新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

国宝「伝源頼朝像」誰が誰を描いたのか?謎すぎる肖像画【ニッポンの国宝ファイル7】

 

源頼朝と聞いてイメージするのは、長い間歴史教科書に載っていたあの端正な肖像画、国宝「伝源頼朝像」(神護寺蔵)であろう。ところが近年、この肖像は源頼朝ではないとされ、教科書から姿を消した。

日本の肖像画の最高峰とも謳われるこの絵には、このほかにもいくつかの謎がある。

『週刊ニッポンの国宝100』第4号の「国宝原寸美術館」より

この「伝源頼朝像」は、「伝平重盛像」「伝藤原光能像」とともに、京都・神護寺に「神護寺三像」として所蔵される、絹本着色による三幅の肖像画の一つである。描かれたのは12~14世紀とされている。

1995年、この三幅を奉納した際の「足利直義願文」にある記述から、「伝源頼朝像」は頼朝の肖像ではなく足利直義(尊氏の弟)を描いたものだとする新説が発表された。ちなみに新説では、ほかの二つも、足利尊氏とその息子の義詮(よしあきら)だという。

この絵が鎌倉期のものなのか、南北朝期のものなのか、未だに論争は決着していない。しかし、この精緻で写実的、技巧を凝らした「伝源頼朝像」が、日本の肖像画の最高傑作であることは疑いもない。

*  *  *

この肖像画を一目見て誰もが感じること、それは「大きい!」ということだ。

どれくらい大きいかというと、タテ約1メートル43センチ、ヨコ約1メートル12センチの大きな絵絹に、ほぼ等身大で描かれているのだ。これだけ大きいと、通常は何枚かの絵絹を継ぎ足して使うのだが、1枚の大きな絵絹が使われている。世俗の人物をこれほど大きく描いたケースは、先例がないという。

次に目がいくのは、折り紙のような装束だろう。これは平安末期から鎌倉時代にかけて流行した「強装束(こわしょうぞく)」と呼ばれるもので、袍(ほう)を糊付けして固めたもの。ものすごく糊のきいた浴衣やワイシャツを想像してみるとわかりやすいだろう。

この直線的な強装束をまとった人物が、四角い画面の中に三角形の構図で座っている。このシンプルで幾何学的な構図が、観る者に強いな印象を与える。

もうひとつ触れておかなければならないのは、涼やかなまなざしをもつ、そのリアルな相貌だろう。とくにその目の美しさが際立つ。何本もの墨の細線を糸のように紡いで一本の線を作り出し、それによって生じる微妙な濃淡によって立体的な墨線を生み出しているのだ。

また、鼻梁や顎などには微妙な陰影をつける淡い主のくま取りが施されている。髪の毛やひげなども糸のように繊細に描かれ、これまた細線で描かれたまつ毛が、ただでさえ切れ長の目をいっそうシャープに見せている。

*  *  *

この「伝源頼朝像」は、京都国立博物館で開催されている開館120周年記念特別展覧会「国宝」展でも公開される(展示期間は10月31日~11月26日)。ぜひその目で、そのすばらしさ、大きさを感じてほしい。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

また『週刊ニッポンの国宝100』第4号「伝源頼朝像・曜変天目」では、この相貌を原寸で見られる。博物館のガラスケースには顔をくっつけられないが(くっつけてもここまでは大きく見えない)、誌面には顔をくっつけて見られる。謎のイケメン武将に頬ずりすることだって可能だ。

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

『週刊日本の国宝100』第4号「伝源頼朝像/曜変天目」 (小学館)

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP