新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました

約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

小鰺は指で簡単に下処理可能。2度揚げでしっかり火を入れる名物の鰺フライ定食で名高い東京『京ば…

アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係

文/藤原邦康毎年、年末にテレビ特番で戦力外通知を受けた野球選手の去就やトライアウト挑戦が取り上げ…

春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆人気落語家は超多忙。だが、趣味のひとつが料理。楽しみながら腕…

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

文/編集部田中一村、藤田嗣治から、プーシキン美術館、ムンク、ルーベンス、そしてフェル…

親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

取材・文/坂口鈴香有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)など、民間の高…

社長の年忘れ・新年の決意 平成最後の忘年会でやらかした「ぼったくりバーで5分20万円」! 初詣のお賽銭 平均「2394円」!|社長の忘年会・お賽銭事情

平成最後の忘年会でやらかした!「ぼったくりバーで5分20万円」!2019年初詣 社長のお賽銭…

秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】

文・絵/牧野良幸今回は小津安二郎監督の『秋刀魚の味』である。1962年(昭和37年)のカ…

藻岩山 家から見える1番いい眺めはここ!|「札幌」「仙台」「広島」「福岡」の眺望ランキング ベスト10

札幌・仙台・広島・福岡の街 ~眺望ランキング ベスト10~ 家から見えると嬉しい景色は?眺め…

メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 【ビジネスの極意】メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法

現代の社会人とは切り離せないストレス。特に部下のストレスへの配慮に悩む上司も多いことだろう。…

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

日本美術

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

    取材・文/田中昭三「庭園画」とは、読んで字のごとく、日本庭園を描いた絵画のことをいう。江戸時代に京都と江戸を中心に発展し、大名や文人たちが精魂込めて造った庭園をいろいろな手法を駆使して描いたものである。ちょうどいま、静岡県立…

  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万都市の江戸は世界に冠たる庭園都市だった。なぜなら…

  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとん…

  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

    取材・文/角山祥道自然と「いのち」を描き続ける日本画家・堀文子さんは今夏、99歳となった。世…

  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニッポンの国宝ファイル13】

    奈良・斑鳩の法隆寺で、「夢殿」の秘仏『救世観音(くせかんのん)』が秋期公開中だ(〜11月22日まで)…

  6. 国宝「雪松図屏風」雪を描かずに雪を描いた天才・円山応挙の傑作【ニッポンの国宝ファイル14】

  7. 国宝『鳥獣人物戯画』に盛り込まれた“日本人が大好きなもの”とは【ニッポンの国宝ファイル12】

  8. なぜ十字架が!? 国宝「姫路城」に残された謎のキリシタン瓦の怪【ニッポンの国宝ファイル11】

  9. 京都をまるごと屏風に!国宝「洛中洛外図屏風 上杉本」は細部が面白い【ニッポンの国宝ファイル10】

  10. 国宝「三十三間堂」の“33”という数字に秘められた意味とは【ニッポンの国宝ファイル9】

  11. 現存3点がすべて国宝「曜変天目」瑠璃色のミステリー【ニッポンの国宝ファイル8】

  12. 遅咲きには理由があった!? 画聖・雪舟は「不器用な画僧」だった

  13. 国宝「伝源頼朝像」誰が誰を描いたのか?謎すぎる肖像画【ニッポンの国宝ファイル7】

  14. 国宝「燕子花図屏風」に秘められた光琳の斬新すぎるアイデア【ニッポンの国宝ファイル5】

  15. 発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

  16. 最も小さな国宝「金印」には可愛い蛇がとぐろを巻いている【ニッポンの国宝ファイル6】

  17. 国宝・松林図屏風は靄と謎に包まれた水墨画の最高峰【ニッポンの国宝ファイル4】

  18. 国宝・金剛力士像とヘラクレス像の腹筋対決!【ニッポンの国宝ファイル3】

  19. 国宝・風神雷神図屏風の雷神様の「愛嬌」のヒミツ【ニッポンの国宝ファイル2】

  20. サライ2017年8月号|特集は「くらべる日本美術」と「青春18きっぷ活用術」です

PAGE TOP