新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

いつか、あの車の開発に関わりたい──。そんな憧れを抱く技術者が集結し、伝統の4ドアセダンをつくり変えた。国内ではセダンの人気低迷が続く中、15代目となる国産高級車は新たな輝きを放つ。

低重心でスポーティ感が強調された外観デザイン。大きく開いたフロントグリルは先代からの逆台形のデザインを踏襲している。

初代クラウンが登場したのは昭和30年だった。発売当初から、トヨタを代表する高級乗用車として世に送り出されてきた。車名も性格も変わらずに半世紀以上もつくり続けられている車は、世界を見渡してもそう多くはない。

そのクラウンが、今年6月の全面改良で大きく変わることになった。同車はこれまで、豪華さを謳う伝統のロイヤル、スポーティなアスリート、車体の大きな最上級のマジェスタという3シリーズが存在した。それらをひとつのシリーズにまとめ、基本となるボディをスポーティな意匠の1種類とし、仕様や装備の異なるグレードで車種を揃える構成に変更した。

先代(ロイヤルサルーン)より全長は15mmだけ長くなった。屋根から車体後部の荷室にかけて描くゆるやかなラインが美しい。クラウン史上初めて後席ドア後方に独立した三角窓が設けられた。

従来のような車のつくり分けをやめ、クラウンとしての方向性を一本に絞ったことで、15代目となる新型車は、ここ数世代の中で完成度が最も高いといえる。

昨今、モデル変更のたびに大型化する車が多い中で、新型クラウンの寸法は先代とほぼ変わらない。日本の道路事情を考慮した使い勝手のいい車体サイズに加え、世界トップレベルの安全技術を採り入れた同車は、欧州の高級車と肩を並べる高水準な仕上がりである。

中央には上下2段式の液晶画面が備わる。上方画面はナビゲーションなどを表示。位置が高めなので、運転中でも視線の移動が少なくてすむ。

下段の画面は空調などの設定操作や、販売店やオペレーター、交通情報システムなどと繋つながるサービス画面などを表示する。

前席の着座位置はやや低めで、頭上空間は広い。シート素材はグレード別に6種類用意。内装色は標準色と特別色の計7色から選べる。

後席は座面後端がやや沈みこんでおり、体の横ずれなどが少ない。前席下の足入れスペースを拡大し、足元の空間に余裕をもたせている。

安全面では自動ブレーキの性能向上が目覚ましい。その作動実験がテストコースで行なわれた。ひとつは、時速40kmで走行中に駐車中の車の陰から時速15kmで自転車が飛び出すというもの。もうひとつは歩行者の代わりに人形を立たせた真っ暗な道を時速30kmで走行する実験で、いずれも進化したカメラとミリ波レーダーで検知、直前で停止し、衝突を回避した。

常に前方確認していても、判断が一瞬遅れることがある。それをカバーしてくれるのはありがたい。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
  2. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう 【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチ…
  3. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ 1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシッ…
  4. モーニングクルーズ 「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋…
  5. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
PAGE TOP