そんな思い出のある「1600GT」ですが、実際に運転したのはずっと後。今から10年ほど前に、ある自動車雑誌の企画で試乗する機会がありました。オーナーの方が長年大切にされていることがよく分かる、整備の行き届いた個体でした。高性能ながら初めてでもすんなり運転できる懐の深さは、古いとはいえ、さすがトヨタ車だと思いましたね。

「1600GT」のインテリア。ステアリングのセンターには逆三角形のエンブレムが。

今でも縁があれば欲しい気もしますが、僕が好きなのはそのスタイリングで、これで飛ばしたいとは思いません。なので「1600GT」ではなく、普通の「コロナ・ハードトップ」にも興味があります。とくに初期型の3段コラムシフトとか2段トヨグライド(AT)のモデルや、それらの北米仕様があれば最高ですね。

「1600GT」や「コロナ・ハードトップ」が走る姿を想像すると、昔から頭の中に流れてくるのは朱里エイコさんの『アフリカ象とインド象』。1973年にリリースされた、全曲冨田勲さん作・編曲によるコンセプトアルバム『パーティー』に含まれている曲なのですが、このアルバムがおしゃれで、すばらしい出来なんです。

ミシェル・ルグランばりの流麗なサウンドに乗って歌われる詩の内容は、アフリカ象とインド象の違いを力説する男と、そんなことにはまったく興味がない女の噛み合わない心情。おそらく「1600GT」がアフリカのような景色をバックに走る絵はがきを見た記憶が、僕の中でこの曲につながったのだと思いますが、脳裏に浮かぶ象好きの男は、サファリジャケットを着て、首から一眼レフを提げたカメラマンなんです。(笑)

いかにも70年代的なイカした男性のイメージですが、いつか僕もサファリジャケットを着て、8トラックのカーステレオでこの曲を聴きながら、「1600GT」をドライブしたいですね。なんだか、だいぶゲタさんのイメージからは遠ざかってしまいましたが、この“違和感”もまた魅力的です。

8月1日(水)に発売となったクレイジーケンバンド3年ぶりのニューアルバム。テーマは「支離滅裂」。あらゆる音楽のジャンルで構成された、20周年を記念する力作となっている。 3年分の創作意欲が爆発したという横山剣のコメントからもその熱量が伺える。 初回限定版(CDに加え20周年記念スペシャルライブの模様などを収録したDVDが付くスペシャル版)¥7,000-(税別)。通常版¥3,000-(税別)。 写真は通常版のジャケット写真。

横山剣(CRAZY KEN BAND)
1960年生まれ。横浜出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足。今年クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月1日(水)には3年ぶりとなるオリジナルアルバム「GOING TO A GO-GO」をリリース予定。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブも行われる。http://www.crazykenband.com

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店