新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

現存3点がすべて国宝「曜変天目」瑠璃色のミステリー【ニッポンの国宝ファイル8】

テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)に鑑定のため持ち込まれた茶碗が「曜変天目(ようへんてんもく)」と鑑定され、物議をかもしたことは記憶に新しい。それほどまでに「曜変天目」は珍しいものだ。

完全な状態の「曜変天目」は3点(静嘉堂文庫美術館蔵、藤田美術館蔵、大徳寺龍光院蔵)しか現存せず、そのすべてが国宝に指定されている。いまだにその技法は謎だという、ミステリアスな茶碗だ。

『週刊ニッポンの国宝100』第4号の裏表紙に掲載された静嘉堂文庫美術館蔵「曜変天目(稲葉天目)」

中国・浙江(せっこう)省にある天目山。仏教の聖地として知られ、平安時代から鎌倉時代、日本からも多くの僧侶が修行に訪れた。そこで学んだ僧侶が日本に持ち帰った黒釉(こくゆう)茶碗をさして「天目」という。そしてのちに、黒釉のかかった喫茶用の茶碗を「天目茶碗」と呼ぶようになったのである。

中でも南宋時代(12─13世紀)に福建省の建窯(けんよう)で焼かれたものは、高台が小さく「天目形(てんもくなり)」と呼ばれる端正な鉢型をしていて、黒く艶のある色合いで有名であった。その中に、ごくまれに瑠璃(るり)色に煌(きらめ)くような斑紋が現れるものがあり、それを「曜変天目」と呼ぶ。

つまり「曜変天目」も中国から持ち込まれた茶碗なのである。しかし中国には今、残っていない。完全な状態の「曜変天目」は世界に3点しかなく、3点とも日本に現存している。静嘉堂文庫美術館、藤田美術館、大徳寺龍光院蔵が所蔵し、すべて国宝に指定されている。

なぜ中国に残っていないのか、どのように製作されたのか、すべてが謎の中にある。

*  *  *

「曜変」の名は、焼成する時に窯の中で釉薬の色が変化することを表す「窯変(ようへん)」に、光り輝くという意の「曜(燿)」の字を当てたもので、「燿変」とも書かれる。

『週刊ニッポンの国宝100』(小学館)第4号「伝源頼朝像・曜変天目」では、とりわけ美麗な虹色の光彩を放つ、静嘉堂文庫美術館の「曜変天目」について、15ページにわたって取り上げている。とくに内部を超拡大して掲載した「国宝名作ギャラリー」は圧巻。漆黒の釉の上に、瑠璃色の斑紋がまるで星のごとくに浮かび、まさに「曜(燿)変」だ。

ちなみにこの茶碗は、徳川家光が乳母である春日局に贈ったものが、その後代々、淀城主である稲葉家に伝えられたもので、「稲葉天目」の別名も持っている。

*  *  *

「曜変天目」に魅せられ、日本でその再現に挑んでいるのが、愛知県瀬戸市の陶芸家、長江惣吉さんだ。長江さんによれば曜変の模様は蛍石という鉱石を熱することで生じる酸性ガスによって生まれる、という。長江さんは「曜変天目」を生んだ中国の建窯に合計28回、8年間通い、約80トンもの建窯の土を日本に運び込んだ。

「結局、建窯の真ん中で採れた黒土と赤土が最適でした。釉薬の原料も建窯の近くで入手しました。(中略)蛍石を用いた方法に失敗して、茶碗が白変したことがありました。ところが同様の白い陶変が、建窯の窯跡周辺からも見つかっているんです。これこそが、自分の方法が間違っていない証だと確信しました」(『週刊ニッポンの国宝100』第4号「伝源頼朝像・曜変天目」)。

800年以上も謎のまま人を魅了してきた「曜変」。その謎が解き明かされる日も近いかもしれない。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

『週刊日本の国宝100』第4号「伝源頼朝像/曜変天目」 (小学館)

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP