新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

奈良・興福寺の中金堂が約300年ぶりに再建!記念講演会のお知らせ

興福寺中金堂の落慶法要の様子。

天平の美を蘇らせた、奈良「興福寺 中金堂」
“七転び八起き”で約300年ぶりに再建!

「青丹(あおに)よし 奈良の都は 咲く花の 薫(にお)うがごとく今盛りなり 」(万葉集巻三 小野老朝臣)

天平の歌人が讃えた平城京(奈良)の都、その中心にそびえていたのは、平城京遷都の和銅3年(710)に創建された「興福寺」です。中でも、その中心にあったお堂「中金堂(ちゅうこんどう)」は、壮大で美しい姿を誇っていました。中金堂は戦災や火事で7回焼失し、その都度再建されましたが、1717年の火災以降は仮堂でしのいできました。

その中金堂が、昨秋、なんと約300年ぶりに再建されました。再建された中金堂の規模は、東西37メートル、南北23メートル、高さ21メートル。ご本尊は1811年に造られた「釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)」で、その周りに国宝の「木造四天王立像」(13世紀)などが立ちます。1989年に就任した同寺の多川俊映貫首が、「天平文化空間の再構成」を掲げて再建を発願。98年の発掘調査から始まり、20年がかりで、創建時の基壇に当時の規模と様式で完成しました。

天平時代からの基壇の上に立つ66本の主柱は、はるか遠くアフリカのカメルーンから運んできた「アフリカケヤキ」などです。日本国内には、これだけの巨木がもはや無かったそうです。しかし、再建された中金堂は、典雅、端正、剛勁(ごうけい、力強さ)を特色とする「天平の文化空間」を見事に感じさせる空気感を持っています。そして、連子窓の青緑色と巨大な主柱の朱色という、その色の鮮やかなコントラストも見事です。まさに、古の奈良の都の壮麗な色彩を、彷彿とさせます。

再建された中金堂と五重塔。天平の景色が蘇ったかのようだ。

奈良の枕言葉は「青丹よし」。その由来の一説として、奈良の寺社の建物を彩る『青』と『丹(朱色のこと)』から、つまり『奈良の都は青と丹色で美しく彩られている』からという話もあります。

まるで天平時代の姿に蘇った興福寺 中金堂。平成の世の最後の春に、ぜひ、桜が満開の頃に訪れてはいかがでしょうか?

中金堂落慶記念の特別講演会を東京で開催!

再建を果たした中金堂落慶を記念した特別講演会が、3月19日、東京都中央区の銀座ブロッサムで開催されます。中金堂再建計画を発願した多川俊映貫首ご自身が登壇。その歴史や同寺の魅力を、多川貫首と日本文学研究者のロバート キャンベル氏がそれぞれ講演します。

講演される多川俊映貫首(左)、ロバート キャンベル氏(右)

●開催日時
平成31年3月19日(火)、13時~16時(開場は12時)

●会場 銀座ブロッサム(東京都中央区銀座2の15の6)

●聴講料 1人1500円。

○申し込み方法の詳細はこちら
https://www.nara-np.co.jp/event/ev1812a.html

問い合わせ窓口 奈良新聞社東京支社「興福寺東京講演会」係
TEL 03(5565)0031
E-mail tokyo-event@nara-np.co.jp

主催:奈良新聞社
協賛:近鉄グループホールディングス、JR東海、小学館

○興福寺中金堂についてはこちら
http://nara.jr-central.co.jp/campaign/kofukuji2019/

○興福寺
奈良県奈良市登大路町48
http://www.kohfukuji.com/
0742-22-7755
拝観時間 9:00~17:00(入堂・入館は16:45まで)年中無休
※中金堂 単独拝観券
大人・大学生…500円 中高生…300円 小学生…100円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP