新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

国宝『鳥獣人物戯画』に盛り込まれた“日本人が大好きなもの”とは【ニッポンの国宝ファイル12】

誰もが見て「カワイイ!」と声を発するであろう国宝『鳥獣人物戯画』(京都・高山寺蔵)は、絵巻なのに詞書がない不思議な絵巻である。それなのに、なぜか違和感はない。それは「絵」が私たちに饒舌に語りかけてくるからだ。

詞書なき絵巻『鳥獣人物戯画』の魅力はどこにあるのだろうか。

『週刊ニッポンの国宝100』p26-27「国宝名作ギャラリー」より

『鳥獣人物戯画』は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の4巻から構成される。甲巻と乙巻は12世紀後半、丙巻・丁巻は13世紀半ばまでに成立したとされ、各巻で筆致が違うことから複数の絵師によるものだといわれている。これだけ有名なのに、誰がいつ、何のために描いたのかはわかっていない。

『鳥獣人物戯画』の中には、日本人が大好きなものがたっぷりつまっている。

日本人は犬や猫などの小動物が大好き。『鳥獣人物戯画』の主要キャラクターは全部動物。甲巻に描かれた動物は、ウサギ、カエル、猿、狐、猫、ネズミ、キジ、テン、鹿、イノシシ、ミミズクの11種類。彼らが所せましと動き回る。

次に、擬人化されていること。「艦これ」とか「刀剣乱舞」とか、とにかく日本人は擬人化が大好き。その元祖が『鳥獣人物戯画』だ。ウサギとカエルが相撲を取ったり、猿が読経したりと、人間そっくりの行為をしながら、それでいて、ちゃんと動物なのだ。そこが人を魅了する。

その表情やしぐさにも個性があって、こいつはずるがしこい、こいつはおっちょこちょいか? といったキャラ立ちも感じられる。ちなみに、鹿、イノシシ、ミミズクは擬人化されていない。なぜなのかはいまだ不明のままだ。

そして、墨1色で書かれた白描の絵がまるでマンガそっくりなこと。動物たちのユーモラスな表情としぐさに多くの人が思うはずだ、「吹き出し入れたい……」と。

そこまで人を魅了するのは、筆遣いが超絶上手いから。とくに見事なのが甲巻で、キャラクターたちのはつらつとした動きや軽妙なしぐさ、真剣な表情などが、柔らかな描線でのびのびと描かれている。

『週刊ニッポンの国宝100』(小学館)第6号「姫路城・鳥獣人物戯画」では、『鳥獣人物戯画』の一部のキャラクターが吹き出し入りの原寸で鑑賞できる。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

『週刊日本の国宝100』第6号「姫路城/鳥獣人物戯画」 (小学館)

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP