■女優の個性と表現力

ジュディ・オングがジャズを歌う。これは「美空ひばりがジャズも歌っていた」よりも意外な響きがあるのではないでしょうか。というのも、大方のジュディ・ファンは1979年(昭和54年)の大ヒット曲「エーゲ海のテーマ~魅せられて」の強烈なイメージができあがっているからです。なにしろ200万枚以上も売り上げ、第21回レコード大賞を受賞し、NHK「紅白歌合戦」にも初出演したのですから、その人気の高さもうかがえようというものです。加えて、のちに小林幸子のトレードマークともなった豪華な衣装に影響を与えた、鳥が羽を広げたような白いドレスでの登場も彼女のイメージを決定づけているようです。

そのジュディがジャズを歌ったらいったいどうなるのか? 大いに気になるところですよね。これがいいのです。ちゃんとジュディ・オングらしさを出しつつ、ジャズのテイストにおいてなんら不満なところもなく、見事に「ジュディのジャズ」になっているのです。これは彼女が英語に堪能であることも大いに関係しているでしょう。ともあれ、素直で明るい歌唱はとても好感がもてます。

■歌う喜び溢れるひばり

さて、最後に登場するのは国民的大歌手にして圧倒的歌唱力を誇る美空ひばりです。彼女はジャズの専門教育を受けたことはありませんが、持ち前の「耳のよさ」で、「耳から」ありとあらゆる歌を吸収していったのです。そういう意味では、バークリー音楽院のようなジャズの教育システムが生まれる以前のアメリカのジャズ・ヴォーカリストたちと変わらないと言っていいかもしれません。とにかく彼女の歌唱技術は完璧なのです。音程、リズムといった初歩的な要素は言うまでもなく、ジャズに必要なスイング感やドライヴ感といった、どちらかというと天性の資質に関わるような部分も申し分ないのです。

しかしもっとも重要なのは、ひばりの「歌い手魂」とでも言うしかないスピリットなのです。というか、ひばりクラスの歌手ともなると、歌謡曲、ジャズといった音楽ジャンルを超えたところで聴き手の心を捉える力があるのですね。

よく知られているように、ひばりはほんとうに子供のころから歌を歌っています。それも「生活のため」にではなく、歌自体が好きだったのです。そしてひばりは、その好きな歌を人に聴かせる喜びを、子供のうちから身につけていたのです。歌に対する愛がじつに深い。その愛があるからこそ、彼女の歌唱は時代を超えて人の心を打つのです。

文/後藤雅洋(ごとう・まさひろ)
日本におけるジャズ評論の第一人者。1947年東京生まれ。慶應義塾大学在学中に東京・四谷にジャズ喫茶『い~ぐる』を開店。店主としてジャズの楽しみ方を広める一方、ジャズ評論家として講演や執筆と幅広く活躍。ジャズ・マニアのみならず多くの音楽ファンから圧倒的な支持を得ている。著者に『一生モノのジャズ名盤500』、『厳選500ジャズ喫茶の名盤』(ともに小学館)『ジャズ完全入門』(宝島社)ほか多数。

※隔週刊CDつきマガジン『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)の第38号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)が発売中です(価格:本体1,200円+税)

>「隔週刊CDつきマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION」のペジを見る
サマータイム、バードランドの子守歌、ビギン・ザ・ビギン…一生で一度は聞いておきたいジャズ・スタンダードの熱唱約250曲をCD26枚に収めた日本初の全集です。BOOKを読めば歌手の生涯や時代背景も学べます。

第38号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

※ エラ・フィッツジェラルド|圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」 

※ サラ・ヴォーン|声を楽器に新しいスタイルを築いた技巧派

※ フランク・シナトラ|歌をリアルに伝える圧倒的な表現力と技術

※ ルイ・アームストロング|ジャズの父、そしてジャズ・ヴォーカルの父

※ 若き美空ひばりJAZZを歌う!今なお輝き続ける「昭和ジャズ歌」の個性

※ ボサ・ノヴァ・ヴォーカル|ブラジル・リオで生まれ世界を癒した音楽の新しい波

※ ビリー・ホリデイ|強烈な人生体験から生まれた歌のリアリティ

※ ナット・キング・コール|楽曲表現と個性発揮の見事な両立

※ エラ・フィッツジェラルド|エラの歴史はジャズ・ヴォーカル・ヒストリー

フランク・シナトラ|ジャズとポップスを繫ぐトップ・スター

※ アニタ・オデイ|声の欠点を個性的魅力に変えた実力派

※ チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性

※ カーメン・マクレエ|豊かな情感と構築力で歌の魅力を表現

※ グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!

クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス

※ ヘレン・メリル|深い情感をたたえるハスキー・ヴォイス

※ 昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち

※ ビング・クロスビー|古きよきアメリカを体現する「囁きの魔術師」

※ 映画のジャズ・ヴォーカル|映画音楽はジャズ名曲の宝庫

※ ジューン・クリスティ|ドライでクールな独創のハスキー・ヴォイス

※ ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」

※ メル・トーメ|他の追随を許さないジャジーなヴォーカリスト

1 2 3

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品