新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「大和」「金剛」「雪風」|接着剤・塗装不要で組み立てられる「軍艦プラモデル」3選

文/安藤政弘

ブームをリードするフジミ模型の「艦NEXT」シリーズ

日本の軍艦を擬人化したゲーム「艦これ」のヒットや、近年、海外の探索チームにより、武蔵や島風など、日本の戦艦の発見が相次いだこともあり、軍艦ホビーの王道というべき第二次世界大戦時の艦船プラモデルが再注目されています。ブームをリードしたのが、模型メーカーの老舗、フジミ模型から登場した「艦NEXT」シリーズです。

最大の特徴はスナップフィットと着色ずみプラパーツの採用により、接着剤、塗装不要で組み立てられること。さらに、部品数を減らしながらも、ディティールを省略したり、精密感を損なうことなくパーツ分割や、構成が考えられているのも「艦NEXT」シリーズの凄いところです。スライド金型を併用し分割線を目立たなくするなどの工夫もされています。

フジミ模型の担当者によれば、シリーズのスタートは「艦これ」が流行る前ということ。「弊社では以前から、精密な艦船プラモを展開していましたが、部品が細かく、パーツ数も多いため、最後まで組み立てられずにあきらめてしまう方も多くいらっしゃいました。このままでは艦船プラモ人口が減少してしまう。そんな危機感もあり、誰にでも組み立てやすい艦船モデルをシリーズ化したい、という単純な動機から始まりました」と、開発の理由を教えてくれました。

少年時代に味わった模型作りの醍醐味もたっぷり

塗装がいらないので換気などをしなくてもにおいが気になりませんし、パーツをはめこんでいけばいいのでストレスもありません。ただ、作る側の視点で一つ付け加えるとしたら、簡単ではありますが、細かいパーツが多く、各パーツが精密に設計されていますから、多少時間はかかります。でも、実はここが「艦 NEXT」の味だと思います。パーツをはめこんで小1時間で完成するようなものでは、自分で組み立てるプラモデルの醍醐味が楽しめないからです。面白いのは、進めていくうちに少年時代の勘を取り戻すことでしょうか。指が現役時代のように勝手に動き始めたら完成は間近です。工具は、パーツのバリをとるニッパーと、ピンセットがあればOK。個人的にはハズキルーペが役立ちました。秋の夜長や、週末のホビーにぴったりです。
「艦 NEXT」シリーズにはさまざまな艦船をラインナップしているため、いざ作るとなると、どれにするか迷うところです。今回はモチベーションがあがりそうな、3項目から、おすすめのモデルを紹介します。

●ネームバリューで選ぶなら


1/700スケール
艦NEXT NO.1 日本海軍戦艦 大和
4104円(税込)

日本海軍史上最大の戦艦で、軍艦としては最もポピュラーな存在です。完成型がイメージしやすいこともあり、モチベーションがあがるのではないでしょうか。このモデルは後期型をもとにモデル化したもので、主砲の46センチ砲もリアルに再現されています。完成サイズの全長は約40cm。部屋に飾ると見ごたえも十分です。

 

●写真映えで選ぶなら

1/700スケール
艦NEXT No.7 日本海軍戦艦 金剛
4536円(税込)

対空兵装を最大限に増強した、昭和19年後半のレイテ沖海戦時の姿を模型化。艦体の成型色は最も色調が暗い佐世保工廠色を再現しています。ボーナスパーツとして25㎜単装機銃や弾薬箱、通気筒、増設機銃座の防弾板などが付属。複雑な艦橋構造もあり、写真映えすること間違いありません。

 

●手軽につくりたいのであれば


1/350スケール
350艦NEXT №3 日本海軍陽炎型駆逐艦 雪風
5184円(税込)
陽炎型の艦隊型駆逐艦、雪風の昭和20年時、対空兵装が最も増強された最終時の姿をもとに艦体を再現しています。艦橋基部、主砲塔が一体化構造になっているので、比較的作りやすいこともポイントです。迫力ある完成時の全長は約34センチ。これならちょっとした棚にもディスプレイできます。

問い合わせ先:フジミ模型 http://www.fujimimokei.com/

文/安藤政弘

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 超合金魂|スーパーロボットの原点「マジンガーZ」! 1972年の…
  2. 超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」…
  3. 『記念艦 三笠』に圧巻の「艦隊コレクション」模型展示を見にいく
PAGE TOP