新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1. 野菜だしの和風ポトフ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜だしの和風ポトフ|捨てるのはもったいない! 野菜くずでだしを取ろう

         

    写真・文/矢崎海里前回は煮干しだしの取り方をご紹介しました。最近パックの野菜だしが流行っていますが、実はいつも捨ててしまう野菜のへた、皮などのくずから、だしが取れるのをご存じですか?その作り方は野菜くずを弱火…

  2. さつまいも(みかわ是山居)  

    山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】

         

    写真・文/山本益博私は、真冬には日本料理屋さんへ足が向かなくなります。なぜかというと…

  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里前回は昆布と鰹節のだしの取り方をご紹介しました。今回は煮干…

  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で二番だしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|鰹節と昆布で二番だしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里前回、一番だしの取り方をご紹介しましたが、これで終わりではありませ…

  5. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。  

    【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

         

    取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

  6. 『男のチャーハン道』  

    「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』

         

    文/鈴木拓也庶民的な中華料理の代表格である「チャーハン」。家庭でも手軽に作れるが、米…

  7. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー  

    自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

         

    ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

  8. 招き猫の形に仕上がった金花糖  

    江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承する菓子職人

         

    文/鈴木拓也「金花糖」(きんかとう)という名の、古くから伝承されてきた砂糖菓子がある。作り方…

  9. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

         

    写真・文/矢崎海里和食の基本、「だし」。今はだしパックや顆粒調味料で手軽に使…

  10. 松茸(てんぷら みかわ  

    山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

         

    写真・文/山本益博今から40年ほど前、「東京味のグランプリ」という食べ歩きのガイドブ…

  11.  

    猫をモチーフにしたお弁当&スイーツが東京駅で買える! |猫好きにオススメ「にゃらん弁当&スイーツ」10選

         

    猫好きさん必見! 猫をモチーフにしたお弁当&スイーツが東京駅改札内のエキナカ商業施設「グラン…

  12. 「パクチーとさつま揚げの味噌汁」  

    味噌汁専門店の味噌汁レシピ5選|『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』

         

    文/鈴木拓也「パクチーとさつま揚げの味噌汁」鎌倉時代に武士階級の食事に取り入れられ、…

  13. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みかん胡椒を作ろう!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】みかんの皮を捨てずに作る|「みかん胡椒」の作り方

         

    写真・文/矢崎海里冬の果物の定番、みかんはビタミンCも豊富で、風邪予防として食べてい…

  14. あなごのてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】

         

    写真・文/山本益博「てんぷらは魚の脱水作業」という名言を吐いた「みかわ是山居」主人早…

  15. うずらがゆ  

    「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定・朝食をいただく

         

    取材・文/末原美裕「瓢亭」と言えば、450年以上もの間、京都とともに歴史を歩んできた…

  16. GINZA SIXで手に入る!ブランドを代表するホワイトデーグルメ  

    「GINZA SIX」で手に入る!ブランドを代表するホワイトデーグルメ9選

         

    バレンタインデーもまだだが、早くもホワイトデー関連の情報が届いた。銀座エリア最大の商業施設「…

  17. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】

         

    写真・文/山本益博初夏のてんぷらと言えば、「稚鮎」をまず挙げなくてはなりません。小ぶりですが…

  18. バターとトマトの濃コクチキンカレー  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|家にある調味料で手作り減塩カレー

         

    写真・文/矢崎海里いまや国民食とも言われるカレー。メディアでは「カレーダイエ…

  19.  

    自宅で「鰤大根」を上手に煮るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    昆布はえぐみが出る前に引き上げる。アクと余分な油分は丁寧に取り切る東京・銀座に店を構える魚料…

  20. 銀座発! フルーツの進化系スイーツ  

    最新スイーツは高級デパ地下で!|「GINZA SIX」発! 「フルーツの進化系スイーツ」7選

         

    次々とトレンドを生み、話題が尽きることないスイーツ界に、また新たに注目の新商品が現れた。銀座…

  21.  

    山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】

         

    写真・文/山本益博てんぷらは、東京湾の波の静かな海に棲息している、きす、めごち、はぜなど尻尾…

  22. ゆずを使った減塩レシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!生ゆずを使ったおかず2品|「鶏肉と大根のゆず風味煮込み」「鮭の幽庵焼き」

         

    写真・文/矢崎海里柔らかな黄色と、爽やかな香りで長年愛されているゆず。この時期は黄ゆ…

  23.  

    自宅で「金目鯛」を上手に煮付けるコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    調味料は酒→砂糖→醬油の順で。臭みを飛ばすため落とし蓋はしない「煮魚は、素材を煮ることで魚特…

  24. 定番野菜で簡単減塩おかず2選  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

         

    写真・文/矢崎海里前回、一日に不足している野菜を補う、野菜おかずレシピをご紹介しまし…

  25.  

    自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    小鰺は指で簡単に下処理可能。2度揚げでしっかり火を入れる名物の鰺フライ定食で名高い東京『京ば…

  26. 減塩おかず2選  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

         

    写真・文/矢崎海里突然ですが皆さん、普段どのくらい野菜を食べているか、把握しています…

  27.  

    皮と身の溶けた脂が旨み増す「鰹のたたきのヅケ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    サクに塩を振って水分を抜く。表面を炙る際は皮目から鰹(かつお)は鮮度の落ちが極めて早い。特に…

  28.  

    自宅で「アジフライ」を上手に揚げるコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    衣は米粉を加えると食感がよくなる。身のほうから揚げ油に入れるのが鉄則フライや天ぷらなどの揚げ…

  29. あじす(すきやばし次郎)  

    山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】

         

    写真・文/山本益博「江戸前」の握りの代名詞でもある「まぐろ」は冬が美味しいすし種であるところ…

  30.  

    自宅で「平目の昆布締め」を作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    切り身にまんべんなく塩を振る。風味の柔らかな日高昆布が最適江戸前鮨の正統を今に受け継ぐ東京・…

PAGE TOP