新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

文/松村むつみ乳がんの発症リスクには、生活習慣、ホルモン治療、マンモグラフィでの乳腺濃度…

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

今年の夏休みはどのように過ごすか、もう決められましたか? 株式会社エイチ・アイ・エスが夏休み…

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

会社など組織での立場が上になればなるほど、悩みを相談しづらくなるもの。あなたは、身近に悩みを…

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

「リーダーシップ」理論にはさまざまなものがある。どのような「リーダーシッ…

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

文・写真/菅原 悠(海外書き人クラブ/香港在住ライター)今でこそ、金融の中心地、きらびや…

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

文/印南敦史「定年なんて、ずっと先のこと」と思っていたのに、ふと気がつけば、もうあと数年…

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

夏のボーナスがこれから支給される、もしくはもうされたというビジネスパーソンも多いはず。令和初…

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

日本美術

  1.  

    「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

         

    取材・文/田中昭三「庭園画」とは、読んで字のごとく、日本庭園を描いた絵画のことをいう。江戸時代に京都と江戸を中心に発展し、大名や文人たちが精魂込めて造った庭園をいろいろな手法を駆使して描いたものである。ちょうどいま、静岡県立…

  2.  

    江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万都市の江戸は世界に冠たる庭園都市だった。なぜなら…

  3.  

    失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとん…

  4.  

    日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

         

    取材・文/角山祥道自然と「いのち」を描き続ける日本画家・堀文子さんは今夏、99歳となった。世…

  5.  

    国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニッポンの国宝ファイル13】

         

    奈良・斑鳩の法隆寺で、「夢殿」の秘仏『救世観音(くせかんのん)』が秋期公開中だ(〜11月22日まで)…

  6.  

    国宝「雪松図屏風」雪を描かずに雪を描いた天才・円山応挙の傑作【ニッポンの国宝ファイル14】

         

    徹底した写生で絵画史を塗り変えた絵師、円山応挙(まるやま・おうきょ、1733~1795)。彼が残した…

  7.  

    国宝『鳥獣人物戯画』に盛り込まれた“日本人が大好きなもの”とは【ニッポンの国宝ファイル12】

         

    誰もが見て「カワイイ!」と声を発するであろう国宝『鳥獣人物戯画』(京都・高山寺蔵)は、絵巻なのに詞書…

  8.  

    なぜ十字架が!? 国宝「姫路城」に残された謎のキリシタン瓦の怪【ニッポンの国宝ファイル11】

         

    2015年春、5年半にも及ぶ平成の大修理を終えて、美しく生まれ変わった国宝・姫路城(兵庫県)。世界遺…

  9.  

    京都をまるごと屏風に!国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」は細部が面白い【ニッポンの国宝ファイル10】

         

    山形県米沢市の上杉博物館に所蔵されている、国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」。なぜ都を描いた洛中洛外図屏…

  10.  

    国宝「三十三間堂」の“33”という数字に秘められた意味とは【ニッポンの国宝ファイル9】

         

    日本一大きな歴史的木像建造物は東大寺大仏殿。では、日本一長い歴史的木像建造物は何かご存じだろうか? …

  11.  

    現存3点がすべて国宝「曜変天目」瑠璃色のミステリー【ニッポンの国宝ファイル8】

         

    テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)に鑑定のため持ち込まれた茶碗が「曜変天目(ようへん…

  12.  

    遅咲きには理由があった!? 画聖・雪舟は「不器用な画僧」だった

         

    取材・文/田中昭三個人の画家で一番多く国宝に指定されているのは誰か、ご存じだろうか。それは、…

  13.  

    国宝「伝源頼朝像」誰が誰を描いたのか?謎すぎる肖像画【ニッポンの国宝ファイル7】

         

    源頼朝と聞いてイメージするのは、長い間歴史教科書に載っていたあの端正な肖像画、国…

  14.  

    国宝「燕子花図屏風」に秘められた光琳の斬新すぎるアイデア【ニッポンの国宝ファイル5】

         

    絢爛たる画面にリズミカルな群青と緑色。そのモダンなデザイン性は一度見たら忘れられない。それが…

  15.  

    発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

         

    取材・文/渡辺倫明かつて存在が認められていた、雪舟(せっしゅう)の幻の一作がついに見つかり、…

  16.  

    最も小さな国宝「金印」には可愛い蛇がとぐろを巻いている【ニッポンの国宝ファイル6】

         

    数あるニッポンの国宝のなかで“最も小さな国宝”が、「金印」(福岡市博物館蔵)である。「漢委奴…

  17.  

    国宝・松林図屏風は靄と謎に包まれた水墨画の最高峰【ニッポンの国宝ファイル4】

         

    取材・文/まなナビ編集室色は墨の濃淡のみ。描かれるのは松のみ。これが水墨画の最高傑作…

  18.  

    国宝・金剛力士像とヘラクレス像の腹筋対決!【ニッポンの国宝ファイル3】

         

    腹筋が割れてなければ男にあらず、と言わんばかりの腹筋ブーム。じつは誰でも腹筋は割れていて、脂肪が上に…

  19.  

    国宝・風神雷神図屏風の雷神様の「愛嬌」のヒミツ【ニッポンの国宝ファイル2】

         

    圧倒的な躍動感が見るものを魅了する、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の傑作、国宝「風神雷神図屏風」(京都…

  20.  

    サライ2017年8月号|特集は「くらべる日本美術」と「青春18きっぷ活用術」です

         

    『サライ』2017年8月号は、美術鑑賞の勘所を手引する「くらべる日本美術」の大特集に、「青春…

PAGE TOP