畑からテーブルへ運ばれる地場の野菜で大地の恵みを表現

ダ テッラ(明日香)

昼の7150円のコースから。手前は釜揚げシラスとキャベツのアーリオオーリオ(※にんにくとオリーブオイルを使ったソース)、左奥はサラダ、右奥は人参と水蛸、八朔(はっさく)のソース。スパークリングワイン、グラス1200円〜。

のどかな田園風景のなかに飛鳥京の古代ロマンを感じる明日香村飛鳥寺(法興寺)などと並ぶ飛鳥四大寺のひとつ川原寺跡の近くで、生まれ育った家をイタリアンレストランに改修した中井宏和さん(36歳)。両親や自身が代々継いできた畑の野菜を料理に使い、その美味しさを形にしたいという想いからだった。季節ごとの野菜はもちろん、米や小麦も栽培し、収穫した小麦は石臼で挽き全粒粉のパンやパスタとして供している。

「野菜は茹でたり、焼いたり、生のままなど、それぞれの特徴を活かして調理します。明日香村で育った野菜の可能性を引き出したいですね」(中井さん)

イタリア語で「大地」を意味する店名から名付けた「大地から」というサラダには約20種類の野菜が盛られる。野菜のソースで全体を合わせると、繊細さや力強さ、華やかさ、素朴さなど野菜の輪郭が際立つ。

キャベツを収穫する店主の中井宏和さん。畑は店から車で5分ほどのところにあり、西洋野菜や食用花なども育てている。

ダ テッラ

築120年の実家を改修し2年前に開業。

高市郡明日香村川原884
電話:0744・41・9072
営業時間:12時~15時(最終注文13時30分)、18時~22時(最終注文20時)
定休日:水曜、木曜 
予算:昼7150円、夜1万1000円 12席。要予約。

近鉄橿原線橿原神宮前駅から車で約10分。橿原神宮前駅へは近鉄奈良駅から約35分。

撮影/大腰和則

※この記事は『サライ』2022年6月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店