新着記事

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)冬のドイツの最大の楽…

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

2019年3月にモバイル社会研究所が発表したデータによると、スマホの所有率は60代は70%、70代は…

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

写真・文/矢崎海里せりは、早春の水辺に生える山菜で、1月~4月に旬を迎える山菜です。…

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

鍋をつつきながら燗酒をいただくのが楽しみな季節である。だが、酒の燗を頃合いよくつけるのは、な…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

明智光秀が初めて大河ドラマの主人公となった『麒麟がくる』。久方ぶりの王道戦国大河への期待は高く、第一…

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

睡眠中の体の状態をバランスよく保つマットレスをご紹介。マットレスの芯は、体を支える「3Dファ…

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

蝮、梟雄などといわれて恐れられた美濃の戦国大名・斎藤道三。これまで世にでた小説や歴史ドラ…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦

  1. 鴨鍋  

    一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦と鴨鍋を銀座で味わい尽くす[PR]

         

    創業110余年日本橋で人気の蕎麦の名店が銀座で旨さを極める師走になると無性に蕎麦が恋しくなる。熱々の「かけ」で温まるもよし、一杯やったあとに「もり」で締めてもこの上なく旨い。この楽しみは今も昔も変わらない。東京では江戸初期から、そば粉を…

  2.  

    蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問

         

    日本人にとって馴染みの深い食べ物、蕎麦。とくにサライ世代には蕎麦好きは多いことでしょう。…

  3.  

    落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」

         

    蕎麦職人の技と工夫の結晶であり、蕎麦店の看板とも言える「もり蕎麦」は、どのように食せば、正しい食べ方…

  4.  

    「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った

         

    取材・文・撮影/片山虎之介江戸時代初期にその名が付いた「もり蕎麦」。蕎麦の食べ方として、これ…

  5.  

    西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽後町へ3】

         

    文・取材/山内貴範奥羽山脈の麓に広がる秋田県羽後町。この町の中心部・西馬音内(にしもない)地…

  6.  

    江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「煮貫」(にぬき)【酒がすすむ醸し料理1】

         

    文・写真/馬場吉成蕎麦やうどんを食べる際には、今では醤油や砂糖、味醂などを使って作る…

  7.  

    途絶えさせるにゃもったいない!「引越し蕎麦」の意外な由来【片山虎之介の蕎麦談義 第4回】

         

    文・写真/片山虎之介春は引越しの季節である。私の隣りの家の住人も転居し、住んでいた家…

  8.  

    カツをつまみに蕎麦前で一杯!東京・日暮里『川むら』のかつ煮【東京下町の美味探訪2】

         

    文・写真/秋山都最近は蕎麦屋でお酒を飲むことを「蕎麦前」と呼ぶが、その言葉、古いよう…

  9.  

    これぞ蕎麦のチャームポイント!麺の表面に見える「ホシ」の正体とは【片山虎之介の蕎麦談義 第3回】

         

    文・写真/片山虎之介自家製粉・手打ちをうたっているような蕎麦屋に行くと、淡い茶色を帯…

  10.  

    これぞ蕎麦好きの真骨頂!石臼を回して作る最高の年越し蕎麦【片山虎之介の蕎麦談義 第2回】

         

    文・写真/片山虎之介ひとそれぞれ、様々な年越し蕎麦の食べ方があると思うが、今回は、我が家の年…

  11.  

    カニの旨味と香りが溶け合う傑作蕎麦!福井『たからや』の「蟹豆乳そば」【片山虎之介の蕎麦談義 第1回】

         

    文・写真/片山虎之介■福井に花開いた多彩な蕎麦文化関東には江戸の蕎麦食文化が…

  12.  

    なぜ薬味にワサビ?ほとんどの人が知らない蕎麦に関する10の雑学

         

    ズルっといただきたい蕎麦は、日本の伝統食。秋は新蕎麦が楽しめる時期でもあります。そこ…

  13.  

    言われてみればよくわからない?「盛り蕎麦」とは何に盛られているものなのか【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第39回】

         

    わかっているようで、意外とわからないのが、蕎麦の名前だ。「盛り蕎麦(もりそば)」「笊…

  14.  

    うどん県の香川に「うまい蕎麦」はあるのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第38回】

         

    香川県といえば、「うどん県」を名乗るほど、うどんへの思い入れの強いところだ。私は蕎麦だけでな…

  15.  

    名店といわれる老舗蕎麦店の「ざるそば」はなぜ量が少ないのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第37回】

         

    昔から、蕎麦は「小腹が空いたときに、さっと手繰るもの」といわれる。しかし…

  16.  

    混雑時の相席体験で納得! 浅草『並木藪蕎麦』が東京屈指の名店といわれる理由【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第36回】

         

    蕎麦屋で長居することは、「蕎麦屋の長尻(ながっちり)」と呼ばれ、無粋な行動の典型のようにいわ…

  17.  

    ブツブツと切れる蕎麦なのに評判! 出雲の名人が打つ極上の「釜上げ蕎麦」とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第35回】

         

    蕎麦は本来、長くつながっているものだ。だからこそ昔から歳時などに、「細く長く」の縁起をかつい…

  18.  

    「旨すぎる乾麺」と評判! かの偉大な評論家も愛した新潟・十日町の「妻有そば」

         

    文・写真/片山虎之介某雑誌の編集部にBさんという、酒と旨いものに、ちょっとうるさい編…

  19.  

    蕎麦屋の不思議~香り豊かな蕎麦の風味を消してしまうワサビが薬味に用意されるのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第34回】

         

    蕎麦屋には、よくわからない謎がいっぱいある。僕はその謎の最たるものを七つ選び、「蕎麦屋の七不…

  20.  

    葉の付いている方から? それとも下から? 意外と知らないワサビの正しいおろし方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小皿。これに乗せられた、刻みネギ、ワサビ、大根おろしなどが、蕎麦好きなら誰…

  21.  

    ”うまい”とされる蕎麦は江戸の昔と今では正反対だった!?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第33回】

         

    コシが強くて、しっかり角が立った手打ち蕎麦こそ「良い蕎麦」と評価される今の時代、ふにゃふにゃ…

  22.  

    老舗のルーツを辿ってわかった、蕎麦の本場はうどん文化圏の西日本?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    著書が一冊出版されるたびに、僕は岡山の父に送っている。蕎麦の本を受け取った父が、電話で語る感想は…

  23.  

    蕎麦打ちの楽しみは「ひとを幸福にする贈り物」を自分の手で作るというところにある 【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第31回】

         

     銀座にある長野県のアンテナショッブ「銀座NAGANO」で、蕎麦打ち教室「蕎麦のソムリエ講座」をスタ…

  24.  

    箱根『竹やぶ』のコーヒーミルで挽いた香り豊かな「粗挽きそばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第121回】箱根『竹やぶ』の「粗挽きそばがき」  蕎麦処『竹やぶ』本店は千葉県の柏…

  25.  

    160年前の俵に入っていたソバの実でできた蕎麦を食べてみた!【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第30回】

         

    「もしも」という仮定は想像力の翼に力を与え、楽しい夢を見させてくれる。「もしもタイムマシンで江戸時代…

  26.  

    一度途絶えた伝統製法が復活。すりつぶした大豆を加えて打つ、甘み豊かな津軽蕎麦【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第29回】

         

     雨音が聞こえなくなったので窓の外を見ると、大粒の雪が音もなく降っている。こんな日は、雪を見ながら弘…

  27.  

    神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第115回】神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」 「そばがき」は「蕎…

  28.  

    冬蕎麦の王座「鴨南ばん」 その美味しさの秘密を解き明かす【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第28回】

         

    蕎麦屋に入ったら、その店の個性や季節の旬を味わえるメニューを注文するのが、的を得た楽しみ方だといえる…

  29.  

    知ればさらに味わい深くなる年越し蕎麦の起源とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第15回】

         

    町の雰囲気が気ぜわしくなり、また日本人がこぞって蕎麦を食べる、あの日が近付いている。今年…

  30.  

    一杯の「かけ蕎麦」で店主の技量がわかってしまうのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第27回】

         

    京都の蕎麦店を取材した時、「ぜひ、かけ蕎麦を味わってください。汁に力を入れましたので」と、主人にすす…

PAGE TOP