新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

神秘の王国ブータンからの貴重な文物約140点が公開中【ブータン~しあわせに生きるためのヒント~】

中国・インドと国境を接する神秘の王国ブータン。そのロイヤルコレクションはじめ貴重な文物140点余りが、いま東京・上野の上野の森美術館で公開されています。

ドルジェ・チャン父母仏 タンカ〔18世紀後期 綿本彩色・鉱物顔料 ブータン王国国立博物館蔵〕

ドルジェ・チャン父母仏 タンカ〔18世紀後期 綿本彩色・鉱物顔料 ブータン王国国立博物館蔵〕

国の在りかたを「GNH(国民総幸福量)」で測ることを提唱するブータン王国は、“しあわせの国”と称されて世界から注目されています。

本展は日本・ブータン外交関係樹立30周年記念事業として開催されるもので、ブ―タン王国国立博物館、ブータン王立織物博物館、ブータン王立テキスタイルアカデミーの全面協力により、貴重な文化資料を日本で初めて公開します。

展覧会は第1章「ブータン的生活様式」、第2章「ブータン仏教と信仰」、第3章「愛されるブータン王室」の全3章の構成により、ブータンの人々の暮らしの中に根付く伝統文化や思想に迫ります。

男性用衣装(ゴ)〔20世紀後期 絹 ブータン王立織物博物館蔵〕

男性用衣装(ゴ)〔20世紀後期 絹 ブータン王立織物博物館蔵〕

本展の見どころを、展覧会の企画に携わった広島県立美術館・学芸課長の福田浩子さんにうかがいました。

「本展はブータンをより深く知っていただくための展覧会です。第1章では、ヒマラヤの南、7000m級から200m級の高低差による変化に富んだ気候風土と動植物を背景に、適材適所で育まれた工芸品や日用品などを展示してブータンの人々の暮らしを紹介します。男性用のゴ、女性用のキラなど民族衣装もたくさん展示され、民族衣装を着て写真撮影をしていただける体験コーナーもあります。

第2章では、7世紀にチベットから伝来し、ブータン全土に定着した仏教に関する仏像や仏画(タンカ)、宗教楽器などを通じて、信仰篤いブータンの人々の精神世界を紹介します。

第3章では、国民に愛されてやまないブータン王室の初代国王から現5代国王までのゆかりの品々を、ロイヤルコレクションより厳選して紹介します。今年2月に王子が生まれて喜びにわく王室から現国王・王妃の衣装も特別展示されます。

本展は上野の森美術館展を皮きりに、約1年半をかけて愛媛県美術館、岩手県民会館、山梨県立博物館、兵庫県立美術館、広島県立美術館の6会場を巡回します。お近くの方はどうぞお楽しみにお待ちください」

ヒマラヤの貴婦人と呼ばれる幻の秘蝶「ブータンシボリアゲハ」の標本も、6月5日(日)まで特別展示されます。ぜひご覧ください。

【ブータン~しあわせに生きるためのヒント~】
■会場/上野の森美術館
■会期/2016年5月21日(土)~7月18日(月・祝)
■住所/上野の森美術館:東京都台東区上野公園1-2
■電話番号/0570・00・3337(全日10時~18時)
■料金/一般1400(1200/1100)円 大高生1000(800/700)円 中小生600(400/300)円 ( )内は前売/20名以上の団体料金 ※前売ペアチケット(一般券2枚分)2000円あり、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
■開館時間/10時から17時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/会期中無休
■アクセス/JR上野駅公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄上野駅より徒歩約5分
展覧会公式サイトはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP