新着記事

欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない(横山剣のクルマコラム 第9回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、CRAZY KEN BANDの横山剣さんが執筆します。

文/横山剣(CRAZY KEN BAND)

「東洋一のサウンドクリエイター」横山剣です。いままで公の場であまり話す機会がなかっただけで隠していたわけではないのですが、実は、僕にはクルマを擬人化するという特技があります。特に昔のクルマはヘッドライトが丸目のものが多かったこともあり、人の顔に見えるものがありましたよね?

まだ乗ったことがないクルマでも、その顔から走りや乗り心地など、なんとなくそのキャラクターを想像して楽しんだものです。そんなクルマの擬人化が好きな僕が、1957年にロシア民謡『ともしび』をヒットさせ、男性ボーカルグループとして熱狂的なコーラスブームを巻き起こした「ダークダックス」のゲタさん(故・喜早 哲氏)と呼んでいたクルマがあります。(当時をご存じの方は、是非、ゲタさんのお顔を思い浮かべながら、どんなクルマか想像してみてください。)

そのクルマは、3代目「トヨペット・コロナ」。宿敵だった2代目「ダットサン・ブルーバード」との、双方の頭文字から「BC戦争」と呼ばれた熾烈な販売合戦を制して大人気となった、1960年代半ばから後半にかけてのベストセラーモデルです。「アローライン」と呼ばれた矢をイメージしたスタイリング、なかでも傾斜したフロントノーズのデザインが特徴で、ソース顔といいますか、しっかりとしたその顔つきはどこか西洋的なものを感じさせました。それでいて温和な印象がゲタさんを想像させるのかもしれません。

その「コロナ」には、センターピラーを取り去った日本初の「ハードトップ」がラインナップされていました。アメリカナイズされたスタイリッシュなモデルでしたが、小学生だったある日、街で見かけたレモンイエローの「コロナ・ハードトップ」に、なにやら違和感を覚えたのです。どうも様子がおかしいなと小学生ながらに興味津々。そのときから、そのクルマはとても気になる存在になりました。ちなみに、この“違和感”に対する追求心は大人になったいまでも変わっていません。

どこに違和感を覚えたのかといえば、フロントグリルとクォーターピラーに付いた逆三角形のエンブレム、フロントフェンダーに開けられたルーバー、そしてリアガーニッシュに貼られた「GT5」だか「GT4」のエンブレム。どうやらそれらのせいで、角張った顔つきながら温和なゲタさんとはちょっと違う雰囲気に見えたようでした。

「トヨタ1600GT」美しいハードトップのスタイリングが印象的です。

その後、自動車雑誌で、その不思議な「コロナ・ハードトップ」が、67年から68年にかけて作られた「トヨタ1600GT」だと知りました。ファンの間では型式名の「RT55」で呼ばれる「1600GT」は、「コロナ・ハードトップ」のボディに、ヤマハ発動機がコロナ用をDOHC化した1.6Lエンジンを搭載。本来なら「コロナ1600GT」と呼ぶべき存在ですが、3カ月前に発売された「トヨタ2000GT」の普及版的なイメージを与えるべく、意図的に「コロナ」の名を外したのでしょう。

その証拠に、僕が違和感を覚えた逆三角形のエンブレムは「トヨタ2000GT」に倣ったもので、フロントシートも「2000GT」からの流用。また「GT4」や「GT5」はトランスミッションが4段か5段かということを示しており、「1600GT5」用の5段トランスミッションは、これまた「2000GT」から流用していたのです。

DOHC化された「1600GT」用のエンジン。その佇まいは整然としています。

「1600GT」はツーリングカーレースでも活躍しました。もっとも有名なのは、これがデビュー戦となる「日産スカイライン2000GT-R」を抑えて「1600GT」がトップでゴールインした、69年JAFグランプリの前座レース。すでに生産終了していた「1600GT」が、はるかに高性能な最新の「GT-R」に勝ったと思いきや、「1600GT」は走路妨害のペナルティをとられ3位に後退。2位でフィニッシュした「GT-R」が繰り上がり優勝となったのです。

このペナルティが妥当であったか否かは後に論議の的となりましたが、「1600GT」のドライバーは高橋晴邦さん。イケメンでとくに少年ファンが多く、僕もそのひとりでした。いっぽう「GT-R」は、後年僕が大変お世話になった篠原孝道さん。後から知ったことですが、僕にとって大きな存在だった2人のドライバーが、このレースの当事者だったのでした。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石…
  2. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  3. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
  4. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。 【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終…
  5. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダ…
PAGE TOP