新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

国宝・風神雷神図屏風の雷神様の「愛嬌」のヒミツ【ニッポンの国宝ファイル2】

圧倒的な躍動感が見るものを魅了する、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の傑作、国宝「風神雷神図屏風」(京都・建仁寺蔵)。そこに描かれた雷神は、恐ろしさを通り越した超ユニークな風貌で知られる。

今回は、その“愛嬌”のヒミツに迫ってみたい。

週刊『ニッポンの国宝100』創刊号より「風神雷神図屏風」のディテールアップ!

■本来は怒りで真っ赤な顔だった雷神が……

思わず「かわいい!」と声を上げたくなる、俵屋宗達の傑作『風神雷神図屏風』の雷神の表情。雷神を“かわいく”している要素のひとつは、まるで白粉を塗ったかに思えるような白い顔と、脅かす気満々のおどけた表情だ。

そもそも風神と雷神は、仏教美術に登場する一対の鬼神で、千手観音の眷属(けんぞく=従者)として絵画や彫刻などに描かれている。いわば脇役の地位に甘んじていたこの二つの神を、宗達は、一曲二双の金屏風の右端と左端に大胆に配し、その真ん中には、広大な金地の空間を作った。

そのため私たちは、風神・雷神が金色に輝く天空を思いのままに駆ける雄大な姿をイメージすることができる。しかしそのディテールを見てみると、上に挙げたように「かわいい!」と感じてしまうのだ。

実はこの絵で宗達は、本来怒りを象徴する赤色だった雷神を、初めて白色で表現したのだ!

■原寸で見ると、見えないものが見えてくる

上に挙げた画像は、週刊『日本の国宝100』(小学館)の創刊号「阿修羅・風神雷神図屏風」の中の特集のひとつ「国宝原寸美術館」のページ。国宝の“一部”を、“原寸”で見せる企画である。

もちろん、全部を原寸で見せるのはムリだが、一部だけなら誌面で見せられる……ということで、かわいい雷神のお顔とおみ足が、原寸で掲載されている。

思わず「踏んで!」と言いたくなる左足は、足裏の長さ約20㎝。輪郭は彫塗(ほりぬ)り技法で描かれている。これは、淡彩で引かれた線の一部を塗り残して、その周囲に彩色や墨を加えるもの。これによって輪郭線は細かったり太かったりと、何とも言えないファジイな味わいとユーモラスな動きがもたらされている。

思わず“お面”にしたくなるようなデフォルメされた顔は、まさに宗達ならではの表現。なぜ宗達がこんなユーモラスな顔にしたのかは謎だという。

■たるんだ胸、ゆるゆるパンツ、でも一番かわいいのは……

しかもこの雷神様、筋骨隆々たる雷神ではない。胸はたるみ、はいているパンツは今にもずり落ちそうだ。しかしそうした流れるような描線が、ますます躍動感を生む効果を作り出しているという。

ちなみに、一番かわいいパーツはおへそである(雷神なのに!)。何やらのちの雷マークにも似ているような……。

■週刊『ニッポンの国宝100』特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

週刊『ニッポンの国宝100』1号「阿修羅・風神雷神図」(小学館)創刊記念特別価格500円(本体463円+税)

なお明治大学(東京都千代田区)では、9月23日(祝)に公開講座『国宝の魅力について語る』が開かれる。古代史研究第一人者の吉村武彦明治大学名誉教授と、縄文から現代アートまで幅広く日本美術を紹介している山下裕二明治学院大学教授が、国宝の魅力について語るものだ。事前予約が必要だが、無料で聴講できる(先着800人)。

【公開講座の概要】
講座名称:『国宝の魅力について語る』
開催日時:9月23日(土・祝) 14時~16時(開場13時30分)
場所:明治大学駿河台キャンパス(東京都千代田区)
アカデミーコモン3F アカデミーホール
料金:無料(事前申込制、先着800名)
申し込み・問い合わせ先:明治大学リバティアカデミー事務局 電話 03-3296-4423
※詳細は下記の「まなナビ」ページをご覧ください
https://mananavi.com/ld_ccc5c34e0aa0d45827f40c9e699b18f3/

取材・文/まなナビ編集室 写真協力/小学館

※この記事は小学館が運営している大学公開講座の情報検索サイト「まなナビ」(http://mananavi.com/)からの転載記事です。

※大学の公開講座が検索できる、学びたい大人のための情報検索ポータル『まなナビ』(運営:小学館)ができました。お近くの公開講座探しにご利用ください。
↓↓↓
大学公開講座のまなナビ|小学館の公開講座検索サイト
http://mananavi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ
  2. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた
  3. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展
  4. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡
  5. 国宝『救世観音』と古代ギリシャ『コレー像』の東西ほほえみ対決【ニ…
PAGE TOP