新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

PR

一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦と鴨鍋を銀座で味わい尽くす[PR]

創業110余年日本橋で人気の蕎麦の名店が銀座で旨さを極める鴨鍋

師走になると無性に蕎麦が恋しくなる。熱々の「かけ」で温まるもよし、一杯やったあとに「もり」で締めてもこの上なく旨い。この楽しみは今も昔も変わらない。東京では江戸初期から、そば粉を面状にした蕎麦が食べられ始め、浮世絵などで散見されるように、時を経ずして江戸庶民の食文化の一つとなった。一説によれば東京の蕎麦は日本橋が発祥で、江戸にできた初めての蕎麦屋も日本橋にあったといわれる。そんなゆかりから、今でも日本橋には多くの老舗が残っている。中でも、明治35年(1902年)の創業から、四代百年以上にわたってのれんを守る「日本ばし やぶ久」は、長く蕎麦好きに愛されてきた日本橋の名店。当地にあった「やぶ」という蕎麦屋を初代店主・久次郎が引き継いだことで屋号を「やぶ久」と命名し、、現在も当時と同じ場所で商いを続け繁盛している。
初代より受け継がれた一家相伝の味が楽しめる新店として、今年、銀座レンガ通りに開店したのが「日本ばし やぶ久 銀座店」だ。

銀座らしいセンスを感じる佇まい。上質感があり接待や、家族との特別日にも使える。

銀座らしいセンスを感じる佇まい。上質感があり接待や、家族との特別日にも使える。

昭和の趣が残る本店に対し、銀座の街の華やかな賑わいを感じさせる、居心地のいい洗練された佇まいが特徴で、旬の素材を使った蕎麦や、銀座店だけの一品料理、蕎麦会席などちょっと贅沢な味もここでは堪能できる。

華やかで落ち着きのある店内。のれんで仕切ることにより全テーブルが半個室となる。

華やかで落ち着きのある店内。のれんで仕切ることにより全テーブルが半個室となる。

オリジナルの浮世絵風絵画が目を楽しませる4名掛けの完全個室。ゆっくりと寛ぎながら蕎麦をいただける空間となっている。

オリジナルの浮世絵風絵画が目を楽しませる4名掛けの完全個室。ゆっくりと寛ぎながら蕎麦をいただける空間となっている。

そば粉は、日本橋の本店と同じく、北海道産と茨城産のいいところだけをブレンドしたものを使った、そば粉10、つなぎの小麦粉2の割合で配合した、“外二(そとに)”というもの。芳醇な香り立ちと、切れにくく、のどごしなめらかな蕎麦の味わいを引き立てるつゆは、特注した1.2mmの厚削り本枯鰹節と宗田節をふんだん用い、添加物は使わず、水、醤油、味醂、砂糖とともじっくり時間をかけて煮出した風味豊かな濃い口。蕎麦好きが愛してやまない、“やぶ久”の伝統の味を楽しめる。本店の看板メニューである、上質な鰹節を贅沢に使用した出汁で作る蕎麦屋らしい『カレー南蛮そば』は銀座店でも味わうことができる。

手で揉み込んだそば粉を面状にして麺にしていく蕎麦切り。修行した職人の技術が冴える。

手で揉み込んだそば粉を面状にして麺にしていく蕎麦切り。修行した職人の技術が冴える。

友人・家族との年忘れは個室でいただく伝統の「鴨鍋」

この時期は、年の瀬に向けて忘年会も多くなるが、4名掛けの完全個室と、ゆったりと寛げる半個室のあるため、同僚や気の置けない友人と食べて、飲んで、語らう店としても最適である。おすすめ料理はこの季節のみ提供している「鴨鍋コース」だ。

そば味噌、そば豆腐、そばいなりに加え、前菜となる一品ものの盛り合わせと、鍋以外の料理も豊富。濃い口の出汁の中で鴨肉や旬の野菜が煮込まれていく。鴨のつみれもまた絶品。締めとして、せいろもり(またはかけ)、甘味が用意されている。「鴨鍋コース」●●円(税抜)

そば味噌、そば豆腐、そばいなりに加え、前菜となる一品ものの盛り合わせと、鍋以外の料理も豊富。濃い口の出汁の中で鴨肉や旬の野菜が煮込まれていく。鴨のつみれもまた絶品。締めとして、せいろもり(またはかけ)、甘味が用意されている。「鴨鍋コース」6000円(税別)※写真の鍋は4人前。

蕎麦屋の品書きに「鴨南蛮」はなくてはならない一品であるほど、蕎麦と鴨肉の相性はいいものだが、上質な鴨肉だけを提供する“やぶ久”こだわりの鴨鍋は別格の味わい。煮ることでオリジナルの出汁がまんべんなく肉や野菜へ染み込み、しかも、この肉や野菜の旨いこと。会話をしながら箸がどんどん進んでいく。

ブルターニュ地方の特産そば30%使用したフランスのビール「テ レンデュ」。黒色の独特な苦みが蕎麦と合う。

ブルターニュ地方の特産そば30%を使用したフランスのビール「テ レンデュ」。黒色の独特な苦みが蕎麦と合う。

主役となる蕎麦や鴨の美味しさを一層引き立てるお酒も、日本酒やシャンパン、ワイン、蕎麦ビール、オリジナルの焼酎と好みに応じて用意。料理との相性を考えて銘柄は厳選されている。板わさ、味噌、蕎麦がき、出汁巻き玉子など、熟練の板前が腕を振るう、一品料理をつまみに宴も最高潮に。鍋に舌鼓を打ったあとは、江戸っ子に倣い自慢のせいろもりで締める。年忘れにふさわしい贅沢な時間を過ごしていただきたい。

日本ばし やぶ久 銀座店

https://www.yabukyu-ginza.com/
住所/東京都中央区銀座3-3-6銀座モリタビルB1
営業時間/11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日/無休
アクセス/東京メトロ各線「銀座駅」より徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩3分、JR京浜東北線・山手線、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」より徒歩5分
クレジットカード/VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、Discover Card、UC CARD、SAISON CARD、NICOS、銀聯。交通系ICカード、電子マネー使用可

文/安藤政弘 撮影/乾 晋也

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  2. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  3. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP