新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

奈良・興福寺の中金堂が約300年ぶりに再建!記念講演会のお知らせ

興福寺中金堂の落慶法要の様子。

天平の美を蘇らせた、奈良「興福寺 中金堂」
“七転び八起き”で約300年ぶりに再建!

「青丹(あおに)よし 奈良の都は 咲く花の 薫(にお)うがごとく今盛りなり 」(万葉集巻三 小野老朝臣)

天平の歌人が讃えた平城京(奈良)の都、その中心にそびえていたのは、平城京遷都の和銅3年(710)に創建された「興福寺」です。中でも、その中心にあったお堂「中金堂(ちゅうこんどう)」は、壮大で美しい姿を誇っていました。中金堂は戦災や火事で7回焼失し、その都度再建されましたが、1717年の火災以降は仮堂でしのいできました。

その中金堂が、昨秋、なんと約300年ぶりに再建されました。再建された中金堂の規模は、東西37メートル、南北23メートル、高さ21メートル。ご本尊は1811年に造られた「釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)」で、その周りに国宝の「木造四天王立像」(13世紀)などが立ちます。1989年に就任した同寺の多川俊映貫首が、「天平文化空間の再構成」を掲げて再建を発願。98年の発掘調査から始まり、20年がかりで、創建時の基壇に当時の規模と様式で完成しました。

天平時代からの基壇の上に立つ66本の主柱は、はるか遠くアフリカのカメルーンから運んできた「アフリカケヤキ」などです。日本国内には、これだけの巨木がもはや無かったそうです。しかし、再建された中金堂は、典雅、端正、剛勁(ごうけい、力強さ)を特色とする「天平の文化空間」を見事に感じさせる空気感を持っています。そして、連子窓の青緑色と巨大な主柱の朱色という、その色の鮮やかなコントラストも見事です。まさに、古の奈良の都の壮麗な色彩を、彷彿とさせます。

再建された中金堂と五重塔。天平の景色が蘇ったかのようだ。

奈良の枕言葉は「青丹よし」。その由来の一説として、奈良の寺社の建物を彩る『青』と『丹(朱色のこと)』から、つまり『奈良の都は青と丹色で美しく彩られている』からという話もあります。

まるで天平時代の姿に蘇った興福寺 中金堂。平成の世の最後の春に、ぜひ、桜が満開の頃に訪れてはいかがでしょうか?

中金堂落慶記念の特別講演会を東京で開催!

再建を果たした中金堂落慶を記念した特別講演会が、3月19日、東京都中央区の銀座ブロッサムで開催されます。中金堂再建計画を発願した多川俊映貫首ご自身が登壇。その歴史や同寺の魅力を、多川貫首と日本文学研究者のロバート キャンベル氏がそれぞれ講演します。

講演される多川俊映貫首(左)、ロバート キャンベル氏(右)

●開催日時
平成31年3月19日(火)、13時~16時(開場は12時)

●会場 銀座ブロッサム(東京都中央区銀座2の15の6)

●聴講料 1人1500円。

○申し込み方法の詳細はこちら
https://www.nara-np.co.jp/event/ev1812a.html

問い合わせ窓口 奈良新聞社東京支社「興福寺東京講演会」係
TEL 03(5565)0031
E-mail tokyo-event@nara-np.co.jp

主催:奈良新聞社
協賛:近鉄グループホールディングス、JR東海、小学館

○興福寺中金堂についてはこちら
http://nara.jr-central.co.jp/campaign/kofukuji2019/

○興福寺
奈良県奈良市登大路町48
http://www.kohfukuji.com/
0742-22-7755
拝観時間 9:00~17:00(入堂・入館は16:45まで)年中無休
※中金堂 単独拝観券
大人・大学生…500円 中高生…300円 小学生…100円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP