汁に通し、柔らかく仕上げる土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、前回に引き続き…

  4. サバ缶と身近な食材だけでお手軽な薬膳ができる|『「サバ薬膳」簡単レシピ』  

    肩こりから美肌まで様々な効能あり|「サバ薬膳」簡単レシピ

         

    文/鈴木拓也日本人の健康志向に乗ってブームが続くサバ缶だが、サバと薬膳を組み合わせて…

  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」

         

    写真・文/矢崎海里大型連休も終わり、今週は母の日ですね。今回は普段料理をしない人でも…

  6. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。  

    日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」の現在

         

    取材・文/鳥海美奈子山梨県甲州市勝沼には、約30ものワイナリーがあります。勝沼はもともと生食…

  7. 蓋をして、中火で約15分間蒸す。蓋を時々開けて、スプーンでソースをカサゴに回しかける。  

    豪華な「カサゴ丸ごとアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    魚一尾の旨みや持ち味をそのまま生かす「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し料…

  8. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝いしませんか?|「ぶりのあつめし」「ぶりの南蛮和え」

         

    写真・文/矢崎海里5月5日は「こどもの日」ですね。「こどもの日」は小さいお子さん…

  9. ねぎま鍋は鮪の旨みが染みた葱も美味しい。「味が強い鮪には、香味野菜の芹せりやクレソンなどが合います」と山崎さんは話す。  

    達人直伝!鮪の「ねぎま鍋」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    大トロと中トロのサクを用意。しっかり煮るのが美味の秘訣ねぎま鍋は、江戸の町で生まれた庶民の味…

  10. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。  

    人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたのか?|長野県高山村の挑戦

         

    取材・文/鳥海美奈子個性的な生産者が多々登場し、質も向上していることから、ブームが続く日本ワ…

  11. 15分間蒸らしたあと、山椒の実を振りかける。塩茹で処理された市販のものを購入する。鯛の身をほぐし、椀に盛り付ける。上品な鯛と出汁の味を山椒の香りが引き立てる。  

    土鍋で「鯛の姿飯」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土鍋の熱により米の甘みに鯛の旨みが染み込む土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、東京・代々木の割烹…

  12. たっぷりの湯で茹でたパスタ麺の上に鍋のトマトソースを盛り付け、好みでパルミジャーノレッジャーノを振りかける。  

    人気の鯖缶を利用「鯖と茄子のトマトソースパスタ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    味わい深く種類豊富な鯖の缶詰。その旨みと栄養が凝縮したひと皿近年、鯖の缶詰の人気が高…

  13. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

         

    写真・文/矢崎海里新じゃがや新玉葱、春キャベツ・・・。春は旬の野菜がたくさんあって、…

  14. 薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)  

    酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

  15. さつま汁  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁

         

    写真・文/矢崎海里多くの地域で桜の季節も過ぎましたが、まだまだ朝晩は冷え込みますね。…

  16. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌」を作ろう!

         

    写真・文/矢崎海里春の訪れを感じる山菜、ふきのとう。天然物は2月の下旬から出回り初め…

  17. 新しい表示基準で日本ワインはこう変わる  

    ー原材料や生産地などがより明確にー新しい表示基準で日本ワインはこう変わる|『第5回 日本ワイン祭り~JAPAN WINE FESTIVAL~』

         

    国産葡萄を100%使用することが「日本ワイン」の絶対条件。産地呼称など生産者は対応を余儀なくされてい…

  18. 鶏だしチャプチェ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取ろう

         

    写真・文/矢崎海里今まで様々なだしの取り方をご紹介してきましたが、今回は最後のテーマ「鶏肉で…

  19. さきいかと菜の花の炊き込みご飯  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

         

    写真・文/矢崎海里前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。今回は…

  20. 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう

         

    写真・文/矢崎海里前回、野菜くずを使った野菜だしのレシピをご紹介しました。今…

  21.  

    ここ日本!?と思わせる志摩の美景レストラン|世界の食通が注目する「新バスク料理」を味わう

         

    取材・文・写真/編集部 三重県・志摩半島の突端、風光明媚な英虞湾を見晴かす景勝の地に、異国情…

  22. 野菜だしの和風ポトフ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜だしの和風ポトフ|捨てるのはもったいない! 野菜くずでだしを取ろう

         

    写真・文/矢崎海里前回は煮干しだしの取り方をご紹介しました。最近パックの野菜…

  23. さつまいも(みかわ是山居)  

    山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】

         

    写真・文/山本益博私は、真冬には日本料理屋さんへ足が向かなくなります。なぜかというと…

  24. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里前回は昆布と鰹節のだしの取り方をご紹介しました。今回は煮干…

  25. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で二番だしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|鰹節と昆布で二番だしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里前回、一番だしの取り方をご紹介しましたが、これで終わりではありませ…

  26. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。  

    【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

         

    取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

  27. 『男のチャーハン道』  

    「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』

         

    文/鈴木拓也庶民的な中華料理の代表格である「チャーハン」。家庭でも手軽に作れるが、米…

  28. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー  

    自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

         

    ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

  29. 招き猫の形に仕上がった金花糖  

    江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承する菓子職人

         

    文/鈴木拓也「金花糖」(きんかとう)という名の、古くから伝承されてきた砂糖菓子がある。作り方…

  30. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里和食の基本、「だし」。今はだしパックや顆粒調味料で手軽に使…

PAGE TOP