新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2017年8月号|特集は「くらべる日本美術」と「青春18きっぷ活用術」です

↑↑↑表紙写真をクリックすると8月号が試し読みできます。

『サライ』2017年8月号は、美術鑑賞の勘所を手引する「くらべる日本美術」の大特集に、「青春18きっぷ」の汽車旅特集をあわせ、さらに「運転寿命を延ばす」のクルマ特集も入った、盛りだくさんの内容です。おなじみ、いいものいっぱい通販別冊『大人の逸品』も付いてます。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
相似に感動、相違に納得。並べてみれば、見方がわかる
くらべる「日本美術」

『サライ』8月号の表紙には、ふたりの人物画が並んでいます。ひとりは葛飾北斎の描いた相撲取り、もうひとりはエドガー・ドガの描いたバレリーナです。国もジャンルもまったく関係なさそうな両者ですが、絵を見ると、北斎の相撲取りもドガのバレリーナも、どちらも背中を見せ腰に手を当てているポーズが、驚くほど一致しているのです。

偶然の一致にしては不自然なほどの一致。じつはドガは、北斎の描いた相撲取りの何気ないポーズを、自分が得意とする踊り子の描画に取り込んだのです。

何らかの作品を見て“感動する”という体験は、美術鑑賞の最も根源的な愉しみのひとつですが、実はその感動体験に至る近道が「くらべる」ということにあるのです。

そこで今回のサライの美術特集は「くらべる日本美術」と題し、東西の名品同士を時空を超えて出会わせ比べてみるという、美術の新しい楽しみ方・味わい方の極意を紹介します。

第1部では「東西名品較べ」と題し、西洋美術と日本美術の名品を見比べていきます。雪舟とモンドリアン、写楽とエゴン・シーレ、樂茶碗とマルセル・デュシャン、等伯とターナーなどなど、比べてビックリなるほど仰天の意外すぎる取り合わせが目白押しです。

第2部では「時空を超えて名画は出合う」と題し、富士山、美人、虎、大樹といったモチーフごとに、古今の日本美術の表現を比べていきます。

サライ渾身の美術特集。この特集を読めば、美術観賞の勘所がわかります。

 

【夏旅特集】40歳、サバを読もう
58歳からの「青春18きっぷ」

春・夏・冬の年に3回販売される「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車の自由席に乗り放題で、途中下車もできるお得なきっぷ。「青春18」とありますが、年齢に関わらず誰でも利用できることから、サライ世代の愛好者が増えています。

今号ではこの青春18きっぷを使った魅力的な旅をご紹介しています。

作家の川本三郎さんは映画『男はつらいよ』のロケ地を巡り、居酒屋探訪家の太田和彦さんは新潟県内の酒蔵や居酒屋を訪ね、写真家の川井聡さんは枕崎駅(鹿児島県)から稚内駅(北海道)まで日本を縦断する9泊10日で3233.6kmの列車の旅を楽しみました。

きっぷを利用する上で知っておきたいルールもわかりやすく解説しています。

この夏はサライの記事を参考に、青春18きっぷでのんびり贅沢な汽車旅を愉しんでみてはいかがでしょうか。

※「サライ.jp」では川井聡さんの〈9泊10日〉日本縦断3233.6キロの旅の実録ロングバージョンを連載しています。
↓↓↓
実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅

 

【特別企画】サライ世代の「運転寿命」を延ばす
安全・安心の車選び

年を重ねると、どうしたって視力も運動能力も落ちてきます。となると心配になるのがクルマの運転ですが、昨今は多くの各自動車メーカーによって、先進技術を駆使した安全装備を開発され、新型車にぞくぞくと搭載されているのです。

衝突回避や姿勢サポートなど、年を重ねても安心して運転できるクルマを実現する、最新の安全機能や実力を案内します。

*  *  *

いかがでしょうか? 知る喜びとともに美術の新しい楽しみ方を提案する特集「比べる日本美術」に、時間をかけてのんびり行きたい「青春18きっぷ」を使った旅の手引と、年を重ねるごとに気になる「自動車の安全性」の手引までをあわせた、盛りだくさんの『サライ』8月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ8月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  2. 1日目《函館から苫小牧へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  3. 天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅
  4. 【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】0日目~旅の序章《旅立ち…
  5. 「ラファエル前派」の傑作名画に出会える英国美術館巡り
PAGE TOP