新着記事

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

国宝・松林図屏風は靄と謎に包まれた水墨画の最高峰【ニッポンの国宝ファイル4】

『松林図屏風』(六曲一双、東京国立博物館蔵)の左隻は第3扇と第4扇の間で紙継ぎがずれている?(『週刊ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士立像・松林図屏風」より)

取材・文/まなナビ編集室

色は墨の濃淡のみ。描かれるのは松のみ。これが水墨画の最高傑作のひとつとして名高い、長谷川等伯の『松林図屏風』だ。

しかしこれだけ名高いにもかかわらず、謎の多い絵でもある。知れば知るほど深みにはまる『松林図屏風』の謎と魅力とは。

■いつ、誰のために書かれたのかわからない

2013年に東京国立博物館がWEBサイト上で行った人気投票「あなたが観たい国宝は?」で見事一位に輝いたのが、まさにこの長谷川等伯の『松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)』だった。

長谷川等伯は豊臣秀吉の活躍した桃山時代に、水墨画の名手として活躍し、千利休らとも交流のあった絵師である。等伯が50代半ばにして、まさに絵師としてのピークに描かれたのが、国宝『松林図屏風』だ。

使われた色は墨のみ。描かれたのは松のみ。強いて言えば松と靄(もや)のみだ。離れて観るほど立体的に見えるのは、墨の濃淡で遠近感を出し、奥行きを感じさせているからだ。

松は靄に飲み込まれ、靄からぬっと顔を出す。そこに描かれているのはすべてを飲み込む、日本の湿った空気かもしれないと思えるほどだ。

あまりに有名な名作だが、意外に謎が多いという。そのひとつが、いつ、誰のために描かれたものなのかわからないことだ。

■不自然すぎる紙継ぎ

『松林図屏風』は六曲一双の屏風に仕立てられてはいるが、『週刊ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士立像・松林図屏風」(小学館)の解説によれば、不規則な紙継ぎの跡が見られるという。右隻の第2扇と第3扇、左隻の第3扇と第4扇の間で紙継ぎがずれているのだ。

左右隻の紙継ぎラインを合わせると、上図のとおり左右の屏風の高さがずれてしまう。そのため襖絵などの下絵を切り貼りして屏風に仕立てたのではないかともいわれているが、真偽のほどはわからない。

また、よく見ると、左隻の第6扇の左端の中ほどに、ちょこっと松の小枝がのぞいている。これは右隻第1隻に続くもので、要するに左隻と右隻はもともと逆だったのではないか、という説の論拠となっている。

とにもかくにも、謎多き名作なのである。

■無造作なのに繊細、荒々しいのにしっとり

『週刊ニッポンの国宝100』2号では『松林図屏風』の一部が原寸で見られる。そこに発見するのは、驚くほどのスピード感に満ちた松の葉の筆致だ。

墨をはね散らすように筆を動かしたり、生乾きの墨を擦りつけるように筆を動かしたり、といった技法を駆使したものではといわれている。

しかもこれだけ荒々しいのに、筆の運びの強弱は絶妙にコントロールされており、無造作なのに繊細、荒々しいのにしっとり。相反するものが書き直しのできない水墨画で奇跡的に共存している。しかもこれだけの大画面で。

遠くから見ると茫漠と広がる松林の世界。しかし原寸で見ればエネルギッシュで気迫に満ちた世界。『松林図屏風』はどれだけ見ても飽きることがない。

■週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

週刊『ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士・松林図屏風」(小学館)価格680円

週刊『ニッポンの国宝100』2号の付録は運慶名作ポストカードブックです。

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP