新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ」が、マカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」の雑誌部門を受賞しました。

アワードの記念に、高級ポルトガルワイン1箱(6本)をいただきました。スタッフで仲良く山分けします。右はマカオ政府観光局・日本代表の榊原史博さん。深夜番組の草分け、『11PM』(日本テレビ)の海外釣り紀行をアテンドしていたという、旅行業界のレジェンドです。

受賞者として短いスピーチをさせていただきましたが、マカオは思い出が多すぎて、うまくまとまりませんでした。

マカオは日本の戦国時代、16世紀後半に、ポルトガルの東方進出の橋頭堡として開かれ、フランシスコ・ザビエルやルイス・フロイスら、日本にゆかりの深い宣教師もみな、マカオから来日しています。遠藤周作『沈黙』の主人公の宣教師も、マカオから日本に密入国する設定になっています。17世紀には明国から正式に、マカオへのポルトガル人居留が認められ、以後1999年の中国返還まで、ポルトガルの統治下で発展しました。

特筆すべきはその食文化。本国・ポルトガルと中国・広東の料理をベースに、ポルトガルが大航海時代に拠点としたアフリカ、インド、マラッカなどの食材とスパイスが混交。マカオが面する南シナ海のエビ・カニ・鮮魚を素材に、世界に類を見ないフュージョン料理が生まれました。その希少性と歴史が評価され、中国でも3例目となるユネスコの「食文化創造都市」に選ばれたのです。

かたや日本で「食文化創造都市」に選ばれたのは唯一、山形県の鶴岡市。その立役者は、鶴岡と庄内地方の食材をこよなく愛する『アル・ケッチァーノ』オーナーシェフの奥田政行さん。『サライ』と奥田シェフの20年越しの永いお付き合いもあって、本企画では奥田シェフに、マカオへ旅していただき、食文化創造都市同士で交流していただきました。その模様をレポートした本誌2019年1月号の記事「美食紀行 マカオ」が、「メディア・アワーズ2018」雑誌部門に選ばれたのです。

→マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する

私はスケジュールが合わず、奥田シェフの取材には同行できませんでしたが、別件で3泊4日、初めてのマカオを旅してきました。

→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【前編】
→サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【後編】

ポルトガル時代の教会や遺跡、江戸幕府の禁教令から逃れた人々が作った日本人街の痕跡、マカオの家庭料理、そして何より、どこを切り取っても絵になるフォトジェニックな街並み。一度きりでは全然物足りません。何度でも行きたくなる街、それがマカオです。

今年も機会があれば、また遊びに行きたいですね。

文/小坂眞吾(サライ編集長)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP