新着記事

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

文/池上信次

前回、ブルーノート・レーベルの名盤は日曜日に生まれると紹介しましたが、同じ時期(1956~58年ごろ)、ブルーノートとともにルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)スタジオの常連客だったプレスティッジはどうだったかといいますと……。

まず、プレスティッジのこの時期の「名盤」を見ていきましょう。よく知られるのは、1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』、2)マイルス・デイヴィス『クッキン』『リラクシン』など通称「マラソン・セッション」の4作、3)レッド・ガーランド『グルーヴィー』といったところでしょうか。録音年月日は、1)1956年6月22日 2)1956年5月11日と10月26日 3)1957年8月9日ですが、曜日はいずれも金曜日です。

(1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

(1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』
演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス)
録音:1956年6月22日

もう少し見てみましょう。ジョン・コルトレーンのファースト・アルバム『コルトレーン』は1957年5月31日で金曜日。同じくコルトレーンの『ラッシュ・ライフ』は1957年5月31日と8月16日、58年1月10日の3回のセッションからなっているのですが、このいずれも金曜日なのです! このように、プレスティッジの名盤は金曜日に生まれていたのでした。ブルーノートは日曜日、プレスティッジは金曜日というのがRVGスタジオの基本スケジュールだったのは間違いないようです。前回のタイトルも「名盤は日曜日と金曜日に生まれる!」と変えなくてはなりませんね。

なお、この名盤誕生の舞台となったRVGスタジオは、1959年7月にニュージャージー州ハッケンサックから、同州イングルウッドクリフスに新築・移転、さらに広く録音を手がけるようになり、この曜日別ルールもなくなっていったようです。録音日の曜日が演奏にどれくらい影響するのかはわかりませんが、もしかしてこの違いがブルーノートとプレスティッジの違いを作っていた、と妄想してみるのも楽しいかもしれません(ほかの要因の方が格段に大きいでしょうが)。

ただ、録音日の曜日がアルバム制作に密接に関わっている例もあります。ビル・エヴァンスの『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』は、タイトルのとおり日曜日のライヴ録音です(1961年6月25日)が、これが日曜日なのには、大きな理由があります。当時のニューヨークのジャズ・クラブの出演ローテーションは火曜から日曜で、エヴァンスはその最終日に録音したのです。つまり、5日間リハーサルを重ねて録音に臨んだともいえるわけですね。さらにこの会場であるヴィレッジ・ヴァンガードは、日曜日はサンデイ・マチネー(昼のセット。夕方5時から)もあったことから、通常より多くのテイクを録音することができたのです(昼2セット+夜3セット)。最高の状態でのライヴ・レコーディングを狙っていたということなのでしょう。

録音年はエヴァンスより前になりますが、1957年11月3日、日曜日に録音されたソニー・ロリンズの『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』(ブルーノート)も同じ状況です。ロリンズは2週間出演し、最終日に録音を行ないました。その2週間、ロリンズはクインテット、カルテットなどで演奏を行ない、ベストの編成・メンバーを模索していたといいます。そしてたどりついたのが、サックス・トリオという珍しい編成でした。ただ、プロデューサーは不安で、当日の客席にはピアニストとトランペッターを待機させていたとも伝えられています。しかしロリンズは充分な試行錯誤の末だけあって、それを吹き飛ばす、素晴らしい演奏を残したのでした。最終日の日曜日でなければこの名演は生まれなかったのですね。なお、このアルバムには、1日の録音なのになぜか2組のトリオ・セッションが収録されていますが、これはマチネーから録音し、昼と夜のメンバーが違っていたため。本当は『ヴィレッジ・ヴァンガードの昼と夜』だったのでした。

(2)ビル・エヴァンス『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』(リヴァーサイド) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス) 録音:1961年6月25日

(2)ビル・エヴァンス『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』(リヴァーサイド)
演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ)、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
録音:1961年6月25日

 

(3)ソニー・ロリンズの『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』(ブルーノート) 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、ドナルド・ベイリー(ベース)、ピート・ラロカ(ドラムス)、ウィルバー・ウェア(ベース)、エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス) 録音:1957年11月3日

(3)ソニー・ロリンズの『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』(ブルーノート)
演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、ドナルド・ベイリー(ベース)、ピート・ラロカ(ドラムス)、ウィルバー・ウェア(ベース)、エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)
録音:1957年11月3日

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。先般、電子書籍『プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ001/マイルス・デイヴィス絶対名曲20 』(小学館スクウェア/https://shogakukan-square.jp/studio/jazz/)を上梓した。編集者としては、『後藤雅洋著/一生モノのジャズ・ヴォーカル名盤500』(小学館新書)、『小川隆夫著/伝説のライヴ・イン・ジャパン』、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)などを手がける。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。 ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャ…
  2. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年 ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジ…
  3. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』 名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く…
  4. 今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方(後編)
  5. 渡辺香津美『MOBO』 1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズ…
PAGE TOP