新着記事

「8割以上がかかる可能性がある」新国民病の「熟年期障害」とは|『熟年期障害』

60代の「やる気が起こらない」「体がだるい」は危険のサイン!?|「老人性うつ」「認知症」を引き起こす新国民病「熟年期障害」とは何か?

今後の焦点は、秀吉の「中国大返し」の真相(写真は有馬温泉の秀吉像)

大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 明智光秀と羽柴秀吉~本当の逆臣はどちらか?

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

荘厳なる秘仏!葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が東京国立博物館に出陳

取材・文/田中昭三

東京国立博物館で開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―』展に、いよいよ大阪・葛井寺(ふじいでら、大阪府藤井寺市)蔵の国宝《千手観音菩薩坐像》が登場した。

奈良時代の8世紀前半に造られた仏像の名作で、東京で開帳されるのは江戸時代初期以来のこと。今回の展示は、葛井寺の森快隆住職の英断によるものだ。

葛井寺の秘仏千手観音菩薩坐像。今回約300年ぶりに東京で拝観できる。奈良時代、像高131.3cm、国宝。

葛井寺では、本堂に秘仏として安置されている。毎月18日と8月9日に開帳されるとはいえ、薄暗い厨子のなかに安置されているので仏像の全容を見ることはできない。今回の展覧会では広い室内に展示。正面からはもちろんのこと、背後からも目近に観覧できる。こんな贅沢な秘仏観賞は、今後いつ実現できるのかわからない。

顔の表情は東大寺の日光・月光菩薩に通じ、品の高さを備えている。

この仏像は、頭上に十一面観音をいただき、それぞれの掌には目が描かれている。正式には十一面千手千眼(せんげん)観音菩薩という。1000の目でこの世の全体を見渡し、あらゆる人々の願いをくみ取ってくれる実にありがたい観音様なのだ。しかも造立当初の姿をほぼそのまま残しおり、これほど完璧な仏像が1400年もの間保存されつづけたのは奇跡に近い。

この千手観音像の見どころは、何といっても1043本の手が完備していること。胸の前でそっと合わせた2本の手を合掌手(がっしょうしゅ)といい、左右両側から観音様を包み込んでいる手を脇手(わきしゅ)という。脇手には大小があり、40本の大きな手は斧や髑髏(どくろ)、羂索(けんさく)などを持つ。

手の数は本来全体で1042本のはずだが、なぜ1本多いのかは謎のままである。

横から見た千手観音坐像。左右の脇手は前後2段に組まれている。

背後から見た脇手。小さな脇手の間から大きな手が伸びる。手に持った持物(じもつ)は後に補修されたもの。

こうした実際に1000本の手を備えた千手観音を「真数(しんすう)千手観音」という。しかし奈良時代の作例はこの葛井寺以外には唐招提寺(とうしょうだいじ、奈良市)くらいのもの。日本に残る千手観音のほとんどは手が40本。何故かというと1本の手に25本の役割を与えているからだ。いわば省略形だが、これは1000本の手を備えることがいかに困難な作業かを物語っている。

こんな立体感のある仏像を、葛井寺からどのようにして東京まで運んだのか。実は左右の脇手は前列と後列に組まれており、4つのパーツからなる。台座は2つに分離。それに仏像本体と合わせ全体で7パーツに分け搬送された。

仏像の中では最も不思議な形をし、しかもご利益いっぱいの千手観音。このおそらく空前絶後の機会に、ぜひとも拝観しておきたい。

【展覧会情報】
『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―』
■会期:開催中~2018年3月11日(日)
■時間:9時30分~17時、金曜・土曜は21時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
■観覧料金:一般1600円
■交通:JR上野駅公園口、鶯谷駅南口より徒歩10分
■問い合わせ(ハローダイヤル):03・5777・8600

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  2. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  3. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  4. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  5. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
PAGE TOP