新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

取材・文/田中昭三

江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとんどに大きな池泉庭園が設けられていた。残念ながら、それらはすべてといっていいほど取り壊されてしまった。では、どんな庭があったのか。それを伝えてくれるのが、庭園画である。

たとえば尾張藩下屋敷、通称戸山山荘の一画を描いた「戸山御庭之図」がある。

「戸山御庭之図」より小田原宿。寛政5年(1793)、将軍家斉が戸山山荘を訪れたとき、随行者の成島龍洲(なるしまりゅうしゅう)が描いたスケッチの模本。徳川美術館蔵

尾張藩下屋敷は、いまの早稲田大学一帯にあった。広さは東京ドームの10倍弱。敷地内に大小の池を掘り、その間を水路で結んだ。池を掘った土では高さ44.6mの箱根山が築かれた。これは江戸市中の最高峰であった。徳川11代将軍の家斉(いえなり、在位1787~1837)は、ことのほかこの山荘がお気に入りだったという。

「戸山御庭之図」には、山荘の一画に再現された小田原宿の街並みが描かれている。街道沿いには花屋、紙屋、筆屋、酒屋など37軒の町屋が原寸大で造られ、間口の総延長は207mもあった。藩主がこの街道に足を運んだときには、家臣たちはエキストラとして商人に扮し店番をした。ある者は駕籠かきとなり、お殿様を乗せ遊び興じたという。

山荘全体は消滅したが、箱根山はいまも集合住宅に取り囲まれその高さを誇っている。「戸山御庭之図」は当時の大庭園都市だった江戸の面影をいまに伝える貴重な作品である。

*  *  *

そんな庭園画についての本格的な展覧会『美しき庭園画の世界』展が、いま静岡県立美術館でが開かれている(~2017年12月10日まで)。

もともと15世紀以降、中国の明・清国で盛んに描かれるようになった。その中心地は、中国屈指の庭園都市・蘇州である。日本では17世紀の江戸時代に入ってから庭園画というジャンルが成立した。

「桃李園図」。作者の仇英(1494頃~1552頃)は明時代の画家。古代の有名な庭園である桃李園を描いたもの。満開の桜の下で4人の人物が詩会を催している。重文、知恩院蔵

本展では、まず日本の庭園画に深い影響を与えた中国の作品を取り上げ、続いて日本国内でどのように発展したのかを全78点の作品で紹介している。最近の研究成果が盛り込まれており、日本美術の新しい側面を知ることができる。

美術ファンとしては意表をつかれた感のある画期的な展覧会であるが、一方、庭好きの立場からすると、ふたつの楽しみ方がある。ひとつは先の「戸山御庭之図」のように、庭園画を通して過去に消滅した庭を知ること。もうひとつは、いまも鑑賞できる庭がどのように描かれているかを知る楽しみである。

かつて存在した江戸の名園たちの姿を眺めに、足を運んでみてはいかがだろうか。

【開催概要】
『美しき庭園画の世界‐江戸絵画にみる現実の理想郷』
■会場:静岡県立美術館
■会期:開催中~12月10日(日)まで。
■電話:054・263・5755
■時間:10時~17時30分(入室は17時まで)
■休館日:月曜
■入館料:800円

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP