新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ」が、マカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」の雑誌部門を受賞しました。

アワードの記念に、高級ポルトガルワイン1箱(6本)をいただきました。スタッフで仲良く山分けします。右はマカオ政府観光局・日本代表の榊原史博さん。深夜番組の草分け、『11PM』(日本テレビ)の海外釣り紀行をアテンドしていたという、旅行業界のレジェンドです。

受賞者として短いスピーチをさせていただきましたが、マカオは思い出が多すぎて、うまくまとまりませんでした。

マカオは日本の戦国時代、16世紀後半に、ポルトガルの東方進出の橋頭堡として開かれ、フランシスコ・ザビエルやルイス・フロイスら、日本にゆかりの深い宣教師もみな、マカオから来日しています。遠藤周作『沈黙』の主人公の宣教師も、マカオから日本に密入国する設定になっています。17世紀には明国から正式に、マカオへのポルトガル人居留が認められ、以後1999年の中国返還まで、ポルトガルの統治下で発展しました。

特筆すべきはその食文化。本国・ポルトガルと中国・広東の料理をベースに、ポルトガルが大航海時代に拠点としたアフリカ、インド、マラッカなどの食材とスパイスが混交。マカオが面する南シナ海のエビ・カニ・鮮魚を素材に、世界に類を見ないフュージョン料理が生まれました。その希少性と歴史が評価され、中国でも3例目となるユネスコの「食文化創造都市」に選ばれたのです。

かたや日本で「食文化創造都市」に選ばれたのは唯一、山形県の鶴岡市。その立役者は、鶴岡と庄内地方の食材をこよなく愛する『アル・ケッチァーノ』オーナーシェフの奥田政行さん。『サライ』と奥田シェフの20年越しの永いお付き合いもあって、本企画では奥田シェフに、マカオへ旅していただき、食文化創造都市同士で交流していただきました。その模様をレポートした本誌2019年1月号の記事「美食紀行 マカオ」が、「メディア・アワーズ2018」雑誌部門に選ばれたのです。

→マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する

私はスケジュールが合わず、奥田シェフの取材には同行できませんでしたが、別件で3泊4日、初めてのマカオを旅してきました。

→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【前編】
→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【後編】

ポルトガル時代の教会や遺跡、江戸幕府の禁教令から逃れた人々が作った日本人街の痕跡、マカオの家庭料理、そして何より、どこを切り取っても絵になるフォトジェニックな街並み。一度きりでは全然物足りません。何度でも行きたくなる街、それがマカオです。

今年も機会があれば、また遊びに行きたいですね。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP