新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    上野「ぽん多」のきすのフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第32回】「ぽん多」のきすのフライ「きす」は東京湾ののどかな海の坊ちゃん育ちの小魚です。それゆえ「江戸前」てんぷらを代表する魚でもあるのですが、フライで美味しいことを証明してくれるのが、カツレツ…

  2.  

    塩鯖と生姜ご飯の作り方【男のレシピ】簡単なのに唸る旨さ!

         

    昨今、土鍋ご飯が流行だが、電気炊飯器でも驚くほど旨いご飯が炊ける。出汁を使わず、水と酒、醤油…

  3.  

    料理の上手な撮り方|誰でもプロカメラマンになれる「美皿撮り」の掟

         

    美味しそうな料理は、つい、写真に撮って他人に見せたくなる。撮影テクニックの基本を身に付ければ、い…

  4.  

    京都「ろはん」の花山椒鍋

         

    【ひと皿の歳時記~第31回】京都「ろはん」の花山椒鍋今の季節しかない花山椒を…

  5.  

    健康づくりのための良い睡眠と漢方【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    新生活の準備や大型連休も終わり、身体に疲れを感じるこの季節、「春眠暁を覚えず」という言葉がありますが…

  6.  

    六本木ヒルズ「厲家菜」の「三不粘」

         

    【ひと皿の歳時記~第30回】六本木ヒルズ「厲家菜」の「三不粘」清朝の西太后が…

  7.  

    アジアの桃源郷で収穫される〝赤いダイヤ〟とは?

         

    幻といわれていたコーヒー豆が復活して30余年。収穫期を迎えたインドネシア・トラジャの農園で、…

  8.  

    日本酒は50度に温めると旨くなる!知られざる「燗酒」の秘密

         

    古くは奈良時代からおこなわれていた日本酒を温める飲み方「燗」。この“加温”という一手間にこそ、酒…

  9.  

    日本橋「シグネチャー」の「リゾット フレッシュモリーユ茸 ガーリックソース」

         

    【ひと皿の歳時記~第29回】日本橋「シグネチャー」の「リゾット フレッシュモリーユ茸 ガ…

  10.  

    身体がむくむ朝の二日酔い対策【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    本コーナーでは「大人の養生法」をテーマとして、西洋医学ではなかなか答えが得られない健康上の悩みに対し…

  11.  

    茅場町「みかわ」のぎんぽうのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第28回】茅場町「みかわ」のぎんぽうのてんぷらぎんぽうはて…

  12.  

    のぼせる二日酔いに対する効果的な予防法【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    GWを前に、ひと頃続いた歓送迎会やお花見などの飲み会もようやくひと段落といったこの時期ですが、こうし…

  13.  

    なぜ信州蕎麦は美味しいのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第10回】

         

    昔の蕎麦はおいしかったと、経験豊富な蕎麦職人は言う。では昔の蕎麦と今の蕎麦では、何が違うのだろう…

  14.  

    銀座「馳走 啐啄」の焼き筍とあぶらめ

         

    【ひと皿の歳時記~第27回】銀座「馳走 啐啄(そったく)」の焼き筍とあぶらめ…

  15.  

    京都「大渡」の「若筍煮」

         

    【ひと皿の歳時記~第26回】京都「大渡」の「若筍煮」筍の美味しい季節となりました…

  16.  

    蕎麦は昔のままがいい【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第9回】

         

    現代は、江戸の昔と比べたらいろいろな技術が進歩して、食材の管理もコントロールが自在にできる時代になっ…

  17.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めた…

  18.  

    神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第24回】神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」歳時記では「ねぎ…

  19.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その2

         

    前夜のお酒がまったくといっていいほど残っていない(!)ことに驚きながら、目覚めのよい朝。「霧島」焼酎…

  20.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その1

         

    "日本一"の焼酎となった霧島酒造さん。いまや、都内でも「黒霧島」などを手にする機会が多くなりました。…

  21.  

    ロゼワインを科学する|料理とのマリアージュを見える化してみた

         

    見上げれば天空を覆うのは桜、手に持つワインもまた桜色。ロゼワインは花見の季節に最適である。フ…

  22.  

    揚げ油の選び方|安心・安全、健康によい油の条件とは

         

    質の高い油を選べばより健康的で旨い揚げ物が作れる数多ある油の中から、どんな油を揚げ物に使うか…

  23.  

    スペシャルティコーヒーの現実「琥珀の絆」第1回

         

    「コーヒー通」というとキリマンジャロだとかブルーマウンテンといった産地や銘柄の名前や味を知ってい…

  24.  

    土鍋で省エネおでん|【男のレシピ】短時間の加熱でできる

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は土鍋の優れた保温…

  25.  

    鴨とクレソンの鍋|【男のレシピ】肉の旨みと辛みがよく合う

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は「鴨とクレソンの…

  26.  

    アボカド炊き込みご飯|【男のレシピ】実はこんな料理にも

         

    熱帯アメリカ原産のアボカドは近年、日本の食卓に上る機会が増えた輸入野菜のひとつである。栄養価…

  27.  

    中米コスタリカのコーヒーが注目される理由とは

         

    中米に位置しながら生活水準が高く、平和な国コスタリカ。安定的な経済成長により首都サン・ホセ近郊の…

  28.  

    竹野「竹濤」の焼き蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第23回】竹野「竹濤」の焼き蟹兵庫県城崎温泉の先に竹野があ…

  29.  

    三田「コートドール」の苺のスープ

         

    【ひと皿の歳時記~第22回】三田「コートドール」の苺のスープ苺は、ヨーロッパ…

  30.  

    福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第21回】福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら」福住「…

PAGE TOP