新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問

羊蹄山を望む北海道・倶知安の蕎麦畑。夏でも涼しく、昼夜の寒暖差が大きい自然条件が良質の蕎麦を育てる。

日本人にとって馴染みの深い食べ物、蕎麦。とくにサライ世代には蕎麦好きは多いことでしょう。

でもその肝心の「蕎麦」について、いったいどれくらい知っていますか?

そこで今回は、蕎麦についてのクイズを10問、出題します。蕎麦通を称するなら、これくらいは知っておきたいところ。ぜひ挑戦してみてください!

【1問目】
都道府県別で蕎麦店が多い1位~3位は?

【2問目】
人口10万人換算で蕎麦店が多い都道府県は?

【3問目】
大晦日に年越し蕎麦を食べる人の割合は?

【4問目】
蕎麦粉の配合が何%なら蕎麦と表示される?

【5問目】
蕎麦が健康によいとされる理由は?

【6問目】
津軽蕎麦(青森県)のつなぎは何か?

【7問目】
へぎ蕎麦(新潟県)の「へぎ」とは?

【8問目】
わんこ蕎麦(岩手県)の由来は?

【9問目】
わんこ蕎麦を食べた最高記録は何杯?

【10問目】
昭和天皇が行幸で気に入られた蕎麦は?

以上、10問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  2. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  3. 宿場町・五條の400年の歴史息づく街並みを歩く【暮秋の大和路散歩…
  4. 桜だけじゃない「秋の吉野」の魅力を堪能する散策路【暮秋の大和路散…
  5. 「日本最古の道」山辺の道を歩き古墳群を巡る【暮秋の大和路散歩2】…
PAGE TOP