新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めたほたるいか、今が旬の真っ盛り。地元では朝揚がったほたるいかをさっと湯がいて、酢味噌をつけて食べる。すし種としても人気の定番。甘みと苦みが合わ…

  2.  

    神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第24回】神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」歳時記では「ねぎ…

  3.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その2

         

    前夜のお酒がまったくといっていいほど残っていない(!)ことに驚きながら、目覚めのよい朝。「霧島」焼酎…

  4.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その1

         

    "日本一"の焼酎となった霧島酒造さん。いまや、都内でも「黒霧島」などを手にする機会が多くなりました。…

  5.  

    ロゼワインを科学する|料理とのマリアージュを見える化してみた

         

    見上げれば天空を覆うのは桜、手に持つワインもまた桜色。ロゼワインは花見の季節に最適である。フ…

  6.  

    揚げ油の選び方|安心・安全、健康によい油の条件とは

         

    質の高い油を選べばより健康的で旨い揚げ物が作れる数多ある油の中から、どんな油を揚げ物に使うか…

  7.  

    スペシャルティコーヒーの現実「琥珀の絆」第1回

         

    「コーヒー通」というとキリマンジャロだとかブルーマウンテンといった産地や銘柄の名前や味を知ってい…

  8.  

    土鍋で省エネおでん|【男のレシピ】短時間の加熱でできる

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は土鍋の優れた保温…

  9.  

    鴨とクレソンの鍋|【男のレシピ】肉の旨みと辛みがよく合う

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は「鴨とクレソンの…

  10.  

    アボカド炊き込みご飯|【男のレシピ】実はこんな料理にも

         

    熱帯アメリカ原産のアボカドは近年、日本の食卓に上る機会が増えた輸入野菜のひとつである。栄養価…

  11.  

    中米コスタリカのコーヒーが注目される理由とは

         

    中米に位置しながら生活水準が高く、平和な国コスタリカ。安定的な経済成長により首都サン・ホセ近郊の…

  12.  

    竹野「竹濤」の焼き蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第23回】竹野「竹濤」の焼き蟹兵庫県城崎温泉の先に竹野があ…

  13.  

    三田「コートドール」の苺のスープ

         

    【ひと皿の歳時記~第22回】三田「コートドール」の苺のスープ苺は、ヨーロッパ…

  14.  

    福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第21回】福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら」福住「…

  15.  

    鳥取「かに吉」の「魂炊」

         

    【ひと皿の歳時記~第20回】鳥取「かに吉」の「魂炊(たますい)」いまシーズン…

  16.  

    辛味大根は薬味の王様である

         

    蕎麦の薬味には、大根おろしがおすすめと、前回書いたが、大根の中でも蕎麦好きが好むのは、辛味大根だ…

  17.  

    六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水のジュレ」

         

    【ひと皿の歳時記~第19回】六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水の…

  18.  

    北千住「バードコート」のトリュフの親子丼

         

    【ひと皿の歳時記~第18回】北千住「バードコート」のトリュフの親子丼トリュフ…

  19.  

    薬味で生きる蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第7回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小さな薬味皿。この少量の薬味の使い方次第で、蕎麦の世界は、大きく広がることをご…

  20.  

    南青山「鮨ます田」のさばのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第17回】南青山「鮨ます田」のさばのにぎり2014年1月3…

  21.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前ま…

  22.  

    寒い季節の蕎麦の旅【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第6回】

         

    見知らぬ町で、おいしい蕎麦に出会ったりすると、とたんにその土地が大好きになる。旅をする楽しみの中…

  23.  

    丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト

         

    【ひと皿の歳時記~第15回】丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト2月26…

  24.  

    フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」

         

    【ひと皿の歳時記~第14回】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」1月、フランス…

  25.  

    元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ

         

    【ひと皿の歳時記~第13回】元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ白トリュフの季…

  26.  

    日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」

         

    【ひと皿の歳時記~第12回】日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」…

  27.  

    六本木「厲家菜」の豚肉と白菜

         

    【ひと皿の歳時記~第11回】六本木「厲家菜」の豚肉と白菜北京に本店のある「厲…

  28.  

    元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」

         

    【ひと皿の歳時記~第10回】元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」鯛の美味しい…

  29.  

    「自宅蕎麦屋」の楽しみ方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第5回】

         

    蕎麦打ちの趣味も、だんだん上達して、腕前がプロの領域に肉薄してくると、その力を発揮する場が欲しく…

  30.  

    東銀座「流石」本店のざるそば

         

    【ひと皿の歳時記~第9回】東銀座「流石」本店のざるそばそばがいよいよ美味しく…

PAGE TOP