新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」

文/池上信次
「イズント・シー・ラヴリー」は、スティーヴィー・ワンダーの作詞・作曲。オリジナル・ヴァージョンは、1976年9月にアメリカでリリースされたスティーヴィーのアルバム『キー・オブ・ライフ』(モータウン/写真)に収録されています。現在は「イズント・シー・ラヴリー」の原題のほうが通りがいいと思いますが、発表当時の邦題は「可愛いアイシャ」で、現在も国内盤はこの表記です。「アイシャ」はスティーヴィーの娘の名前(歌詞には3コーラス目に登場)で、これは彼女の誕生の喜びを歌った歌です。意外なことにこの曲は、アメリカでも日本でもシングル盤は発売されませんでした。それにもかかわらず、誰もがきっとどこかで耳にしているに違いない、ポップス史上有数の名曲です。

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

では、この「ポップス」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのでしょうか。

この曲をジャズとして最初に録音したのは、おそらく(当時新人)ギタリストのリー・リトナーでしょう。スティーヴィーがこの曲を発表した76年9月から翌77年2月にかけて録音された『キャプテン・フィンガーズ』(1)に、リトナーはヴォーカルをフィーチャーした演奏を収録しています。スティーヴィーのリズム・パターンを生かした、当時のジャズの最先端である「フュージョン」の典型的なアレンジで、アドリブもたっぷり弾きまくったじつにジャジーなサウンドです。スティーヴィー自身のヴァージョンがヒットしている時期で、なおかつヴォーカル入りですから、「最新ヒット曲のカヴァー」として聴かれていたでしょうが、この名曲にいち早く目をつけ、自分のものとしてしまったリトナーのセンスはさすがというべきものでしょう。

そして、同じ77年の6月には、ヴァイブラフォンのミルト・ジャクソンが録音【『ソウル・フュージョン』(コンコード)収録】、8月にはなんと「テナー・サックスの巨人」ソニー・ロリンズもこの曲を録音しました(2)。ジャズの大御所が相次いで同じ最新の(しかもシングル盤も出ていない)ポップスを取り上げたことは驚きです。さらに同年にはピアニストのヴィクター・フェルドマンもピアノ・トリオ編成で発表しています【『ジ・アートフル・ドジャー』(コンコード)収録】。いずれの演奏もまずテーマを演奏し、そのあとはアドリブ・ソロを回すという、誰が聴いても「ジャズの曲」という構成です。

さらにその翌年の78年1月には、1940年代から活躍する大ベテラン・バンド・リーダー、ウディ・ハーマンが自身のビッグ・バンドで録音しました【『ロード・ファーザー』(センチュリー)】。こちらは完全なジャズ・ビッグ・バンドのスタイルで、スティーヴィーに馴染みのない人には、ハーマンの新曲に聴こえたかもしれません。同年にはヴォーカルのフレディ・コールも録音を残しています。

このように、スティーヴィーの発表から2年足らずの間に、新人から大ベテランまで多くのジャズマンがこの曲を取り上げたのです。それにより、またそれらの相乗効果で、この曲は一気にジャズマンとジャズ・リスナーの間に広まりました。これほどジャズマンが即座に反応したポップス曲は珍しいといえます。その理由のひとつは、親しみやすいメロディをもっていながらも、4ビートはもちろん、フュージョンからビッグ・バンドまで、どのように料理してもジャズにできる懐の広さがある(応用がきく)ということでしょう。つまりミュージシャンによって、それぞれ違う「聴かせどころ」がアピールしやすいのですね。

その後も80年代のアート・ペッパー(アルト・サックス(3))から、2000年代のジャッキー・テラソン(ピアノ)、デヴィッド・サンボーン(アルト・サックス(4))など、多くのジャズマンがこの曲を演奏しています。最初に取り上げたミュージシャンには、スティーヴィーのヒットにあやかるという意識もあったでしょうが、ここまでくるともうスティーヴィー・ヒットのイメージは希薄になって、曲が「独り立ち」したといえます。これが「スタンダード」化です。現在ではアマチュアのジャム・セッションでもよく取り上げられるほどのジャズ・スタンダードになりました。

「イズント・シー・ラヴリー」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)リー・リトナー『キャプテン・フィンガーズ』(エピック)

演奏:リー・リトナー(ギター)、デヴィッド・フォスター(キーボード)、レイ・パーカーJr.(ギター)、マイク・ポーカロ(ベース)、ジェフ・ポーカロ(ドラムス)、スティーヴ・フォアマン(パーカッション)、ビル・チャンプリン(ヴォーカル)
録音:1976年9月〜77年2月

「新人」ギタリスト、リトナーは、いち早くスティーヴィー・ヒットをカヴァー。ヴォーカルをフィーチャーし、TOTOのリズム・セクションら豪華セッション・メンバーを従えたAOR/フュージョンのサウンドは当時の最先端でした。でも「流行りもの」に終わることなく、発表から40年以上を経た現在でも、古さはまったく感じられません。

(2)ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』(マイルストーン)
ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』

ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』

演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、ジョージ・デューク(ピアノ)、チャールズ・イカルス・ジョンソン(ギター)、バイロン・ミラー(ベース)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)
録音:1977年8月3〜6日

ロリンズの魅力は「アドリブ命」。ロリンズにとっては取り上げる曲がポップスでもジャズでも、要はどこまで自由奔放にアドリブができる曲かどうかが重要なのです。この楽曲の魅力のひとつは、コード進行がジャズのアドリブ演奏に向いていること。ここではそれが見事にハマり、ロリンズの持ち味が全開で発揮された名演が生まれました。

(3)アート・ペッパー『ゴーイン・ホーム』(ギャラクシー)

演奏:アート・ペッパー(クラリネット、アルト・サックス)、ジョージ・ケイブルス(ピアノ)
録音:1982年5月11〜12日

「伝説の巨人」ペッパーまでもがスティーヴィー? これは共演のケイブルスのアイデアだったといいます。しかし、ペッパーはノリノリ。クラリネットでアドリブを始めますが、ピアノのソロのあとにはアルト・サックスに持ち替えてさらにアドリブを続けています。この曲には演奏者を鼓舞する不思議な魅力があるのですね。

(4)デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』(ヴァーヴ)
デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』

デヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』

演奏:デヴィッド・サンボーン(アルト・サックス)、リッキー・ピーターソン(キーボード)、ラッセル・マローン(ギター)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、スティーヴ・ガッド(ドラムス)
発表:2003年

この曲は、サンボーンが発表した2003年には「ジャズ・スタンダード」として定着。つまりいかようにも料理ができる「素材」になっているのですが、なんとサンボーンはアドリブなし、ぐっとテンポを落としてテーマ・メロディのみを演奏しました。ロリンズとは対極ですが、これもまた「個性の音楽」ジャズ表現のひとつなのです。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

    「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。

    ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いている!?~「別テイク」の正しい聴き方(2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道19】

  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。

    なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイク」の正しい聴き方(1)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道18】

  4. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』

    モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ「MJQ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道17】

  5. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)

    なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道16】

  6. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

    テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

  7. (2)エラ・フィッツジェラルド『エラ・シングス・ガーシュウィン』

    帝王シナトラと女王エラが、ともに「最初の曲」に選んだ絶品バラード【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道14】

  8. 『エイプリル・イン・パリ〜チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    数千ヴァージョンが存在するキング・オブ・スタンダード「サマータイム」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道13】

  9. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

    ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

  10. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

    ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

  11. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』

    「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』がジャズ・スタンダードになるまで【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道10】

  12. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)

    ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォー・デビイ」がスタンダード化しない理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道9】

  13. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実

    「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

  14. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

    マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

  15. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)

    クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

  16. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)|「アドリブ」とは何か【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

    ジャズの「アドリブ」とは何か?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日 「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入…
  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。 ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いてい…
  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。 なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイ…
  4. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』 モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ…
  5. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT) なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャ…
PAGE TOP