世界最高峰の食の都・京都。表通りでなく、一歩足を踏み入れた路地裏に、地元の人が通う小体で旨い店はある。その中でも、とりわけ新しくて、あまり知られていない食事処を選りすぐった。

最新美味処「京都は小体な店ほど面白い」

パリの街カフェを思わせる小粋な料理と自然派ワイン

水上製作所(中京区 突抜町)

自家製ロースハムとチェンチの柚子胡椒780円。奥はベーコン、マイタケ、パルミジャーノのリゾット1050円。グラスワイン750円~。

「パリのカフェのような光がたっぷり入る明るい場所で、料理やコーヒーを楽しめるお店を開きたかった」と話すのは、店主の水上智さん。福井県出身で、地元の飲食店に勤めた後、京都の人気店『カフェ コチ』に入店。その後、姉妹店のベーカリーカフェの立ち上げを任され、店長として腕を揮った。

「店で出すワインに魅せられ、いつか手作りの料理と自然派ワインの店をと思うようになり、ワインを学び始めました」と話す。

リンゴのスコーン280円とコーヒー500円。毎日焼くスコーンは日によって内容が替わる。日曜のモーニングには、数種類が並ぶ。

両店で10年の歳月を過ごし、令和3年、念願の自店を開業した。言葉通り、店で出すパンやスコーンのほか、ハムやベーコン、ソースなどもすべて手作り。たとえば、しっとりとしてほどよい塩味のロースハムは、豚のロース肉を塩漬けにしてから、低温で4時間かけ丁寧に作った一品。世界的に評価される京都のイタリアン『チェンチ』(左京区)の柚子胡椒を添え、ピリッとした辛みと香りで旨味を深める。

メニューには、「パイナップルとミントのマリネ フロマージュブランと富士酢」といった融合料理も並ぶ。バケットサンドやリゾット、カレーといった軽食もあるので、昼時に出かけるのもいいだろう。日曜には朝食も用意し、地元客だけでなく、近くのホテルに泊まる観光客を迎える。

朝から夜まで自然派ワインで料理を味わえる店の誕生は、京都美食の幅や奥行きを広げている。

日本ワインのほか、フランス、イタリアなど多彩な自然派ワインをグラスとボトルで。ボトルワイン4800円~と種類も豊富。

水上製作所

明るい日差しが差し込む店内。モダンな空間に存在感を放つ『水上製作所』の看板は、店主の水上智さんの実家に掲げてあったもの。

京都市中京区突抜町793 2階
電話:075・286・7761
営業時間:13時~22時(最終注文21時15分)日曜は8時~11時(朝食)、13時~19時(最終注文18時30分) 
定休日:火曜、不定休あり
交通:地下鉄烏丸御池駅より徒歩約5分 

『サライ』10月号の特別付録は、「月の沙漠のスキットル」。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

※この記事は『サライ』2022年10月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店