新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ」が、マカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」の雑誌部門を受賞しました。

アワードの記念に、高級ポルトガルワイン1箱(6本)をいただきました。スタッフで仲良く山分けします。右はマカオ政府観光局・日本代表の榊原史博さん。深夜番組の草分け、『11PM』(日本テレビ)の海外釣り紀行をアテンドしていたという、旅行業界のレジェンドです。

受賞者として短いスピーチをさせていただきましたが、マカオは思い出が多すぎて、うまくまとまりませんでした。

マカオは日本の戦国時代、16世紀後半に、ポルトガルの東方進出の橋頭堡として開かれ、フランシスコ・ザビエルやルイス・フロイスら、日本にゆかりの深い宣教師もみな、マカオから来日しています。遠藤周作『沈黙』の主人公の宣教師も、マカオから日本に密入国する設定になっています。17世紀には明国から正式に、マカオへのポルトガル人居留が認められ、以後1999年の中国返還まで、ポルトガルの統治下で発展しました。

特筆すべきはその食文化。本国・ポルトガルと中国・広東の料理をベースに、ポルトガルが大航海時代に拠点としたアフリカ、インド、マラッカなどの食材とスパイスが混交。マカオが面する南シナ海のエビ・カニ・鮮魚を素材に、世界に類を見ないフュージョン料理が生まれました。その希少性と歴史が評価され、中国でも3例目となるユネスコの「食文化創造都市」に選ばれたのです。

かたや日本で「食文化創造都市」に選ばれたのは唯一、山形県の鶴岡市。その立役者は、鶴岡と庄内地方の食材をこよなく愛する『アル・ケッチァーノ』オーナーシェフの奥田政行さん。『サライ』と奥田シェフの20年越しの永いお付き合いもあって、本企画では奥田シェフに、マカオへ旅していただき、食文化創造都市同士で交流していただきました。その模様をレポートした本誌2019年1月号の記事「美食紀行 マカオ」が、「メディア・アワーズ2018」雑誌部門に選ばれたのです。

→マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する

私はスケジュールが合わず、奥田シェフの取材には同行できませんでしたが、別件で3泊4日、初めてのマカオを旅してきました。

→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【前編】
→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【後編】

ポルトガル時代の教会や遺跡、江戸幕府の禁教令から逃れた人々が作った日本人街の痕跡、マカオの家庭料理、そして何より、どこを切り取っても絵になるフォトジェニックな街並み。一度きりでは全然物足りません。何度でも行きたくなる街、それがマカオです。

今年も機会があれば、また遊びに行きたいですね。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP