新着記事

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

写真・文/矢崎海里食欲のない夏、そうめんやざるそばなど、つるっと食べられる麺類を選び…

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    故郷の記憶を蘇らせた済州島のスープ(コウケンテツの料理コラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。文・写真/コウケンテツ(料理家)人には、魂に刻み込まれ…

  2.  

    花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

         

    取材・文/片山虎之介桜の花を鑑賞しながら、たくさんの人が集まって酒を飲み交わす「花見…

  3.  

    鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

         

    文/山本益博「江戸前」の鮨屋でしたら、のれんが店の玄関のほかに、つけ台、つまり、カウ…

  4.  

    料理家になる息子へ、母がくれた言葉(コウケンテツの料理コラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  5.  

    おいしい減塩食が簡単に作れる!国循「かるしおレシピ」の極意

         

    取材・文/わたなべあや大阪の国立循環器病研究センター(国循)では、心臓病や脳卒中などの循環器…

  6.  

    作家・町田康さんと歩いた北九州市・小倉の「旨いもの」巡り

         

    取材・文/編集部森鷗外(1862-1922)は、明治32年(1899年)6月、小倉第一二師団…

  7.  

    母の愛情がこもった野菜料理(コウケンテツの料理コラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  8.  

    すべてのことを食卓で学んだ子ども時代【コウケンテツの料理コラム 第1回】

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  9.  

    日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

         

    江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境…

  10.  

    美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

         

    文/山本益博「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴…

  11.  

    チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと皿の歳時記20】

         

    取材・文/山本益博根津にある『タケル』は、うどんの名店『釜竹』が経営する、オムライスが売り物…

  12.  

    【日本ワイン生産者の肖像2】佐々木賢さん・佳津子さん(農楽蔵)|自然と調和した「北海道らしいワイン」を求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子身体になんの違和感もなく、するりと喉から胃腑へと滑り落ちていく。…

  13.  

    大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳時記19】

         

    取材・文/山本益博東京を代表するグランメゾンとして名高い『アピシウス』。グランメゾン…

  14.  

    家呑みを楽しむ「現代の囲炉裏パーティー」に32名様をご招待

         

    文/編集部人と人との親密なコミュニケーションに欠かせないものといえば、食べることと飲むことだ…

  15.  

    東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】

         

    取材・文/山本益博東京・初台にあるレストラン『Anis(アニス)』は、肉好きには堪らない店で…

  16.  

    聘珍樓の「正宗肉饅」|伝統的な手法で作られる中華饅の真骨頂【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあや寒風が頬をかすめる季節、鍋や熱燗など温かい食事が恋しくなります…

  17.  

    世界限定257本!北斎ラベルの43年物モルトウイスキー

         

    文/編集部かの葛飾北斎の知られざる傑作《諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧》をご存じだ…

  18.  

    自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた

         

    毛ガニは、北海道を代表するご馳走の代名詞だ。土産やお歳暮にいただくことも多い。だが、いざ食べ…

  19.  

    自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた

         

    食べ応えのあるタラバガニは、ズワイガニと並び、日本人が好む人気の蟹だ。そのタラバガニを、キッ…

  20.  

    名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

         

    福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名…

  21.  

    作家・文士たちが愛した絶品の蟹料理を巡る

         

    開高健はセイコガニ(ズワイガニの雌)を「海の宝石箱」と評し、渡辺淳一は毛ガニの「上品で円ま るみ」の…

  22.  

    日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴

         

    ご存知のように、日本酒は米を主原料にして造られる醸造酒である。よって、用いる米によって酒の味…

  23.  

    日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品

         

    旨い日本酒を自宅で楽しもうと思ったら、旨い「つまみ」を合わせたいもの。それも、日本酒のタイプにあわせ…

  24.  

    東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記17】

         

    文・写真/山本益博このほど出版された『ミシュラン東京2018』で、神宮前の『傳』が2つ星に復…

  25.  

    粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR]

         

    突然ですが、あなたの“骨”は健康でしょうか?人間の骨密度(こつみつど、骨の強度)は、…

  26.  

    日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント

         

    酒販店などで好みの日本酒を手に入れたら、自宅でじっくり楽しみたい。そのために、酒と器の相性を知ってお…

  27.  

    厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本

         

    毎年登場する日本酒の美酒の中から10本を選んでご紹介しよう。もちろんこれはあくまで一例。この…

  28.  

    行きつけにしたい酒販店3軒|好みの酒を手に入れて自宅で味わいたい

         

    居酒屋でいろいろな酒を飲んで試し、酒の味の“背骨”が見えてきたら、人口に膾炙していない隠れた逸品酒を…

  29.  

    來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わらぬ味【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也記紀ゆかりの地、出雲の暴れ川として知られる斐伊川(ひいかわ)。その流域の…

  30.  

    当代きっての実力蔵の日本酒4銘柄をゆかりある居酒屋で飲む

         

    酒の旨さの本質とは何か。実力ある酒蔵の酒の味を利いていると、それぞれの味に「核」のようなものがあると…

PAGE TOP