新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない(横山剣のクルマコラム 第9回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、CRAZY KEN BANDの横山剣さんが執筆します。

文/横山剣(CRAZY KEN BAND)

「東洋一のサウンドクリエイター」横山剣です。いままで公の場であまり話す機会がなかっただけで隠していたわけではないのですが、実は、僕にはクルマを擬人化するという特技があります。特に昔のクルマはヘッドライトが丸目のものが多かったこともあり、人の顔に見えるものがありましたよね?

まだ乗ったことがないクルマでも、その顔から走りや乗り心地など、なんとなくそのキャラクターを想像して楽しんだものです。そんなクルマの擬人化が好きな僕が、1957年にロシア民謡『ともしび』をヒットさせ、男性ボーカルグループとして熱狂的なコーラスブームを巻き起こした「ダークダックス」のゲタさん(故・喜早 哲氏)と呼んでいたクルマがあります。(当時をご存じの方は、是非、ゲタさんのお顔を思い浮かべながら、どんなクルマか想像してみてください。)

そのクルマは、3代目「トヨペット・コロナ」。宿敵だった2代目「ダットサン・ブルーバード」との、双方の頭文字から「BC戦争」と呼ばれた熾烈な販売合戦を制して大人気となった、1960年代半ばから後半にかけてのベストセラーモデルです。「アローライン」と呼ばれた矢をイメージしたスタイリング、なかでも傾斜したフロントノーズのデザインが特徴で、ソース顔といいますか、しっかりとしたその顔つきはどこか西洋的なものを感じさせました。それでいて温和な印象がゲタさんを想像させるのかもしれません。

その「コロナ」には、センターピラーを取り去った日本初の「ハードトップ」がラインナップされていました。アメリカナイズされたスタイリッシュなモデルでしたが、小学生だったある日、街で見かけたレモンイエローの「コロナ・ハードトップ」に、なにやら違和感を覚えたのです。どうも様子がおかしいなと小学生ながらに興味津々。そのときから、そのクルマはとても気になる存在になりました。ちなみに、この“違和感”に対する追求心は大人になったいまでも変わっていません。

どこに違和感を覚えたのかといえば、フロントグリルとクォーターピラーに付いた逆三角形のエンブレム、フロントフェンダーに開けられたルーバー、そしてリアガーニッシュに貼られた「GT5」だか「GT4」のエンブレム。どうやらそれらのせいで、角張った顔つきながら温和なゲタさんとはちょっと違う雰囲気に見えたようでした。

「トヨタ1600GT」美しいハードトップのスタイリングが印象的です。

その後、自動車雑誌で、その不思議な「コロナ・ハードトップ」が、67年から68年にかけて作られた「トヨタ1600GT」だと知りました。ファンの間では型式名の「RT55」で呼ばれる「1600GT」は、「コロナ・ハードトップ」のボディに、ヤマハ発動機がコロナ用をDOHC化した1.6Lエンジンを搭載。本来なら「コロナ1600GT」と呼ぶべき存在ですが、3カ月前に発売された「トヨタ2000GT」の普及版的なイメージを与えるべく、意図的に「コロナ」の名を外したのでしょう。

その証拠に、僕が違和感を覚えた逆三角形のエンブレムは「トヨタ2000GT」に倣ったもので、フロントシートも「2000GT」からの流用。また「GT4」や「GT5」はトランスミッションが4段か5段かということを示しており、「1600GT5」用の5段トランスミッションは、これまた「2000GT」から流用していたのです。

DOHC化された「1600GT」用のエンジン。その佇まいは整然としています。

「1600GT」はツーリングカーレースでも活躍しました。もっとも有名なのは、これがデビュー戦となる「日産スカイライン2000GT-R」を抑えて「1600GT」がトップでゴールインした、69年JAFグランプリの前座レース。すでに生産終了していた「1600GT」が、はるかに高性能な最新の「GT-R」に勝ったと思いきや、「1600GT」は走路妨害のペナルティをとられ3位に後退。2位でフィニッシュした「GT-R」が繰り上がり優勝となったのです。

このペナルティが妥当であったか否かは後に論議の的となりましたが、「1600GT」のドライバーは高橋晴邦さん。イケメンでとくに少年ファンが多く、僕もそのひとりでした。いっぽう「GT-R」は、後年僕が大変お世話になった篠原孝道さん。後から知ったことですが、僕にとって大きな存在だった2人のドライバーが、このレースの当事者だったのでした。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーラ…
  2. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。 ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディ…
  3. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。 【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購…
  4. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。 【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『…
  5. 夏のドライブの儀式と持ち物【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 夏のドライブの暑さ対策|車内の熱気を素早く逃す方法【彩りカーライ…
PAGE TOP