新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

取材・文/渡辺倫明

かつて存在が認められていた、雪舟(せっしゅう)の幻の一作がついに見つかり、間もなく公開される。日本を代表する水墨画の巨匠・雪舟の真筆が発見されることは極めて稀であるだけに、要注目の展覧会だ。

雪舟等楊『倣夏珪山水図』一幅、紙本墨画淡彩、30.1×30.8㎝、室町時代。新発見された一作。雪舟は、自らが生きた時代より200年以上も遡る中国の画家・夏珪(かけい)に私淑。山水画のスタイルを確立するために最大の規範とした。日本の水墨画家にとって、当時のトップブランドだった中国画家の作風を描けることは、必須条件だったのだ。個人蔵(山口県立美術館寄託)

新聞等の既報によりご存知の方も多いと思うが、この度、雪舟の真筆が発見され、史上初めて一般に公開されることになった。新たに見出された『倣夏珪山水図』は、雪舟がおよそ550年前に描いた団扇形の作品。

雪舟による同形の作品は少なくとも12図が描かれ、江戸時代まで伝来していたことが研究者の間では広く知られていた。それは、江戸時代前期の狩野派の絵師・狩野常信が、雪舟の団扇形の12図を模写し、巻子仕立てにした『流書手鑑』(東京国立博物館蔵)という作品を残したことによる。

しかも、12図のうちの6図は原本が現存。一般に「倣古図」(過去の名画に倣って描かれた絵画の意)と呼ばれるシリーズで、いずれもが重要文化財に指定され、京都国立博物館、岡山県立美術館に1点ずつ、山口県立美術館と個人にそれぞれ2点ずつが収蔵されているのである。

この度の新出作品が真筆であると鑑定された根拠のひとつも、これら現存6点と常信の模本との距離感、同一性などから導き出された結論であった。

鑑定に当たった美術史家で明治学院大学教授の山下裕二さんは次のように語る。

「常信は落款の書体に至るまでかなり忠実に模写しており、その模本と原本との距離感は既に知られている6図とまったく同様のものでした。何よりこの作品と初めて対面したとき、私は即座に雪舟真筆だという確信をもちました。その後、信頼する雪舟研究者である島尾新氏(学習院大学教授)、山本英男氏(京都国立博物館学芸部長)、荏開津通彦氏(山口県立美術館普及課長)にも実見していただき、同様の見解を示していただいた。40年来の雪舟研究の中で、衆目が一致する真筆作品が出現したのは初めてのことです」

本作は、作品が寄託される山口県立美術館で10月31日より開催予定の『雪舟発見!展』で初公開される(~2017年12月10日まで)。幻の雪舟作品を実見できるまたとない機会。ぜひ現地でご堪能いただきたい。

【展覧会概要】
「雪舟発見!展」
会場:山口県立美術館
■所在地:山口県山口市亀山町3―1

■電話:083-925-7788
■会期:10月31日~12月10日
■開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
■休館日:月曜(祝日の場合は開館)
■観覧料:一般500円

また隣接する防府市の毛利博物館では、同じく「夏珪スタイル」で描かれた雪舟の代表作で、同館所蔵の国宝『四季山水図( 山水長巻)』を展示する「特別展 国宝」を11月1日より開催。珠玉の雪舟を見る絶好機である。

※この記事は『サライ』本誌2017年11月号より転載しました(取材・文/渡辺倫明)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP