新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

仏師の気迫がこもる鑿跡の美しさ!日本の木彫仏1000年の歴史を辿る「木×仏像-飛鳥仏から円空へ」展

日本人は古来、樹木に対して畏敬の念をもって見上げてきました。先ごろ造替のなった出雲大社の心御柱(しんのみはしら)や、諏訪大社で行われる7年に一度の御柱(おんはしら)祭りにその一端がうかがわれます。

樹木は、人間の寿命をはるかに超えた長時間、風雪に耐えて大地に立ち続けます。日本人はそうした「樹」を身近な祈りの対象としてきたのです。

大地から伐りとられた「木」に彫られた仏像や神像などの木彫像は、素材になった木材の特徴や彫られ方から仏像に込められた深い意味が伝わってきます。そんな日本の木彫仏の遙かな歴史を辿る展覧会「木×仏像-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」が、大阪市立美術館で開かれています(~2017年6月4日まで)。

「木造 菩薩立像」〔飛鳥時代 東京国立博物館蔵〕Image:TNM Image Archives

飛鳥時代の木彫仏のほとんどは樟(クスノキ)を使っていますが、白鳳時代には木目の美しい桧(ヒノキ)が使われるようになり、時代がくだると榧(カヤ)、桜(サクラ)なども用いられました。

仏師たちはそれぞれの木の特性を的確にとらえて槌(つち)をふるい、卓越した技をもって、ときに緻密に、ときに大胆に、ときに自由自在に、鑿(のみ)をあつかって、優れた造形を生み出してきました。

本展は、木彫仏の素材である「木」に注目しながら、彫刻作品としての卓越した「技」にも注目して、日本の木彫仏の魅力を再発見することを目的としています。飛鳥仏から円空まで、日本の木彫仏の歴史を、約60件の作品を通して辿ります。

円空作「木造 秋葉権現三尊像」〔江戸時代〕

本展の見どころを、大阪市立美術館の学芸課・齋藤龍一さんにうかがいました。

「木に注目する。こうした切り口で仏教彫刻の展覧会が開催されるのは、そう多いことではなく、おそらく東京国立博物館「仏像」展(2006年)以来、約10年ぶりだと思います。

会場構成は、木彫仏の魅力を最大限に引き出すため、ほとんどの作品を360°ぐるりご覧いただけるように展示しています。ふだんあまり目にすることがない仏像の横顔や後ろ姿も必見です。

なお展覧会図録は、なるべく新規に撮影した画像を使用し、まるで仏像の写真集のような内容に仕上げましたので、ぜひ手に取ってご覧ください」

本展は、大阪市立美術館の一会場のみの開催となります。一期一会の展覧会、ぜひお見逃しなく。

【特別展 木×仏像-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年】
■会期:2017年4月8日(土)~6月4日(日)
■会場:大阪市立美術館
■住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-82
■電話番号:06・4301・7285(大阪市総合コールセンター なにわコール)
■ウェブサイト:http://www.osaka-art-museum.jp/
■開館時間:9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
■休館日:月曜日(ただし5月1日は開館)
■料金:一般1300(1100)円 大高生1100(900)円 ( )内は20名以上の団体料金、中学生以下無料、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料(要証明書)
■アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線天王寺駅15・16番出口、JR天王寺駅中央改札、近鉄阿部野橋駅西改札、阪堺電車天王寺駅前駅、市バス「あべの橋停留所」よりいずれも北へ約400m

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP