新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

仏像のモデルは「その時の美人」!法隆寺と薬師寺の「薬師如来」の顔立ちが違うワケ

Persian women portrait traditional dress

正倉院の宝物のひとつに「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」がある。中国唐時代の美女を描いた6枚1対の屏風絵で、東大寺を建立した聖武天皇(しょうむてんのう)遺愛の宝物だった。

torige2

ずいぶんふくよかだが、体形は5頭身くらい。しかしこれが盛唐(せいとう)時代の美人の典型だった。このむっくり型美人のモデルは楊貴妃といわれているが、さらにそのルーツを探ると「胡姫(こき)」と呼ばれたペルシャ系の美人にたどりつく。

唐の都、長安は当時の国際都市。酒場では多くの胡姫が客の相手をし、それを目当てに貴公子たちが馬に乗って通いつめた。

実はこうした時代ごとの美人像が、仏像の表現に深い影響を与えているのだ。とりわけ菩薩像にその痕跡を見ることができる。

本来の菩薩像は出家する前のブッダ、つまりシャーキャ族の王子時代の姿をモデルにしたものだが、中国では女性像として造られるようになった。

そこで唐時代の仏像を見ると、「鳥毛立女屏風」の女性のようにふっくら型が多い。しかし唐以前に仏教が栄えた北魏(ほくぎ)の仏像を見ると、顔は面長、口元に微笑をたたえ、肉体の起伏や腰のひねりなどはあまり見られない。つまり物静かな雰囲気が多いのだ。

この北魏と唐の違いは、日本の古代の仏像を見るといっそうはっきりする。

奈良を代表する法隆寺と薬師寺に薬師如来(やくしにょらい)座像が安置されている。同じ薬師仏だが、そのデザインはまったく違うといってもよい。

法隆寺の薬師如来は、光背(こうはい) の銘により推古天皇15年(607)の造立とされる。顔は面長、着衣は厚手。座っている台座は宣字座(せんじざ)といい、そこに垂らされた裳裾(もすそ)の文様はほぼ左右対称。

houryuji3

一方薬師寺の薬師如来を見ると顔はふくよかな感じ。着衣は薄手で身体にぴったりと付着。裳裾のデザインは左右対称が崩れ、自由闊達な感じがする。同じ薬師仏なのに、どうしてこんなに違うのか。

yakushiji3

実は日本の古代の仏像は、中国の仏像を手本にして造られた。その中国では、北魏(ほくぎ・386~534)の時代に仏教が大いに栄えた。北魏の仏像は主にインドのガンダーラ仏を手本にした。さらにそのガンダーラ仏は古代ギリシャ彫刻の影響を受けていた。法隆寺の薬師如来は、この北魏様式に連なるものだ。

ところがインドではガンダーラ様式のあとに、いわばインド独自といえるグプタ様式の仏像が完成した。それをどっと受け入れたのが唐の仏教である。薬師寺の薬師如来はこの唐の様式、つまりグプタ朝の仏像に連なっている。

こうして同じ薬師仏なのに、大きな違いが生じてしまった。一口に仏像といっても、その背景には当時の世界の文化状況が隠されているのだ。

文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

※本記事は「まいにちサライ」2013年10月17日と10月24日掲載分に加筆・転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ルーツは古代インド彫刻!国宝・薬師寺東塔の尖端を舞う飛天の謎を解…
  2. 真田幸村(信繁)雌伏の地!訪ねてみたい和歌山・高野山周辺の寺社ス…
  3. 奈良の古寺に現代アートがお目見え!1300年の時空を超える「八社…
PAGE TOP