新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

荘厳なる秘仏!葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が東京国立博物館に出陳

取材・文/田中昭三

東京国立博物館で開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―』展に、いよいよ大阪・葛井寺(ふじいでら、大阪府藤井寺市)蔵の国宝《千手観音菩薩坐像》が登場した。

奈良時代の8世紀前半に造られた仏像の名作で、東京で開帳されるのは江戸時代初期以来のこと。今回の展示は、葛井寺の森快隆住職の英断によるものだ。

葛井寺の秘仏千手観音菩薩坐像。今回約300年ぶりに東京で拝観できる。奈良時代、像高131.3cm、国宝。

葛井寺では、本堂に秘仏として安置されている。毎月18日と8月9日に開帳されるとはいえ、薄暗い厨子のなかに安置されているので仏像の全容を見ることはできない。今回の展覧会では広い室内に展示。正面からはもちろんのこと、背後からも目近に観覧できる。こんな贅沢な秘仏観賞は、今後いつ実現できるのかわからない。

顔の表情は東大寺の日光・月光菩薩に通じ、品の高さを備えている。

この仏像は、頭上に十一面観音をいただき、それぞれの掌には目が描かれている。正式には十一面千手千眼(せんげん)観音菩薩という。1000の目でこの世の全体を見渡し、あらゆる人々の願いをくみ取ってくれる実にありがたい観音様なのだ。しかも造立当初の姿をほぼそのまま残しおり、これほど完璧な仏像が1400年もの間保存されつづけたのは奇跡に近い。

この千手観音像の見どころは、何といっても1043本の手が完備していること。胸の前でそっと合わせた2本の手を合掌手(がっしょうしゅ)といい、左右両側から観音様を包み込んでいる手を脇手(わきしゅ)という。脇手には大小があり、40本の大きな手は斧や髑髏(どくろ)、羂索(けんさく)などを持つ。

手の数は本来全体で1042本のはずだが、なぜ1本多いのかは謎のままである。

横から見た千手観音坐像。左右の脇手は前後2段に組まれている。

背後から見た脇手。小さな脇手の間から大きな手が伸びる。手に持った持物(じもつ)は後に補修されたもの。

こうした実際に1000本の手を備えた千手観音を「真数(しんすう)千手観音」という。しかし奈良時代の作例はこの葛井寺以外には唐招提寺(とうしょうだいじ、奈良市)くらいのもの。日本に残る千手観音のほとんどは手が40本。何故かというと1本の手に25本の役割を与えているからだ。いわば省略形だが、これは1000本の手を備えることがいかに困難な作業かを物語っている。

こんな立体感のある仏像を、葛井寺からどのようにして東京まで運んだのか。実は左右の脇手は前列と後列に組まれており、4つのパーツからなる。台座は2つに分離。それに仏像本体と合わせ全体で7パーツに分け搬送された。

仏像の中では最も不思議な形をし、しかもご利益いっぱいの千手観音。このおそらく空前絶後の機会に、ぜひとも拝観しておきたい。

【展覧会情報】
『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―』
■会期:開催中~2018年3月11日(日)
■時間:9時30分~17時、金曜・土曜は21時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
■観覧料金:一般1600円
■交通:JR上野駅公園口、鶯谷駅南口より徒歩10分
■問い合わせ(ハローダイヤル):03・5777・8600

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  2. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  3. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  4. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
  5. “おみやげ”は日本特有の文化!深い世界に迫る「ニッポンおみやげ博…
PAGE TOP