新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

季節の変わり目、そろそろ肌掛けだけでは少し寒く感じる頃になった。寝具も取り替えの時季、併せて…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養仏像

  1.  

    奈良・興福寺の中金堂が約300年ぶりに再建!記念講演会のお知らせ

         

    天平の美を蘇らせた、奈良「興福寺 中金堂」 “七転び八起き”で約300年ぶりに再建!「青丹(あおに)よし 奈良の都は 咲く花の 薫(にお)うがごとく今盛りなり 」(万葉集巻三 小野老朝臣)天平の歌人が讃えた平城京(奈良)…

  2.  

    仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

         

    取材・文/藤田麻希お寺や展覧会で仏像を間近にしたとき、私たちは「素晴らしい仏像ですね」とか「…

  3.  

    若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる

         

    春日山の原始林に覆われた柳生街道の隠れ里の古刹・円成寺。ここの国宝・大日如来坐像は、平安時代後期、運…

  4.  

    荘厳なる秘仏!葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が東京国立博物館に出陳

         

    取材・文/田中昭三東京国立博物館で開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教…

  5.  

    浮世絵も寺社も仏像も!「日本美術もの切手」特選ギャラリー

         

    昭和22年、逓信省(現総務省、日本郵政)は切手の美術的、文化的価値を広め、切手蒐集の普及を図るべく「…

  6.  

    知られざる「御室派」の秘仏が一堂に会す展覧会《仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-》

         

    取材・文/藤田麻希真言宗御室派(おむろは)の総本山である仁和寺(にんなじ)は、遅咲き…

  7.  

    真山の万体仏|1万体以上の木彫りの仏像に圧倒される【にっぽん穴場紀行】

         

    文・写真/佐竹敦秋田県の男鹿半島は、奇祭として有名な『なまはげ祭り』をはじめとして、寒風山や…

  8.  

    史上最大の「運慶」展で天才仏師の造形の粋を堪能する

         

    取材・文/藤田麻希日本美術史上、最も著名な仏師と言っても過言ではない運慶。修学旅行の定番、奈…

  9.  

    史上空前!東京国立博物館「運慶展」見に行く際のただ一つの心得とは

         

    取材・文/小坂眞吾(『サライ』編集長)いよいよ本日(9月26日)から、興福寺中金堂再…

  10.  

    国宝・金剛力士像とヘラクレス像の腹筋対決!【ニッポンの国宝ファイル3】

         

    腹筋が割れてなければ男にあらず、と言わんばかりの腹筋ブーム。じつは誰でも腹筋は割れていて、脂肪が上に…

  11.  

    サライ10月号|特集は「国宝と紅葉の京都」と「将棋界“鬼才”列伝」です。

         

    『サライ』2017年10月号は、サライ恒例「秋の京都旅」の大特集に、サライならではの人物特集…

  12.  

    国宝・阿修羅像の「三面六臂」の意味するものとは【ニッポンの国宝ファイル1】

         

    日本美術の中でも特別な人気を誇る国宝・阿修羅像(興福寺蔵)は、“三面六臂(さんめんろっぴ)”…

  13.  

    仏師の気迫がこもる鑿跡の美しさ!日本の木彫仏1000年の歴史を辿る「木×仏像-飛鳥仏から円空へ」展

         

    日本人は古来、樹木に対して畏敬の念をもって見上げてきました。先ごろ造替のなった出雲大社の心御柱(しん…

  14.  

    仏像のモデルは「その時の美人」!法隆寺と薬師寺の「薬師如来」の顔立ちが違うワケ

         

    正倉院の宝物のひとつに「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」がある。中国唐時代の美女を…

  15.  

    大迫力!総高5メートルを超す平安の秘仏が初の出開帳「特別展 平安の秘仏」展

         

    古来、仏教が盛んであった滋賀は、京都、奈良、大阪に次いで、国宝や重要文化財の指定文化財を多く有する県…

  16.  

    秘仏の重文「五大明王像」が初めて寺外へお出ましに!特別展「松島瑞巌寺と伊達政宗」

         

    日本三景のひとつ松島にある奥州随一の古刹・瑞巌寺。同寺に伝わる、門外不出の寺宝の数々が、いま…

  17.  

    日韓の国宝仏が初のご対面!「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」展

         

    日本と韓国の国宝仏の弥勒菩薩像2体が、いま東京・上野の東京国立博物館で、初めて同時公…

  18.  

    神秘の王国ブータンからの貴重な文物約140点が公開中【ブータン~しあわせに生きるためのヒント~】

         

    中国・インドと国境を接する神秘の王国ブータン。そのロイヤルコレクションはじめ貴重な文物140点余りが…

  19.  

    次に拝観できるのは2076年!? 薩摩藩島津家ゆかりの大黒天が60年ぶりに特別開帳

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 大黒寺(京都市伏見区)京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や…

  20.  

    京都で必見!安産祈願に霊験あらたかな善願寺の巨大な仏像「腹帯地蔵」

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 善願寺・恵福寺(京都市伏見区) 京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や建…

  21.  

    京都の古刹・法界寺の秘仏「薬師如来立像」が50年ぶりに公開

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 法界寺(京都市伏見区)京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や建築、絵画、…

  22.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第4回 写真家が惚れ込んだ春日山に浮かぶ薬師寺と唐招提寺の破損仏

         

    戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 19…

  23.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第2回 写真家の心を惹き付けてやまない東大寺の伽藍と御仏たち

         

     文/田中昭三京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの…

  24.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第1回「戦火ですべてを失った写真家の心を動かした仏像との出会い」

         

     戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 1…

  25.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第9回~平安時代の面影を今に伝える東寺灌頂院で十二神将すべてをじっくり観賞する

         

    重要文化財に指定されている東寺灌頂院。寛永11年(1634)の再建で通常は非公開(写真提供/京都古文…

  26.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第6回~石庭で名高い龍安寺で絢爛豪華な狩野派の襖絵と対面する

         

    きらびやかな襖絵「群仙図」の4面(写真提供/京都古文化保存協会)。京都では毎年春と秋に、通常は非公開…

  27.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第5回~法然院で25菩薩の散華と、狩野光信・堂本印象の競作に出会う

         

    法然院本堂内陣に安置される本尊・阿弥陀如来坐像と25輪の散華。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の国…

  28.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第4回~国宝の知恩院三門に上り、宝冠阿弥陀像と狩野探幽による雄壮な天井画を鑑賞する

         

    国宝に指定されている雄壮な知恩院三門。使われている瓦の数は約3万枚にのぼる。京都では毎年春と秋に、通…

  29.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第2回~建仁寺 霊源院で鑑賞できる、名仏師・湛慶作の像を秘めた重要文化財の謎多き彫刻

         

    国の重要文化財に指定されている中巖圓月坐像(木造、南北朝時代)。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の…

  30.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

PAGE TOP