新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

取材・文/藤田麻希

お寺や展覧会で仏像を間近にしたとき、私たちは「素晴らしい仏像ですね」とか「いいお顔していらっしゃる」と思わずつぶやくことがありませんか。そんな仏像に対する感動は、いったいどこから生まれるのでしょうか。

この壮大な問いに迫る展覧会、“「仏像の姿(かたち)」~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~”が、東京・三井記念美術館で開催されています。

不動明王立像 鎌倉時代 個人蔵

同館の清水眞澄館長はつぎのように企画の趣旨を説明します。

「仏教美術の展覧会といえば、大寺院や運慶や快慶などビッグネームの展覧会、あるいは地域別、時代別のものが多いですが、今回の展覧会は、角度を変えて“仏像とはなにか”という、彫刻の研究者ならずとも誰もが思うことを正攻法に考えて見ようと企画しました。

仏像は、仏師が施主の好みや提案を受けてつくりますが、注文をそのままにつくるわけではありません。諸々の制約の中で、仏像には仏師自身が秘めた“仏はこういう姿をしている”というイメージが反映されているはずです。また、仏教の始祖はインドの人間釈迦ですから、当然のことながら仏像には相応(ふさわ)しい人体表現が具わっていなければなりません。さらに、仏師は彫刻の作家として、立体造形の美、芸術性も追求するでしょう。すなわち、仏像には、仏のイメージ、人体表現、立体造形の美の3つが一体となってその形が存在すると理解できるのです。

この展覧会では、このことを実際の仏像を見ながら理解していただこうと、仏像の「顔」「装飾」「動きとポーズ」を切り口にしています。お出でいただいた方々が、それぞれご自身の感性で、仏師の工夫や技術、独創性、すなわち<仏師がアーティストになる瞬間>を発見していただければと思います」

十一面観音立像 鎌倉時代大阪・四天王寺蔵

仏像の「顔」は、仏としての存在を表す最も重要なところです。如来や菩薩が浮かべる優しい慈悲の表情、仏教の守護神である明王や天部が浮かべる威嚇、怒りの表情などに着目してください。眼や鼻や唇のかたち、眉の角度、頬骨の高さなど……、そのかたち、大きさ、配置によって印象が変わるのがわかります。掲載した大阪・四天王寺の十一面観音立像は、頬に丸みをもたせた、穏やかでやさしそうな顔立ちの像です。

次に「装飾」では、仏像自体の彩色、身につけるアクセサリー、衣のひだに注目して見てみましょう。そして仏像を安置する空間も、仏の福徳が感じられるように、台座や光背が美しく飾られています。

弥勒菩薩立像 鎌倉時代 個人蔵

こちらの弥勒菩薩立像は凝った装身具を身に着けています。特に冠には色とりどりのビーズのような飾り玉がついてゴージャスです。光背は、銅板の透し彫りでできており、6個の円相(当初は水晶を嵌めていたか)がはめ込まれた珍しいものです。衣のひだも、布のやわらかさや軽さがたくみに表現されています。

「動きとポーズ」でいうならば、仏像は西洋の彫刻に比べて動きが少なく、正面性が強いと言われますが、決して動きがないわけではありません。如来や菩薩のような、一見真っ直ぐ立っているように見える像も、ほんのわずかに足を踏み出すと、膝の曲げ方や腰のひねり肩の向きなどが極自然に連動しているのを見ることができます。

重文阿弥陀三尊像のうち両脇侍像 平安時代 大阪・四天王寺蔵

伽藍神立 像鎌倉時代 奈良国立博物館蔵

一方で、目いっぱいの大きな動作が目立つ像もあります。四天王寺阿弥陀三尊像の両脇侍像は、片足を後ろ斜めに蹴り上げ、上半身をひねり、踊っているように見えるユニークな姿です。また、かつて「走り大黒天」と呼ばれ、大黒天が疾走している姿に見立てられた伽藍神像は、禅宗寺院で祀られる道教系の像です。顔を上に向け、両手を大きく振り、走っている姿を、さらに風を受けてひらめく裾や袖、頭巾のような帽子が疾走感を演出しています。いい意味で、既存の仏像の概念を壊してくれるような珍しい像です。

有名な仏師の作ではなくても、仏像それぞれには個性があります。仏師がどこに工夫をこらしたのかを見つけ、さまざまに思いを廻らせると、より楽しめる展覧会です。

【「仏像の姿(かたち)」~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~】
■会期:2018年9月15日(土)〜2018年11月25日(日)
■会場:三井記念美術館
■住所:東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号三井本館7階
■電話番号:03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
■公式サイト:http://www.mitsui-museum.jp/index.html
■開館時間:午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)
■休館日:月曜日(ただし10月8日は開館)、10月9日(火)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵 京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定…
  2. 国宝「源氏物語絵巻」竹河(二) 絵 〔平安時代 12世紀 徳川美術館蔵〕※展示期間11月20日~12月2日 絵画化された源氏物語【源氏物語の世界―王朝の恋物語―】
  3. 「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】
  4. 現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会
  5. 醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙…
PAGE TOP