新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

国宝『鳥獣人物戯画』に盛り込まれた“日本人が大好きなもの”とは【ニッポンの国宝ファイル12】

誰もが見て「カワイイ!」と声を発するであろう国宝『鳥獣人物戯画』(京都・高山寺蔵)は、絵巻なのに詞書がない不思議な絵巻である。それなのに、なぜか違和感はない。それは「絵」が私たちに饒舌に語りかけてくるからだ。

詞書なき絵巻『鳥獣人物戯画』の魅力はどこにあるのだろうか。

『週刊ニッポンの国宝100』p26-27「国宝名作ギャラリー」より

『鳥獣人物戯画』は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の4巻から構成される。甲巻と乙巻は12世紀後半、丙巻・丁巻は13世紀半ばまでに成立したとされ、各巻で筆致が違うことから複数の絵師によるものだといわれている。これだけ有名なのに、誰がいつ、何のために描いたのかはわかっていない。

『鳥獣人物戯画』の中には、日本人が大好きなものがたっぷりつまっている。

日本人は犬や猫などの小動物が大好き。『鳥獣人物戯画』の主要キャラクターは全部動物。甲巻に描かれた動物は、ウサギ、カエル、猿、狐、猫、ネズミ、キジ、テン、鹿、イノシシ、ミミズクの11種類。彼らが所せましと動き回る。

次に、擬人化されていること。「艦これ」とか「刀剣乱舞」とか、とにかく日本人は擬人化が大好き。その元祖が『鳥獣人物戯画』だ。ウサギとカエルが相撲を取ったり、猿が読経したりと、人間そっくりの行為をしながら、それでいて、ちゃんと動物なのだ。そこが人を魅了する。

その表情やしぐさにも個性があって、こいつはずるがしこい、こいつはおっちょこちょいか? といったキャラ立ちも感じられる。ちなみに、鹿、イノシシ、ミミズクは擬人化されていない。なぜなのかはいまだ不明のままだ。

そして、墨1色で書かれた白描の絵がまるでマンガそっくりなこと。動物たちのユーモラスな表情としぐさに多くの人が思うはずだ、「吹き出し入れたい……」と。

そこまで人を魅了するのは、筆遣いが超絶上手いから。とくに見事なのが甲巻で、キャラクターたちのはつらつとした動きや軽妙なしぐさ、真剣な表情などが、柔らかな描線でのびのびと描かれている。

『週刊ニッポンの国宝100』(小学館)第6号「姫路城・鳥獣人物戯画」では、『鳥獣人物戯画』の一部のキャラクターが吹き出し入りの原寸で鑑賞できる。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

『週刊日本の国宝100』第6号「姫路城/鳥獣人物戯画」 (小学館)

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP