新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

日本ワインウィーク2019@丸の内ハウス、無料試飲付きミニセミナーを開催!

wine

国産ぶどうを100%使用した日本ワインは、近年ますます注目度があがっています。昨年大好評だった日本ワインのイベントが、今年はよりパワーアップして「日本ワインウィーク2019」として開催されます。
全国から25以上のワイナリーが参加して、泡、白、 赤、そしてオレンジワインまで、様々な種類の日本ワインをグラスで注文でき、普段は飲めない垂涎のアイテムも味わえます。さらに、今回は長野市産の鹿や猪などを使った本格的なジビエ料理を各店にて楽しめます。また、日本ワインを無料で試飲できるミニセミナーも開催。ラグビーワールドカップの後半戦と重なり、盛り上がる期間、ジビエとともに日本ワインで乾杯するのもいいですね。

■北海道から九州まで! 日本ワインがグラスで飲める

マンズワイン、グランポレール、シャトージュンをはじめ、北海道から九州まで全国のワイナリーが参加しています。そして今回は愛好家に知られる酒販店「いまでや」も全面協力しています。『丸の内ハウス』内の全9店舗の飲食店で、日本ワインをグラスで気軽に楽しめます。どの店でどのアイテムが飲めるかは、会場で配布されるリーフレットをご参照ください。

■ 『現バー』はNAGANO WINEバーに

現バー

会期中、『現バー』では人気の千曲川ワインバレーをはじめ、長野県の日本ワインが飲めます。何が提供されるかは当日のお楽しみ。長野のおつまみもあります。

■ 長野の鹿、猪を使ったジビエ料理!

ジビエ

長野市産の天然鹿、猪を使ったジビエ料理を各店が競作! 蕎麦からカレー、カツレツまで、日本ワインに合う独創的な料理が楽しめます。
会期中、『現バー』では人気の千曲川ワインバレーをはじめ、長野県の日本ワインが飲めます。何が提供されるかは当日のお楽しみ。長野のおつまみもありますよ。

■ 無料試飲付きのミニセミナーを開催

ミニセミナー

ワイナリーの醸造担当者や人気ワインバーの店主らが登場し、日本ワインの無料試飲ができる、ミニセミナーが開催されます。各回定員20名、事前に下記のリンク先より申し込みが必要です。
ミニセミナー申し込みはこちらから

 

●日本ワインウイーク2019年10月15日(火)~11月2日(土) (『丸の内ハウス』新丸ビル7階)
概要:東京駅前の新丸ビルの7階に位置する飲食フロアにはイタリアン・和 食・和洋食・中華ダイニングの他、蕎麦、ワイン、バー、喫茶など、個性的な9つのレストランやバーがあり、店をはしごするなど楽しめます。東京駅を見下ろせるテラスも人気です。
場所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 7F
電話:03・5218・5100(丸の内コールセンター)11時~21時
※ただし、日曜・祝日は20時まで(連休の場合は最終日のみ20時まで)
営業時間:平日11時~翌4時、 日曜・祝日・連休最終日11時~23時
休み:店舗により異なります。
ホームページ:http://www.marunouchi-house.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  3. 今年、五つ星を受賞した15ワイナリーのワインが一堂に。 約300のワイナリーが日本ワインブームを支える!|第2回「日本ワ…
  4. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。 日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」…
  5. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。 人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたの…
PAGE TOP