サライ.jp

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

いつか、あの車の開発に関わりたい──。そんな憧れを抱く技術者が集結し、伝統の4ドアセダンをつくり変えた。国内ではセダンの人気低迷が続く中、15代目となる国産高級車は新たな輝きを放つ。

低重心でスポーティ感が強調された外観デザイン。大きく開いたフロントグリルは先代からの逆台形のデザインを踏襲している。

初代クラウンが登場したのは昭和30年だった。発売当初から、トヨタを代表する高級乗用車として世に送り出されてきた。車名も性格も変わらずに半世紀以上もつくり続けられている車は、世界を見渡してもそう多くはない。

そのクラウンが、今年6月の全面改良で大きく変わることになった。同車はこれまで、豪華さを謳う伝統のロイヤル、スポーティなアスリート、車体の大きな最上級のマジェスタという3シリーズが存在した。それらをひとつのシリーズにまとめ、基本となるボディをスポーティな意匠の1種類とし、仕様や装備の異なるグレードで車種を揃える構成に変更した。

先代(ロイヤルサルーン)より全長は15mmだけ長くなった。屋根から車体後部の荷室にかけて描くゆるやかなラインが美しい。クラウン史上初めて後席ドア後方に独立した三角窓が設けられた。

従来のような車のつくり分けをやめ、クラウンとしての方向性を一本に絞ったことで、15代目となる新型車は、ここ数世代の中で完成度が最も高いといえる。

昨今、モデル変更のたびに大型化する車が多い中で、新型クラウンの寸法は先代とほぼ変わらない。日本の道路事情を考慮した使い勝手のいい車体サイズに加え、世界トップレベルの安全技術を採り入れた同車は、欧州の高級車と肩を並べる高水準な仕上がりである。

中央には上下2段式の液晶画面が備わる。上方画面はナビゲーションなどを表示。位置が高めなので、運転中でも視線の移動が少なくてすむ。

下段の画面は空調などの設定操作や、販売店やオペレーター、交通情報システムなどと繋つながるサービス画面などを表示する。

前席の着座位置はやや低めで、頭上空間は広い。シート素材はグレード別に6種類用意。内装色は標準色と特別色の計7色から選べる。

後席は座面後端がやや沈みこんでおり、体の横ずれなどが少ない。前席下の足入れスペースを拡大し、足元の空間に余裕をもたせている。

安全面では自動ブレーキの性能向上が目覚ましい。その作動実験がテストコースで行なわれた。ひとつは、時速40kmで走行中に駐車中の車の陰から時速15kmで自転車が飛び出すというもの。もうひとつは歩行者の代わりに人形を立たせた真っ暗な道を時速30kmで走行する実験で、いずれも進化したカメラとミリ波レーダーで検知、直前で停止し、衝突を回避した。

常に前方確認していても、判断が一瞬遅れることがある。それをカバーしてくれるのはありがたい。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア