新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

日本ワインウィーク2019@丸の内ハウス、無料試飲付きミニセミナーを開催!

wine

国産ぶどうを100%使用した日本ワインは、近年ますます注目度があがっています。昨年大好評だった日本ワインのイベントが、今年はよりパワーアップして「日本ワインウィーク2019」として開催されます。
全国から25以上のワイナリーが参加して、泡、白、 赤、そしてオレンジワインまで、様々な種類の日本ワインをグラスで注文でき、普段は飲めない垂涎のアイテムも味わえます。さらに、今回は長野市産の鹿や猪などを使った本格的なジビエ料理を各店にて楽しめます。また、日本ワインを無料で試飲できるミニセミナーも開催。ラグビーワールドカップの後半戦と重なり、盛り上がる期間、ジビエとともに日本ワインで乾杯するのもいいですね。

■北海道から九州まで! 日本ワインがグラスで飲める

マンズワイン、グランポレール、シャトージュンをはじめ、北海道から九州まで全国のワイナリーが参加しています。そして今回は愛好家に知られる酒販店「いまでや」も全面協力しています。『丸の内ハウス』内の全9店舗の飲食店で、日本ワインをグラスで気軽に楽しめます。どの店でどのアイテムが飲めるかは、会場で配布されるリーフレットをご参照ください。

■ 『現バー』はNAGANO WINEバーに

現バー

会期中、『現バー』では人気の千曲川ワインバレーをはじめ、長野県の日本ワインが飲めます。何が提供されるかは当日のお楽しみ。長野のおつまみもあります。

■ 長野の鹿、猪を使ったジビエ料理!

ジビエ

長野市産の天然鹿、猪を使ったジビエ料理を各店が競作! 蕎麦からカレー、カツレツまで、日本ワインに合う独創的な料理が楽しめます。
会期中、『現バー』では人気の千曲川ワインバレーをはじめ、長野県の日本ワインが飲めます。何が提供されるかは当日のお楽しみ。長野のおつまみもありますよ。

■ 無料試飲付きのミニセミナーを開催

ミニセミナー

ワイナリーの醸造担当者や人気ワインバーの店主らが登場し、日本ワインの無料試飲ができる、ミニセミナーが開催されます。各回定員20名、事前に下記のリンク先より申し込みが必要です。
ミニセミナー申し込みはこちらから

 

●日本ワインウイーク2019年10月15日(火)~11月2日(土) (『丸の内ハウス』新丸ビル7階)
概要:東京駅前の新丸ビルの7階に位置する飲食フロアにはイタリアン・和 食・和洋食・中華ダイニングの他、蕎麦、ワイン、バー、喫茶など、個性的な9つのレストランやバーがあり、店をはしごするなど楽しめます。東京駅を見下ろせるテラスも人気です。
場所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 7F
電話:03・5218・5100(丸の内コールセンター)11時~21時
※ただし、日曜・祝日は20時まで(連休の場合は最終日のみ20時まで)
営業時間:平日11時~翌4時、 日曜・祝日・連休最終日11時~23時
休み:店舗により異なります。
ホームページ:http://www.marunouchi-house.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  3. 今年、五つ星を受賞した15ワイナリーのワインが一堂に。 約300のワイナリーが日本ワインブームを支える!|第2回「日本ワ…
  4. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。 日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」…
  5. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。 人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたの…
PAGE TOP