新着記事

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

取材・文/田中昭三

江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとんどに大きな池泉庭園が設けられていた。残念ながら、それらはすべてといっていいほど取り壊されてしまった。では、どんな庭があったのか。それを伝えてくれるのが、庭園画である。

たとえば尾張藩下屋敷、通称戸山山荘の一画を描いた「戸山御庭之図」がある。

「戸山御庭之図」より小田原宿。寛政5年(1793)、将軍家斉が戸山山荘を訪れたとき、随行者の成島龍洲(なるしまりゅうしゅう)が描いたスケッチの模本。徳川美術館蔵

尾張藩下屋敷は、いまの早稲田大学一帯にあった。広さは東京ドームの10倍弱。敷地内に大小の池を掘り、その間を水路で結んだ。池を掘った土では高さ44.6mの箱根山が築かれた。これは江戸市中の最高峰であった。徳川11代将軍の家斉(いえなり、在位1787~1837)は、ことのほかこの山荘がお気に入りだったという。

「戸山御庭之図」には、山荘の一画に再現された小田原宿の街並みが描かれている。街道沿いには花屋、紙屋、筆屋、酒屋など37軒の町屋が原寸大で造られ、間口の総延長は207mもあった。藩主がこの街道に足を運んだときには、家臣たちはエキストラとして商人に扮し店番をした。ある者は駕籠かきとなり、お殿様を乗せ遊び興じたという。

山荘全体は消滅したが、箱根山はいまも集合住宅に取り囲まれその高さを誇っている。「戸山御庭之図」は当時の大庭園都市だった江戸の面影をいまに伝える貴重な作品である。

*  *  *

そんな庭園画についての本格的な展覧会『美しき庭園画の世界』展が、いま静岡県立美術館でが開かれている(~2017年12月10日まで)。

もともと15世紀以降、中国の明・清国で盛んに描かれるようになった。その中心地は、中国屈指の庭園都市・蘇州である。日本では17世紀の江戸時代に入ってから庭園画というジャンルが成立した。

「桃李園図」。作者の仇英(1494頃~1552頃)は明時代の画家。古代の有名な庭園である桃李園を描いたもの。満開の桜の下で4人の人物が詩会を催している。重文、知恩院蔵

本展では、まず日本の庭園画に深い影響を与えた中国の作品を取り上げ、続いて日本国内でどのように発展したのかを全78点の作品で紹介している。最近の研究成果が盛り込まれており、日本美術の新しい側面を知ることができる。

美術ファンとしては意表をつかれた感のある画期的な展覧会であるが、一方、庭好きの立場からすると、ふたつの楽しみ方がある。ひとつは先の「戸山御庭之図」のように、庭園画を通して過去に消滅した庭を知ること。もうひとつは、いまも鑑賞できる庭がどのように描かれているかを知る楽しみである。

かつて存在した江戸の名園たちの姿を眺めに、足を運んでみてはいかがだろうか。

【開催概要】
『美しき庭園画の世界‐江戸絵画にみる現実の理想郷』
■会場:静岡県立美術館
■会期:開催中~12月10日(日)まで。
■電話:054・263・5755
■時間:10時~17時30分(入室は17時まで)
■休館日:月曜
■入館料:800円

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP