新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

フォード・コルチナ・ロータスMk1|クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、CRAZY KEN BANDの横山剣さんが執筆します。

文/横山剣(CRAZY KEN BAND)

「東洋一のサウンドクリエイター」横山剣です。「羊の皮を被った狼」。外見はおとなしいが、いざ走らせるとスポーツカー顔負けの性能を発揮するサルーンを表すフレーズですが、その元祖的なモデルが1963年に登場した「フォード・コルチナ・ロータスMk1」。当時の国産車でいえば「ブルーバード」や「コロナ」のような平凡なファミリーサルーンだった英国フォードの「コルチナ」にロータスが魔法をかけて、ツーリングカーレースで大活躍したモデルです。ちなみに、今では「コーティナ」という表記が一般的になっていますが、前回の「ムスタング」と同様、僕には「コルチナ」という響きのほうがしっくりくるんです。

ボディパネルの一部をアルミに換えて軽量化し、ロータス設計のサスペンションを備えたコルチナの車体に、「ロータス・エラン」と同じDOHC1.6Lエンジンを搭載。そんな「コルチナ・ロータス」を知ったのは、以前に紹介した「BMW」と同様、母親に買ってもらったミニカーがきっかけでした。もしかしたらノーマルの「コルチナ」のミニカーだったのかもしれませんが、記憶では白いボディに黄味がかったグリーンのストライプが入った「コルチナ・ロータス」なんです。グリーンのラインがリアに向かって膨らみながら、テールランプ周りまで入り込んでいるのが強く印象に残っているんですね。みなさんも“あのクルマといえば、あのカラー”というように記憶が関連することはありませんか?

グリーンのラインとリアのデザインが独特でそそられます。 撮影:沼田亨

実車との出会いは、20歳を過ぎた頃。レース経験もある、父親の知り合いが営む中古車ショップを手伝っていたときに、「適度に乗っていたほうが調子いいから」と、在庫車両だった「コルチナ・ロータス」のキーを預けてくれたんです。それで運転してみたら、想像していたよりもずっと乗りやすかった。エンジンが神経質なのかと思いきや、スムーズかつフレキシブルで、それでいて速い。ただしハンドリングは、オーバーステア(コーナリングの際にクルマが内側に切れこむこと)気味というか、ちょっとクセがありましたね。

そんな思い出の「コルチナ・ロータス」ですが、ひょんなことから鈴鹿サーキットでドライヴするチャンスを得るのです。今年の1月に開かれた「新春鈴鹿ゴールデントロフィーレース」。僕は欧州F3、F2時代に「黒い稲妻」の異名をとった桑島正美さん、「BMW」使いとして名を馳せた長坂尚樹さんという2人のレジェンド・ドライバーと共に、「BMW2002」で耐久レースにエントリーしていたのですが、予選走行中にエンジンが壊れて、決勝に出走できなくなってしまったのです。

がっかりしていたら、懇意にしている京都のロータス愛好家の方が、同日に鈴鹿で併催されていたタイム計測イベントに、彼の「コルチナ・ロータス」で出走できるよう取り計らってくれたのです。うれしかったですねえ。なにしろその「コルチナ・ロータス」は正規輸入され、「品5」で始まる新車以来のナンバーを付けた、ヒストリー、コンディションともに最上の1台だったんですよ。ありがたくドライヴさせていただきましたが、エンジンは驚くほどスムーズでポテンシャルが高く、借りものということを忘れてガンガン回しそうになっちゃいました。しかも飛び入りにもかかわらず、クラス3位の表彰までしていただき、災い転じて「大福」となったのでした。

ありがたくドライヴさせていただいた「コルチナ・ロータス」。実際にお借りしたものです。写真提供:清水倫正樣

「コルチナ・ロータス」のステアリングを握っている間、頭のなかに響いていたのはヒップスター・イメージの『メイク・ハー・マイン』。イギリスで1965年にリリースされ、モッズに愛されたクールで軽快なナンバーです。90年代に発売されたモッズのコンピレーション盤に入っていたことから日本でも知られるようになり、リーバイスのCMに使われたり、女子高生ビッグバンドを描いた映画『スウィングガールズ』でも、インストゥルメンタルで演奏されていました。モッズといえば、乗り物はベスパやランブレッタのスクーターですが、同時代の英国製サルーンである「コルチナ」にも、この曲の雰囲気がピッタリなんですよ。

筑波サーキットのクラシックカーレースを走る「コルチナ」。先頭と3台目が「コルチナ・ロータス」、真ん中が「コルチナGT」。(※本コラムで登場する固有の車体および筆者とは関係のない写真です。)撮影:沼田亨

そんな忘れがたいエピソードもあり、昔からずっと気になる存在の「コルチナ・ロータス」。機会があれば所有してみたいとは思いますが、構えずにスニーカー感覚で乗りたい気もするんです。となれば「コルチナ・ロータス」ではなく、スタンダード仕様のエンジンを改造して高性能にした「コルチナGT」という選択肢も考えられます。

もしかしたら、「コルチナGT」のほうが匿名性が高くてカッコいいかも。それで「コルチナ・ロータス」をちぎったら……。などと、どんどん妄想が膨らんでしまいます。それは、一見大人しそうな人の感情をあらわにした姿など、意外な一面を見てしまったときの驚きに似ているかもしれません。まさに「羊の皮を被った狼」。でも人の場合は、その反対もまた魅力的ですね。一見悪そうな、ワイルドな外見の男が心優しい紳士であったりすると。そう考えると、人もクルマも“意外性”が魅力のひとつなのかもしれません。

8月1日(水)に発売となったクレイジーケンバンド3年ぶりのニューアルバム。テーマは「支離滅裂」。あらゆる音楽のジャンルで構成された、20周年を記念する力作となっている。3年分の創作意欲が爆発したという横山剣のコメントからもその熱量が伺える。初回限定版(CDに加え20周年記念スペシャルライブの模様などを収録したDVDが付くスペシャル版)¥7,000-(税別)。通常版¥3,000-(税別)。 写真は通常版のジャケット写真。

横山剣(CRAZY KEN BAND)
1960年生まれ。横浜出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足。今年クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月1日(水)には3年ぶりとなるオリジナルアルバム「GOING TO A GO-GO」をリリース予定。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブも行われる。http://www.crazykenband.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
  2. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  3. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  4. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  5. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
PAGE TOP