新着記事

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロのなかにある(横山剣のクルマコラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、CRAZY KEN BANDの横山剣さんが執筆します。

文/横山剣(CRAZY KEN BAND)

「東洋一のサウンドクリエイター」横山剣です。「日本人の心の中にあるクルマと言えば!?」様々なご意見があろうかと思いますが、数多い国産旧車のなかでも、1968年にデビューした人気・評価ともにダントツの存在、3代目「日産スカイライン」が真っ先に思い浮かびます。「ハコスカ」という愛称で親しまれ、テレビCMなどの広告では「愛のスカイライン」という心くすぐるキャッチコピーが印象的でした。一方でレースにおける「GT-R」の活躍は目覚ましいものがあり、その硬軟両面のキャラクターがスカイラインを一躍に人気車種に押し上げました。

「ハコスカ」のなかでも、もっとも人気が高いのは「ハードトップ2000GT-R」(型式名KPGC10)。ですが、僕の好みはそれと入れ替わりで姿を消したセダンの「2000GT-R」(PGC10)、それもマニアの間では和暦から「ヨンヨン」と俗称される1969(昭和44)年式の初期型なんです。

プロトタイプスポーツ「R380」用をベースにした直6DOHC24バルブという、当時の市販車としては類のない高度な設計のエンジンを搭載した初代「GT-R」。レースでの勝利を目的に生まれたその「GT-R」のデビューレースは、1969年5月のJAFグランプリの前座レース。日産は当日の全国紙朝刊に「きょう、注目のスカイライン GPに初陣」という全面広告まで打ち、必勝を期して8台もエントリーしたのでした。

ところが、前回の「トヨタ1600GT」でも記したように、「GT-R」が圧倒的に有利という下馬評を覆して、トップでゴールしたのは高橋晴邦さんが駆った「トヨタ1600GT」。「GT-R」の最高位は篠原孝道さんの2位だったのですが、レース後に走路妨害のペナルティが課された高橋さんは3位に後退、篠原さんが繰り上がり優勝となったのでした。

「日産 スカイライン2000GT-R」4バルブDOHC直列6気筒の「S20型エンジン」を搭載していました。

いささかほろ苦い勝利ではありましたが、そこから49連勝という金字塔を打ち立てた初代「GT-R」の、記念すべき1勝目を飾った篠原さんは、1973年に富士のGT、74年にツーリングカーでシリーズチャンピオンを獲得。レース活動と並行して、神奈川県大和市で「ピットロード」というカーショップを経営していました。中学生だった僕は、レースへの強い憧れもあり、当時住んでいた横浜市戸塚区から1時間半ぐらいかけて、そこに通っていたのです。しかも自転車で(笑)。

といっても中学生ですから、買えるものといえばステッカーくらい。後は店の一角にあったカフェスペースでコーヒーやコーラを飲んで過ごしました。さぞかし迷惑な存在だったでしょうが、篠原さんはそんな僕の求めに応じてレースの話を聞かせてくれたのです。ある日、意を決して「弟子にしてください」とお願いしましたが、あえなく却下。でもレースに憧れる僕の気持ちを汲んで、あれこれ便宜を図ってくれました。レース開催日の前にあらかじめ連絡しておくと、富士スピードウェイのメインゲートの前で僕を拾って、いっしょに入れてくれるんです。その上サーキット内のどこにでも入れるオフィシャルパスまで用意してくれるなど、本当に可愛がっていただきました。

「GT-R」にはとても手が届きませんでしたが、「ハコスカ」の「GT」、それもセダンではなくハードトップなら所有したことがあります。20歳を過ぎてクールスRCのメンバーになったときに、「ベレット1600GT」を買うつもりで中古車店に行ったんです。ところがいい「ベレG」がなかったので、「スカG」を買ってしまったという(笑)。「ハコスカ」には珍しく、黒にオールペイントされていたところに一目惚れしたんです。シングルキャブのL20は快調で、瞬発力はないけれど粘りがあって、これはこれでいいエンジンだと思いましたね。

「GT-R」を初めて運転したのは10年くらい前。前回の「トヨタ1600GT」と同様、ある自動車雑誌の企画で試乗したんですが、それが大好きな1969年式のセダン「GT-R」だったのです。オーナーは内田幸輝さんという、ハコスカ好きが高じて江東区で「VICTORY 50」というハコスカ専門ガレージを営む方。彼の愛車だけあって、すばらしいコンディションでした。

内田さんの「GT-R」で参加した耐久レース。最高のコンディションで臨むことができました。

それから数年後、「ロータス・エラン」の回で紹介した、湘南ヒストリックカークラブが大磯ロングビーチで主催するジムカーナに参加した際に、その内田さんと再会したんです。雑談中にレースに出てみたいと口にしたところ、「だったら、ウチでクルマを用意するから」と言ってくれて。そこから話が進んで、レジェンドドライバーの桑島正美さん(「BMW2002tii」の回参照)と内田さん、そして僕の3人で、筑波サーキットで開かれるクラシックカーの60分耐久レースに、セダン「GT-R」で参加することになったんです。いまから2年前のことでした。

マシンはシルバーのボディに紺のボンネット。篠原さんがJAFグランプリで駆った仕様をベースに、桑島さんの往年のマシンから引用した赤いピンストライプと僕のヨコワケハンサムポーズのシルエットを入れて完成させました。ゼッケンはもちろん69(ロック)。レース初体験とあっておっかなびっくりの僕をおふたりがカバーしてくれて、結果は総合9位、クラス5位でした。思いがけずトロフィーまでいただいちゃって、うれしかったですね。もっとも、そのせいで「記念に1回だけ」と言っていた僕も、そして桑島さんまでも火が付いちゃったわけですが(笑)。

レースに参加した「GT-R」のルーフには、桑島さん、内田さん、私の名前とシルエットのステッカーを貼りました。

少年のころ憧れていたクルマに、大人になって、このように関わることが出来ているのですから、感無量です。当時、夢中になって見ていたレースのシーンがよみがえってきます。僕にとっての「ハコスカ」はレースで活躍する「GTR」のイメージですが、冒頭でも触れたように、「ハコスカ」といえば、CMも忘れられません。後に俳優としても活躍したモデルの蟇目良さんと、モデル/タレントのビーバーさんがカップルを演じた“まさに愛の溢れる”世界感にも憧れたのを覚えています。

「ランランラララ〜」というコーラスから始まる、ソフトロック調のオシャレな「愛のスカイライン」のCMソングは、今でも口ずさんでしまうくらい大好きです。後年知ったことですが、作詞が山上路夫さん、作曲がいずみたくさん、唄がスリー・グレイセスという超一流のスタッフが手がけていたのですから、そのクオリティの高さにも納得です。

クルマのCMに関しては、じつはエピソードがあります。カッコイイCMへ憧れが当時小学生だった僕を動かしたのです。あれは確か11、12歳の頃。「日産パーレレット」という架空のモデルを企画しました。デザインスケッチを描いて、CMソングを作り、CMに出演するタレントのキャスティングまでして。しかも、その企画書(と呼ぶのははばかられますが)にアカペラで歌ったCMソングを収めたカセットテープまで作って添えたのです。そして、大胆にも日産銀座ギャラリー受付にいるミス・フェアレディのお姉さんに手渡しにいきました。「偉い人に渡してください」と伝えるのを忘れずに。

今考えれば赤面ものですが、当時は大真面目でした。しばらくして日産から自宅宛に封書が届き大喜びしたのですが、肝心の企画の採否に関する記述はまったくなく、入っていたのは絵ハガキやステッカーなどでした……。それから1、2年後に日産から「バイオレット」がデビューしたときには、「これは僕が考えたクルマでは!?」と思いましたね(笑)。

とまあ、クルマとの想い出は数えきれません。そして今もクルマとの想い出は増え続けています。

まだまだお伝えしたいことはたくさんあるのですが、今回で僕のコラムは一旦終了です。

読んでいただいた皆さん、ありがとうございました! 様々なクルマについて語ることで、改めて思ったことは、クルマって本当に“タイムマシン”なんだ!ということです。あの日、あのときに連れて行ってくれる。クルマは公道やサーキットだけでなく、過去や未来に向けても走っているのです。想えば想うほど楽しい。そんなところは音楽と同じです。だから、きっといつかまた、みなさんとクルマについて語る機会ができればと思っています。皆さんのココロのなかにあるクルマを一緒に走らせましょう!

やっぱりクルマって「イーネッ!」。

8月1日(水)に発売となったクレイジーケンバンド3年ぶりのニューアルバム。テーマは「支離滅裂」。あらゆる音楽のジャンルで構成された、20周年を記念する力作となっている。 3年分の創作意欲が爆発したという横山剣のコメントからもその熱量が伺える。 初回限定版(CDに加え20周年記念スペシャルライブの模様などを収録したDVDが付くスペシャル版)¥7,000-(税別)。通常版¥3,000-(税別)。 写真は通常版のジャケット写真。

新アルバムを引き下げた全国ツアー「CRAZY KEN BAND TOUR 2018 GOING TO A GO-GO Presented by NISHIHARA SHOKAI」が8月末からスタート。写真はその皮切りとなった8月25日(土)に東京の福生市民会館で行われたステージの一コマ。11月まで全国で開催予定。発売プレイガイド一覧はこちらから。http://www.djr69.com/ticket/going_to_a_gogo2018.html

横山剣(CRAZY KEN BAND)
1960年生まれ。横浜出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足。今年クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月1日(水)には3年ぶりとなるオリジナルアルバム「GOING TO A GO-GO」をリリース。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブも行われる。http://www.crazykenband.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧…
  2. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  3. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  4. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  5. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
PAGE TOP