新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

文/池上信次

第25回ジャズ・スタンダード必聴名曲(15)「恋に恋して」

ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

リチャード・ロジャース(作曲)とロレンツ・ハート(作詞)の名コンビによるミュージカル作品からはたくさんのジャズ・スタンダードが生まれました。その中から今回は「恋に恋して(Falling In Love With Love)」を紹介します。

この曲は1938年初演のブロードウェイ・ミュージカル『シラキュースから来た男たち(The Boys from Syracuse)』のために書かれました。この物語はシェークスピアの『間違いの喜劇(The Comedy of Errors)』を下敷きにした、2組の双子が巻き起こす騒動を描いたコメディ。ちなみにシラキュースは日本ではシラクサとも呼ばれているイタリアのシチリア島の都市名です。このミュージカルは235回公演のヒットとなり、40年には映画化されました。その後63年にはオフ・ブロードウェイで再演され500回のロングランとなりました。さらに2002年にもブロードウェイでリヴァイヴァル公演もされているほどの人気作です。

Fall とLoveの語呂遊びをたっぷり入れた歌詞の内容は、「恋に恋したけれど、結局私は恋とは仲違いしてしまった」という失恋ソング。ジャズではヴォーカル、インストを問わず取り上げられ、たいへんたくさんの録音が残されています。この曲は1950年代半ばからよく演奏されており、当時から当たり前のように4拍子で演奏されてきていますが、じつはオリジナルは3拍子(ワルツ)なのです。ミュージカルの楽譜も、オリジナル・キャストのレコードも、そしてリチャード・ロジャース自身のピアノ演奏のレコードもどれもワルツであるにもかかわらず、ジャズ・ミュージシャンの演奏はおそらく9割以上は4拍子です。この紹介文を書くにあたって100以上の演奏をチェックしましたが、ワルツで演奏しているのは数ヴァージョンだけでした。「4拍子の曲として」スタンダードになっているのですね。現在ジャズの世界では、この曲のオリジナルがワルツであることはほとんど認識されていないと思います。

じつは、作曲者リチャード・ロジャースはこの4拍子アレンジ(=ジャズ化)を快く思ってはいませんでした。50年代の半ばにはこれ以外にも多くのロジャースの作品がジャズ・スタンダードになっていました。当時ロジャース自身もニューヨークで活動するバリバリの現役ですから、ジャズマンたちの演奏を耳にしていないはずがありません。2009年にアメリカで出版された、ロジャースらミュージカル作曲家の評伝集『ア・ファイン・ロマンス』(デヴィッド・レーマン著/日本未訳)には、ロジャースはローズマリー・クルーニーが歌う4拍子アレンジを耳にし、「これはワルツで歌われるべき曲だ」と彼女に厳しく指摘したとあります。また同書によれば、ペギー・リーが歌ったロジャース作曲の「ラヴァー」のアレンジに対しても辛辣に批判したそうです。そこには明示されていませんが「ラヴァー」もオリジナルは3拍子で、ペギーは4拍子にアレンジしています。そして「ラヴァー」もジャズ・スタンダードとしては4拍子が一般的な認識です。

つまりこれは、スタンダード曲は必ずしもオリジナル・ヴァージョンが「発祥」になるのではないということを表わしています。むしろ「オリジナル・ヴァージョンのイメージの希薄化」こそがスタンダード化の要件でもあるという面をよく感じさせてくれるエピソードといえますね。

「恋に恋して」の名演収録アルバムと聴きどころ

(1)『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)
『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』

『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』

演奏:ヘレン・メリル(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ダニー・バンク(バリトン・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、バリー・ガルブレイズ(ギター)、オスカー・ペティフォード(チェロ、ベース)、ボビー・ドナルドソン(ドラムス)、クインシー・ジョーンズ(編曲・指揮)
録音:1954年12月22〜24日

「ニューヨークのため息」と呼ばれるハスキー・ヴォイスがとても印象的なヘレン・メリルですが、それに加えての聴きどころはトランペットのクリフォード・ブラウン。そしてクインシー・ジョーンズのアレンジ。三者の見事なコンビネーションがじつに中身の濃いトラックを作り出しました。「4拍子」アレンジがジャズのスタンダードになったのは、おそらくこの素晴らしい演奏があったからでしょう。

(2)『キャノンボール・アダレイ・ウィズ・ストリングス』(エマーシー)
『キャノンボール・アダレイ・ウィズ・ストリングス』

『キャノンボール・アダレイ・ウィズ・ストリングス』

演奏:キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)、ビル・ルッソ(編曲)
録音:1955年10月27日

ゆったりとしたテンポで、朗々とテーマを吹くキャノンボール・アダレイ。これならワルツでもよかったのでは?とも思わせますが、すでに4拍子が常識化していたのでしょうか。ここではトレードマークのビバップ・スタイルの饒舌なアドリブは抑えて、歌を歌うかのようにじっくりとソロをとります。これはこの録音の約半年前に亡くなった先達チャーリー・パーカーの名作『ウィズ・ストリングス』へのオマージュでもあります。

(3)『ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミス Vol.1』(ブルーノート)
『ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミス Vol.1』

『ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミス Vol.1』

演奏:ジミー・スミス(オルガン)、ドナルド・バード(トランペット)、ルー・ドナルドソン(アルト・サックス)、ハンク・モブレー(テナー・サックス)、エディ・マクファデン(ギター)、アート・ブレイキー(ドラムス)
録音:1957年2月11日

3日間で22曲のジャム・セッション・レコーディングのなかの1曲。おそらく現場選曲、現場アレンジで「せーの!」で録音したものだけに、失恋ソングであっても歌詞とは関係なくノリノリの演奏が続きます。これが3拍子の曲という認識だったら、そもそもここで取り上げられることはなかったでしょう。なお、同年モブレーは自身のリーダー・アルバムでもこの曲を録音しています。

(4)キース・ジャレット『星影のステラ(スタンダーズ・ライヴ)』(ECM)
キース・ジャレット『星影のステラ(スタンダーズ・ライヴ)』

キース・ジャレット『星影のステラ(スタンダーズ・ライヴ)』

演奏:キース・ジャレット(ピアノ)、ゲイリー・ピーコック(ベース)、ジャック・ディジョネット(ドラムス)
録音:1985年7月2日

1983年に『スタンダーズ Vol.1/2』を録音して以来、ひたすら(ほとんど)スタンダードを演奏し続ける通称「スタンダーズ」によるライヴ・アルバムの中の1曲。もとのメロディがどんどん発展していくかのように、こんこんと泉のように湧き出るソロのメロディは、ジャズ理論とは関係ない根源的な「即興」を感じさせます。なお初めてキース・ジャレットを聴く方にお伝えしておきます。演奏中に「ふぁー」といった声やピアノとずれた歌声が盛大に聴こえますが、これはキースのもうひとつの楽器ですので、ご心配なく。

(5)ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』(マイルストーン)
ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、クリフトン・アンダーソン(トロンボーン)、マーク・ソスキン(ピアノ)、ジェローム・ハリス(ギター)、ボブ・クランショウ(ベース)、ジャック・ディジョネット(ドラムス)
録音:1989年9月9日

「テナー・サックスの巨人」ソニー・ロリンズの、レギュラー・メンバーを中心にしたセッション。ロリンズはマイ・ペースで思う存分吹きまくっています。時代を動かすような画期的、革新的な部分はまったくありません。まず本人が演奏を楽しんでいることが伝わってきます。そこがこの演奏のいいところ。あまりにもベタですが、ロリンズは「ジャズに恋した」気持ちを込めているのですね(失恋ソングであることはここでは忘れることにして)。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP