新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

自然の風を再現する扇風機「ザ・グリーンファン」などで知られる新進気鋭の家電メーカー、バルミュ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

これまで歩んできた人生を振り返ってみると、20代より30代、30代より40代、40代より50…

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

琵琶湖を望む滋賀県湖西地方の陶房「日ノ出窯」から届いた、釉薬の縮れがなんとも艶やかな酒器。光…

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

取材・文/池田充枝令和2年(2020)は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

文/倉田大輔2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公である明智光秀。…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦

  1.  

    蕎麦の個性が客を呼ぶ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第2回】

         

    蕎麦が盛られた椀に、一本の長ネギが突き刺さっている写真は、見覚えのある方も多いだろう。これが福島県会津地方、大内宿にある『三澤屋』の名物蕎麦だ。「ねぎそば」と呼ばれ、同店の代表的なメニューになっている。…

  2.  

    蕎麦屋の秘伝

         

    今から3年半ほど前、サライのWebサイトに「蕎麦を待つ間に」という連載を書かせていただいた。幸いにも…

  3.  

    久々に出会った旨い蕎麦と酒はこれ

         

    蕎麦屋で味わう一杯の酒を、楽しみにしている蕎麦好きの客は多い。そういう方にお薦めの店を一軒、…

  4.  

    蕎麦で花見が楽しめる名所案内

         

    ソバの花は直径5ミリ程度で、とても小さいが、畑一面を覆って咲く様は、純白の絨毯に似て美しい。…

  5.  

    蕎麦通が選ぶのは「蕎麦がき」か「もり蕎麦」か

         

    蕎麦屋の椅子に腰をおろし、「もり蕎麦一枚、お願いします」と注文するときの気分は、鮨屋に入って…

  6.  

    取り寄せ蕎麦の愛好家が急増している理由

         

    2010年1月号のサライの特集「極上の年越し蕎麦」を読んで、日本各地の名店から生蕎麦を取り寄せた…

  7.  

    蕎麦屋を目利きする方法

         

    蕎麦屋に入る前に、その店の味がどの程度のものか、わかるといいのだが、実際に食べてみないと、なかな…

  8.  

    蕎麦つゆは、蕎麦屋の履歴書である。

         

    小さな器にちょっぴり入った、魔法使いが薄笑いとともに差し出すような謎めいた黒い汁。それが蕎麦つゆ…

  9.  

    魯山人流「蕎麦の食ひ方」とは

         

    鮨でもフグでも、美味しいものは、とことん追求して、その最も美味しい食べ方を極めた北大路魯山人だが…

  10.  

    近所の蕎麦屋こそ、いちばんの「名店」である。

         

    どんなに美味しい蕎麦屋があったとしても、新幹線で行かなければならない遠い町にあるのでは、度々食べ…

  11.  

    蕎麦湯を飲めば、蕎麦屋がわかる。

         

    人気の蕎麦屋は早い時間に行って並べば、待ち時間が短くてすむと考えがちだが、蕎麦屋の行列の一番乗り…

  12.  

    桜が咲いたら京都で蕎麦を食べよう!

         

    春が訪れて桜が咲くと、無性に京都の蕎麦が食べたくなる。以前、京都の、桜が満開の古刹近くの蕎麦屋で…

  13.  

    なぜ蕎麦の香りは「ほのか」なのか?

         

    「蕎麦を手繰ると、ほのかな香りが・・・」などと、僕も実際、記事に書く。通常の蕎麦店で食べる蕎麦の…

  14.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」を撮ることになった

         

    「正月蕎麦の伝統」でちょっと触れた、新潟県妙高山麓の幻の蕎麦切り寺「宝蔵院」の本尊は、絶対秘仏で…

  15.  

    「手繰る蕎麦」と「すする蕎麦」の違いとは

         

    茶漬けを「掻き込む」といえば、茶碗を口に付けたまま、箸でザッザッと食べる姿を思い浮かべる。鮨を口…

  16.  

    蕎麦の具にはなぜ江戸前の魚介が少ないのか?

         

    以前「蕎麦屋の七不思議」のひとつ、ワサビについて書いたところ、七不思議のほかの六つは、どういうも…

  17.  

    正月に食べる蕎麦の伝統とは

         

    大晦日に、なぜ蕎麦を食べるのか。年越し蕎麦の由来は誰も知らない。しかし年越しにはなぜか、蕎麦を食…

  18.  

    蕎麦屋の名店の見分け方~品書きから店の善し悪し

         

    注文してから、蕎麦が運ばれてくるまでのひとときは、「小さなモラトリアム」だ。何もしなくていい…

PAGE TOP