新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

写真・文/矢崎海里今年ももうすぐ梅雨の季節がやってきますね。梅雨の時期は、気温差…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

文/川口陽海なかなか治らない腰痛や坐骨神経痛、本当につらいですよね。整形外科…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    世界限定257本!北斎ラベルの43年物モルトウイスキー

         

    文/編集部かの葛飾北斎の知られざる傑作《諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧》をご存じだろうか。日本各地の名瀑を描いた揃物八図のうちの一点で、流れ落ちる前の川を丸く描き、瀧を白く抜いた技法は秀逸。宇宙船が飛び上がるようにも見える…

  2.  

    自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた

         

    毛ガニは、北海道を代表するご馳走の代名詞だ。土産やお歳暮にいただくことも多い。だが、いざ食べ…

  3.  

    自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた

         

    食べ応えのあるタラバガニは、ズワイガニと並び、日本人が好む人気の蟹だ。そのタラバガニを、キッ…

  4.  

    名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

         

    福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名…

  5.  

    作家・文士たちが愛した絶品の蟹料理を巡る

         

    開高健はセイコガニ(ズワイガニの雌)を「海の宝石箱」と評し、渡辺淳一は毛ガニの「上品で円ま るみ」の…

  6.  

    日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴

         

    ご存知のように、日本酒は米を主原料にして造られる醸造酒である。よって、用いる米によって酒の味…

  7.  

    日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品

         

    旨い日本酒を自宅で楽しもうと思ったら、旨い「つまみ」を合わせたいもの。それも、日本酒のタイプにあわせ…

  8.  

    東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記17】

         

    文・写真/山本益博このほど出版された『ミシュラン東京2018』で、神宮前の『傳』が2つ星に復…

  9.  

    粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR]

         

    突然ですが、あなたの“骨”は健康でしょうか?人間の骨密度(こつみつど、骨の強度)は、…

  10.  

    日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント

         

    酒販店などで好みの日本酒を手に入れたら、自宅でじっくり楽しみたい。そのために、酒と器の相性を知ってお…

  11.  

    厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本

         

    毎年登場する日本酒の美酒の中から10本を選んでご紹介しよう。もちろんこれはあくまで一例。この…

  12.  

    行きつけにしたい酒販店3軒|好みの酒を手に入れて自宅で味わいたい

         

    居酒屋でいろいろな酒を飲んで試し、酒の味の“背骨”が見えてきたら、人口に膾炙していない隠れた逸品酒を…

  13.  

    來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わらぬ味【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也記紀ゆかりの地、出雲の暴れ川として知られる斐伊川(ひいかわ)。その流域の…

  14.  

    当代きっての実力蔵の日本酒4銘柄をゆかりある居酒屋で飲む

         

    酒の旨さの本質とは何か。実力ある酒蔵の酒の味を利いていると、それぞれの味に「核」のようなものがあると…

  15.  

    旨い酒を知り、味わい、学ぶ。居酒屋は日本酒の世界を楽しむ男のホームグラウンド

         

    灯ともし頃、居酒屋の行灯看板に明かりが点くのを見ると心躍る。東京・大塚の居酒屋『きた…

  16.  

    濱田屋の「胡麻豆腐」|聖地・高野山の清らかな水で育まれた逸品【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあやその昔、空海が開創した高野山。世界遺産としても知られ、歴史を静…

  17.  

    保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

         

    取材・文/北吉洋一自宅で楽しめ、贈り物にも向く“お取り寄せまぐろ”の逸品まぐろは…

  18.  

    街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新ひと皿の歳時記16】

         

    文・写真/山本益博東京の大井町に、家族3人でまかなう小さな中国料理店『萬来園(ばんらいえん)…

  19.  

    サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

         

    『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わい…

  20.  

    本場福岡『稚加榮』の明太子|辛さの中に出しの旨みが効いたご飯の友【魅惑のお取り寄せ】

         

    熱々の炊きたてご飯と美味しいご飯のお供、それだけあれば他には何もいらない。そんな時、日本に生…

  21.  

    保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

         

    日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の…

  22.  

    【日本ワイン生産者の肖像1】曽我貴彦さん(ドメーヌ・タカヒコ)|日本の風土に合うピノ・ノワールを求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワインにおける、ピノ・ノワールの可能性を切り拓いた人物。ドメ…

  23.  

    稲庭中華そば|秋田「稲庭うどん」の伝統製法で作られたラーメン【魅惑のお取り寄せ】

         

    手がかじかんでマフラーや手袋が恋しくなる季節。ふんわりスープの湯気が立ち上る中華そばに、チャ…

  24.  

    元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

         

    取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや…

  25.  

    極上まぐろが食べられる港町の名店3つ

         

    旨いまぐろを食べるには、漁の盛んな港町を訪れるのがいちばん。水揚げされたばかりの見事なまぐろが待って…

  26.  

    六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

         

    取材・文/編集部北風が吹くなか、六本木ヒルズを歩いていたら、ホットな看板を発見。「好…

  27.  

    『こんぶ土居』の十倍出し|大阪の老舗がつくる便利な本格昆布出し【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあや日々何かと忙しくても、食事をする時はふっと緊張の糸を緩めてみたくなりま…

  28.  

    『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘惑」

         

    取材・文/編集部とんかつの名店として名高い『とんかつ まい泉』が、ポークジャーキーを出してい…

  29.  

    小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひと皿の歳時記15】

         

    文・写真/山本益博今年の11月3日~5日の3日間、宮崎県・延岡市で『のべおか国際食卓会議』が…

  30.  

    定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』【定年本イッキ読み16】

         

    文/印南敦史家の料理を誰が作るのかと問われれば、多くの方は「妻」と答えるかもしれない…

PAGE TOP