新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」

文/池上信次
「イズント・シー・ラヴリー」は、スティーヴィー・ワンダーの作詞・作曲。オリジナル・ヴァージョンは、1976年9月にアメリカでリリースされたスティーヴィーのアルバム『キー・オブ・ライフ』(モータウン/写真)に収録されています。現在は「イズント・シー・ラヴリー」の原題のほうが通りがいいと思いますが、発表当時の邦題は「可愛いアイシャ」で、現在も国内盤はこの表記です。「アイシャ」はスティーヴィーの娘の名前(歌詞には3コーラス目に登場)で、これは彼女の誕生の喜びを歌った歌です。意外なことにこの曲は、アメリカでも日本でもシングル盤は発売されませんでした。それにもかかわらず、誰もがきっとどこかで耳にしているに違いない、ポップス史上有数の名曲です。

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

では、この「ポップス」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのでしょうか。

この曲をジャズとして最初に録音したのは、おそらく(当時新人)ギタリストのリー・リトナーでしょう。スティーヴィーがこの曲を発表した76年9月から翌77年2月にかけて録音された『キャプテン・フィンガーズ』(1)に、リトナーはヴォーカルをフィーチャーした演奏を収録しています。スティーヴィーのリズム・パターンを生かした、当時のジャズの最先端である「フュージョン」の典型的なアレンジで、アドリブもたっぷり弾きまくったじつにジャジーなサウンドです。スティーヴィー自身のヴァージョンがヒットしている時期で、なおかつヴォーカル入りですから、「最新ヒット曲のカヴァー」として聴かれていたでしょうが、この名曲にいち早く目をつけ、自分のものとしてしまったリトナーのセンスはさすがというべきものでしょう。

そして、同じ77年の6月には、ヴァイブラフォンのミルト・ジャクソンが録音【『ソウル・フュージョン』(コンコード)収録】、8月にはなんと「テナー・サックスの巨人」ソニー・ロリンズもこの曲を録音しました(2)。ジャズの大御所が相次いで同じ最新の(しかもシングル盤も出ていない)ポップスを取り上げたことは驚きです。さらに同年にはピアニストのヴィクター・フェルドマンもピアノ・トリオ編成で発表しています【『ジ・アートフル・ドジャー』(コンコード)収録】。いずれの演奏もまずテーマを演奏し、そのあとはアドリブ・ソロを回すという、誰が聴いても「ジャズの曲」という構成です。

さらにその翌年の78年1月には、1940年代から活躍する大ベテラン・バンド・リーダー、ウディ・ハーマンが自身のビッグ・バンドで録音しました【『ロード・ファーザー』(センチュリー)】。こちらは完全なジャズ・ビッグ・バンドのスタイルで、スティーヴィーに馴染みのない人には、ハーマンの新曲に聴こえたかもしれません。同年にはヴォーカルのフレディ・コールも録音を残しています。

このように、スティーヴィーの発表から2年足らずの間に、新人から大ベテランまで多くのジャズマンがこの曲を取り上げたのです。それにより、またそれらの相乗効果で、この曲は一気にジャズマンとジャズ・リスナーの間に広まりました。これほどジャズマンが即座に反応したポップス曲は珍しいといえます。その理由のひとつは、親しみやすいメロディをもっていながらも、4ビートはもちろん、フュージョンからビッグ・バンドまで、どのように料理してもジャズにできる懐の広さがある(応用がきく)ということでしょう。つまりミュージシャンによって、それぞれ違う「聴かせどころ」がアピールしやすいのですね。

その後も80年代のアート・ペッパー(アルト・サックス(3))から、2000年代のジャッキー・テラソン(ピアノ)、デヴィッド・サンボーン(アルト・サックス(4))など、多くのジャズマンがこの曲を演奏しています。最初に取り上げたミュージシャンには、スティーヴィーのヒットにあやかるという意識もあったでしょうが、ここまでくるともうスティーヴィー・ヒットのイメージは希薄になって、曲が「独り立ち」したといえます。これが「スタンダード」化です。現在ではアマチュアのジャム・セッションでもよく取り上げられるほどのジャズ・スタンダードになりました。

「イズント・シー・ラヴリー」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)リー・リトナー『キャプテン・フィンガーズ』(エピック)

演奏:リー・リトナー(ギター)、デヴィッド・フォスター(キーボード)、レイ・パーカーJr.(ギター)、マイク・ポーカロ(ベース)、ジェフ・ポーカロ(ドラムス)、スティーヴ・フォアマン(パーカッション)、ビル・チャンプリン(ヴォーカル)
録音:1976年9月〜77年2月

「新人」ギタリスト、リトナーは、いち早くスティーヴィー・ヒットをカヴァー。ヴォーカルをフィーチャーし、TOTOのリズム・セクションら豪華セッション・メンバーを従えたAOR/フュージョンのサウンドは当時の最先端でした。でも「流行りもの」に終わることなく、発表から40年以上を経た現在でも、古さはまったく感じられません。

(2)ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』(マイルストーン)
ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』

ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』

演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、ジョージ・デューク(ピアノ)、チャールズ・イカルス・ジョンソン(ギター)、バイロン・ミラー(ベース)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)
録音:1977年8月3〜6日

ロリンズの魅力は「アドリブ命」。ロリンズにとっては取り上げる曲がポップスでもジャズでも、要はどこまで自由奔放にアドリブができる曲かどうかが重要なのです。この楽曲の魅力のひとつは、コード進行がジャズのアドリブ演奏に向いていること。ここではそれが見事にハマり、ロリンズの持ち味が全開で発揮された名演が生まれました。

(3)アート・ペッパー『ゴーイン・ホーム』(ギャラクシー)

演奏:アート・ペッパー(クラリネット、アルト・サックス)、ジョージ・ケイブルス(ピアノ)
録音:1982年5月11〜12日

「伝説の巨人」ペッパーまでもがスティーヴィー? これは共演のケイブルスのアイデアだったといいます。しかし、ペッパーはノリノリ。クラリネットでアドリブを始めますが、ピアノのソロのあとにはアルト・サックスに持ち替えてさらにアドリブを続けています。この曲には演奏者を鼓舞する不思議な魅力があるのですね。

(4)デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』(ヴァーヴ)
デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』

デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』

演奏:デヴィッド・サンボーン(アルト・サックス)、リッキー・ピーターソン(キーボード)、ラッセル・マローン(ギター)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、スティーヴ・ガッド(ドラムス)
発表:2003年

この曲は、サンボーンが発表した2003年には「ジャズ・スタンダード」として定着。つまりいかようにも料理ができる「素材」になっているのですが、なんとサンボーンはアドリブなし、ぐっとテンポを落としてテーマ・メロディのみを演奏しました。ロリンズとは対極ですが、これもまた「個性の音楽」ジャズ表現のひとつなのです。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  6. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  7. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  8. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  9. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  10. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  11. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  12. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  13. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  14. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  15. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

  16. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP