新着記事

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

最も小さな国宝「金印」には可愛い蛇がとぐろを巻いている【ニッポンの国宝ファイル6】

数あるニッポンの国宝のなかで“最も小さな国宝”が、「金印」(福岡市博物館蔵)である。「漢委奴国王」の5文字が印面に彫られており、『後漢書』「東夷伝」に光武帝が紀元57年に倭(わ)の奴国王(なこくおう)に下賜したと記述されている印だと考えられている。

「奴国」とは、『三国志』「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に、邪馬台国(やまたいこく)、投馬国(とうまこく)に次ぐ大きな国と記された国で、今の福岡市から春日市一帯にあったと考えられている。

当時、金製の「印」は漢の諸侯王に与えられるものだった。つまり奴国が後漢王朝に朝貢使節を派遣したところ、光武帝から「おまえを諸侯の1人に認めるぞ」として贈られたものなのだ。

ちなみにこの「金印」は文字のほうが彫られてくぼんでおり、今の印鑑のように朱肉を押して使うものではなかった。「封泥(ふうでい)」といって、文書を入れた荷にかけた紐の結び目を粘土の塊で封じた上に、この印を押して文字を浮かび上がらせ、文書の盗み見を防いだものだという。

*  *  *

さて、この金印の印台の上には小さなつまみ(「鈕(ちゅう)」)がついている。そこには、小さな蛇がとぐろを巻きながら振り返っているのをご存じだろうか。

中国の漢代の印では、このつまみの部分にさまざまな動物が用いられている。皇帝や皇后は伝説の動物をかたどった「螭虎鈕(ちこちゅう)」、皇太子や大将軍などの高官は「亀鈕(きちゅう)」、諸侯王と北方異民族はラクダをかたどった「駝鈕(だちゅう)」、そして南方の諸民族には「蛇鈕(じゃちゅう)」が与えられた。つまり奴国は南方の民族と誤解されていたらしい。

「金印」のつまみに描かれた蛇には、小さな丸い文がびっしり描かれている。その数127個。ちなみにそのうちの2つはくりくりとした目である。

では残り125個の丸文は何かというと、蛇のウロコを表している。この文様は魚卵のように見えることから「魚子(ななこ)」と呼ばれる彫金技法。その造形をさらに際立たせているのが、なんといっても純度の高い金の煌きだろう。

*  *  *

この「金印」は、江戸時代の天明4年(1784)、志賀島(しかのしま。福岡市)の田んぼの中から農民によって発見された。何でも、田んぼの溝にあった大きな石が邪魔なので、二人がかりで持ち上げたら、光り輝くものが出てきた、という。まるで『竹取物語』みたいな話である。

その純度は95.1%。およそ23金に相当するという。そのため、こんなに小さいのに、108.729グラムもあるという。手のひらに載せてみたいが、かなうはずもない。じっくりと見たいが、あまりに小さすぎてそれも難しい。

『週刊ニッポンの国宝100』3号「燕子花図屏風・金印」(小学館)では「金印」を5倍と10倍のスケールで大きく拡大して掲載されており、まるで拡大鏡で見るように細部がよくわかる。

『週刊ニッポンの国宝100』第3号p26-27より国宝「金印」

実物は京都国立博物館で開催中の「国宝」展にも出展される。ただし「金印」の展示期間は10月31日~11月12日までなので要注意だ。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

週刊『ニッポンの国宝100』第3号「燕子花図屏風・金印」(小学館)

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP