新着記事

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

国宝・金剛力士像とヘラクレス像の腹筋対決!【ニッポンの国宝ファイル3】

腹筋が割れてなければ男にあらず、と言わんばかりの腹筋ブーム。じつは誰でも腹筋は割れていて、脂肪が上に覆いかぶさって見えなくなっているだけらしいのだが、表にみえなきゃ話にならないということらしい。

では日本一の腹筋仏像はというと、これが東大寺南大門の金剛力士立像なのだ。

『週刊ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士立像・松林図屏風」より。ヘラクレス像と金剛力士立像の誌上腹筋対決。

9月26日火曜日から、東京国立博物館(東京・上野)で、史上最大規模の運慶展「興福寺中金堂再建記念特別展 運慶」が始まる。運慶は平安時代から鎌倉時代にかけての動乱の時代に、奈良や京都で活躍し、数多くの仏像を遺した仏師だ。生涯に制作したといわれる仏像は31体。そのうち22体が結集する、まさに史上最大の運慶展といってもよい規模となる。

しかし、運慶の作品で、最も知られている奈良・東大寺南大門の金剛力士立像は出展されない。大きすぎるからだ。南大門に向かって左側に立つのが阿形(あぎょう)、右側に立つのが吽形(うんぎょう)だが、ともに高さは8メートルを超え、重量は阿形約6.7トン、吽形約6.9トン。さすが日本一巨大な大仏殿の表門に立つ、日本最大の木彫像である。

さすがにこれは動かせない。奈良に行って仰ぎ見るしかないのだ。

国宝の金剛力士立像は、この東大寺南大門の1組、東大寺法華堂の1組、興福寺国宝館にある1組、この3組のみだ。南大門と興福寺の金剛力士立像は上半身裸だが、法華堂の金剛力士立像は鎧をつけている。この筋肉のつき方が比べて見ると面白い。

東大寺南大門の金剛力士立像は筋肉もりもり腹筋割れ割れで俗にいうバルキーな体型だ。かたや興福寺の金剛力士立像は暗黒舞踏を思わせるダンサー体型。『週刊ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士立像・松林図屏風」では、これら3組が一堂に見られる。

しかし今回、瞠目したのが、ヘラクレスと金剛力士立像の腹筋対決だ。

じつは金剛力士立像の大元はギリシャ神話最大の英雄・ヘラクレスだという説がある。西側世界のヒーローが、アレクサンドロス大王の東征以降、インドや中国の仏教文化と融合し、日本へと流入して今の金剛力士像になったというのだ。その元祖ヘラクレスと、東方の末裔・金剛力士立像の誌上腹筋対決が上の画像である。

『週刊ニッポンの国宝100』2号の説明によれば、ヘラクレスは「たくましく青年らしい理想的な筋骨だが、半神半人でありながら人間と一寸かわらぬ肉体造形」、金剛力士立像は「生きているかのような肉体表現を追求しながらも、人体とは明らかに異なる超常的な筋肉や動きを誇示している」と解説している。

イタリアと日本のマッチョ対決。あなたの好みはどちらだろうか。

■週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

週刊『ニッポンの国宝100』2号「東大寺金剛力士・松林図屏風」(小学館)価格680円

週刊『ニッポンの国宝100』2号の付録は運慶名作ポストカードブックです。

【展覧会情報】
『興福寺中金堂再建記念特別展 運慶』
史上最大の運慶展ということで、国宝「無著菩薩立像・世親菩薩立像(むじゃくぼさつりゅうぞう・せしんぼさつりゅうぞう)」(興福寺蔵)など運慶の代表作が展示されるほか、運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までが展覧できる。

■会場:東京国立博物館(東京・上野)
■会期:9月26日(火) 〜11月26日
■時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで。ただし、金曜・土曜および11月2日(木)は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし月曜が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館)
■料金:一般 1600円
■問い合わせ先:03-5777-8600 (ハローダイヤル)

取材・文/まなナビ編集室 写真協力/小学館

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」(http://mananavi.com/)からの転載記事です。

※大学の公開講座が検索できる、学びたい大人のための情報検索ポータル『まなナビ』(運営:小学館)ができました。お近くの公開講座探しにご利用ください。
↓↓↓
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト
http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP