新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提につくられた、国産唯一のショーファーカーが21年ぶりに全面改良された。乗り心地、静粛性などが格段に向上した3代目の魅力を探る。

先代からの外観形状を生かし、剛性や静粛性を高めたボディ。今回の改良でフェンダーミラーからドアミラーに変更された。

先代からの外観形状を生かし、剛性や静粛性を高めたボディ。今回の改良でフェンダーミラーからドアミラーに変更された。

世界でも5本の指に入る自動車メーカーが、自社の持つ技術と車づくりの情熱をすべて注いでつくり上げた一台の車。外観、内装、動力源において日本車の最高峰といえるトヨタのセンチュリーが、21年ぶりに全面改良された。

3代目となる新型は、細部に至るまで“日本独自の美意識”を感じさせる車づくりが秀逸だ。

たとえば車体前面中央のエムブレムの鳳凰は、専任の工匠が金型を約1か月半かけて手で彫りこんだもの。さらに、フロントグリルの縦格子の奥には七宝文様の意匠が配されている。七宝文様とは同じ大きさの円を重ねて描かれる日本の伝統柄。無限に繋がる円ということから、円満や子孫繁栄などを表すとされる。

また、ボンネットから後部荷室にかけての車体側面に端正なラインが走っている。これは几帳面と呼ばれる、平安時代から屏障具などの柱の面処理に用いられる研ぎ出しの技法によるものだ。

車体の塗装も、黒色は7層に塗り重ねた後、水研ぎを3回施して僅わずかな凹凸を修正するなど、じつに手がこんでいる。漆塗りを手本にした最後の芸術的な鏡面仕上げは、匠の技のたまものである。

室内も見事だ。座席の表皮は本革仕様もあるが、高級ウール地を使った仕様が美しい。前席と主賓が座る後席とを明確に区別しており、運転席と助手席の間には11.6インチの高精細な大型液晶画面、左後席用に電動のオットマン(足乗せ用のソファ)も備える。

天井は中央部を一段高くした折り上げ天井様式で、卍(まんじ)の文字を崩して組み合わせた紗綾形崩し柄の織物を配している。この柄は繁栄と長寿を願う文様とされている。

全長は先代より65mm長くなり、後席空間がより広くなった。専任の工匠による車体側面(窓下)のラインや鏡面仕上げがじつに美しい。タイヤも16インチから18インチに変更された。

全長は先代より65mm長くなり、後席空間がより広くなった。専任の工匠による車体側面(窓下)のラインや鏡面仕上げがじつに美しい。タイヤも16インチから18インチに変更された。

前席はタモ材の美しい本杢パネル以外に華美な装飾はない。ハンドルや運転席回りに数多くのスイッチが配されているが、操作はしやすい。

前席はタモ材の美しい本杢パネル以外に華美な装飾はない。ハンドルや運転席回りに数多くのスイッチが配されているが、操作はしやすい。

座席は適度に柔らかく座り心地はいい。後席に備わるスイッチで助手席を前後に動かしたり、背もたれの角度などを調節できる。

座席は適度に柔らかく座り心地はいい。後席に備わるスイッチで助手席を前後に動かしたり、背もたれの角度などを調節できる。

後席の背もたれはリクライニング式。助手席の背面に備わる足置き用ソファを出してゆったり寛げる。足元の敷物は手織りの丹後緞通。

後席の背もたれはリクライニング式。助手席の背面に備わる足置き用ソファを出してゆったり寛げる。足元の敷物は手織りの丹後緞通。

車体後部の荷室の扉は大きく開くので荷物の出し入れがしやすい。横幅、深さ、奥行き共に充分あり、雑布などを掛けるフックも備わる。

車体後部の荷室の扉は大きく開くので荷物の出し入れがしやすい。横幅、深さ、奥行き共に充分あり、雑布などを掛けるフックも備わる。

乗り心地と静粛性が格段に向上。多彩な先進安全装備も充実する

光を受けると「几帳面」による側面のラインが際立つ。車体色は神威 (黒)、摩周(青)、飛鳥(深い赤)、精華 (シルバー)の4色。

センチュリーの購入者で自ら運転する人は少ないだろう。全長約5.3mの大型な車体だが、運転席は着座位置がやや高く、視界も良好で、思いのほか運転しやすい。

新開発されたエアサスペンションや乗り心地に特化した新タイヤ、エンジンとモーターを併用するハイブリッド方式の採用によって、動力性能や走行安定性は極めて高い。2代目は世界的にも稀少な12気筒エンジンを搭載していたが、3代目は環境や省エネ時代に対応。V型8気筒5Lエンジンのハイブリッド車に生まれ変わった。

後席の乗り心地を最重視しているが、路面の凹凸による不快な振動や突き上げ感は運転席でもほとんど感じない。車体には通常の約2倍の遮音材を使用し、ドアを閉めた途端、室内は静寂に包まれる。

安全面では、単眼カメラとミリ波レーダーを併用する検知センサーを使った多彩な安全装備が同車に初めて搭載された。

“継承と進化”をテーマに開発された新型センチュリー。匠の技によって磨き上げられた日本伝統の美と品格が輝きを放つ、世界に誇れる国産車である。

静粛性と燃費に優れた381馬力のV型8気筒5Lガソリンエンジン。先代のセンチュリー専用V型 12気筒も優れたエンジンだった。

静粛性と燃費に優れた381馬力のV型8気筒5Lガソリンエンジン。先代のセンチュリー専用V型12気筒も優れたエンジンだった。

【トヨタ センチュリー】

全長× 全幅× 全高:5335×1930×1505mm
ホイールベース:3090mm
車両重量:2370kg
エンジン:モーター/V型8気筒/4968cc:交流同期電動機
最高出力:381PS/6200rpm:224PS
最大トルク:52.0kg-m/4000rpm:30.6kg-m
駆動方式:後輪駆動
燃料消費率:13.6㎞/L(JC08モード)
使用燃料:バッテリー/無鉛プレミアムガソリン 82L:ニッケル水素電池
ミッション:電気式無段変速機
前・後:マルチリンク式
ブレーキ形式:前・後:ベンチレーテッドディスク
乗車定員:5名
車両価格:1960万円(消費税込み)
問い合わせ:お客様相談センター 0800・700・7700

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年1月号より転載しました。

  1. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。

    プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性の高い上級セダン【石川真禧照の名車を利く】

  2. アクセサリーソケットを活用

    車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  3. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。

    三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空間エコカー【石川真禧照の名車を利く】

  4. 守る、楽しむドライブレコーダー

    「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  5. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

    【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

  6. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

    【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

  7. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

    1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

  8. モーニングクルーズ

    「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋書店」の楽しみ方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  9. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」

    長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かないの?」

  10. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所

    首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  11. BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロードスター【石川真禧照の名車を利く】

  12. 黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  13. 上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  14. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。

    ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディーゼル車種が登場【石川真禧照の名車を利く】

  15. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。

    【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

  16. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。

    【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  2. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  3. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  4. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
  5. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
PAGE TOP