新着記事

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

なぜ十字架が!? 国宝「姫路城」に残された謎のキリシタン瓦の怪【ニッポンの国宝ファイル11】

2015年春、5年半にも及ぶ平成の大修理を終えて、美しく生まれ変わった国宝・姫路城(兵庫県)。世界遺産にも登録されている日本を代表する城郭だ。

外観は白漆喰で塗り籠められた「白鷺城(しらさぎじょう)」とも呼ばれる優美な姿、内部は戦闘の場としての武骨な造り。それが姫路城の魅力だ。

「白鷺城」の姿を取り戻した姫路城

『週刊ニッポンの国宝100』(小学館)第6号「姫路城・鳥獣人物戯画」は、姫路城の見どころを写真と図版で紹介しているが、なかでも目をひくのが、特集「国宝原寸美術館」で紹介されている、黒田官兵衛ゆかりといわれる「にノ門櫓」の鬼瓦、“キリシタン瓦”だ。写真のように、そこには十字の紋がある。

姫路城・にノ門櫓の“キリシタン瓦”。三巴紋(1)と十字紋(2)がある(『週刊ニッポンの国宝100』第6号より)

鬼瓦や軒丸瓦などには、その瓦を作った城主の家紋を意匠として入れる例がある。姫路城には、現在の天守を完成させた池田氏の揚羽蝶紋、羽柴氏の桐紋などが多く、十字紋はこの「にノ門櫓」のみである。

姫路城の歴史は、南北朝時代の1346年に赤松貞範(あかまつさだのり)が姫山に城を築いたことに始まる。約100年後に一時、山名持豊(やまなもちとよ)が治めたが、応仁の乱で赤松政則(あかまつまさのり)が城を落として領国を回復し、赤松氏一族の小寺(こでら)氏が城代となる。

1545年、小寺氏の重臣、黒田重隆(くろだしげたか)が姫路城を預かり、重隆・職隆(もとたか)父子が主君小寺氏の許しを得て本格的な城館としたといわれている。その職隆の子が、のちに名軍師・黒田官兵衛の名で称される孝高(よしたか)である。城代となった官兵衛は 1580年、羽柴秀吉の中国攻略の際に城を秀吉に献上し、翌年、秀吉は3層の天守を完成させる。

「にノ門櫓」の鬼瓦に残る十字紋は、まるで十字架のように見えることから、キリシタン大名だった官兵衛とのつながりが指摘されてきた。

しかし、官兵衛がキリスト教に入信したのは1584年といわれ、秀吉による3層天守完成よりも後のことだ。また、姫路城を献上した官兵衛は、秀吉より播州揖東郡など1万石を与えられて篠ノ丸(ささのまる)城の城主となっているから、官兵衛のいない姫路城の鬼瓦に影響を及ぼしたとは考えにくい。

“キリシタン瓦”の十字紋が十字架とかかわっているのか、もしそうだとして官兵衛ゆかりのものなのか。築城年代などを考えていくと、無理がありそうだが、官兵衛と姫路城との深い結びつきを想像させる話である。

ところで写真の十字紋の上や軒丸瓦に入っている三巴紋(みつどもえもん)は、松平家の家紋のひとつでもあるが、水を表す紋で、火除けの意味が込められていたとされている。

【開館120周年記念特別展覧会 国宝】
■場所:京都国立博物館(京都・東山)
■開催期間:10月3日(火)~ 11月26日(日)
■開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで。ただし金曜・土曜は21:00まで開館)
■休館日:月曜(ただし10月9日(月)は開館、10日(火)休館)
■料金:一般 1500円
■問い合わせ先:075-525-2473(テレホンサービス)

【週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト】
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

『週刊日本の国宝100』第6号「姫路城/鳥獣人物戯画」 (小学館)

取材・文/まなナビ編集室

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」からの転載記事です。
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト (http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP