新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    富山『海老亭別館』の新米の御飯

         

    【ひと皿の歳時記~第100回】富山『海老亭別館』の新米の御飯新米のコシヒカリを羽釜で炊いた、つやつやの御飯。江戸時代、御飯は朝一度のみ炊き上げました。薪がもったいないというエコロジー的な考えと、夜は火事が起こらないように、長屋では火を使うこ…

  2.  

    大間のマグロに合う日本酒はこれ!

         

    極上本マグロの大トロ、中トロ、赤身の握り。「大間のマグロって、本当にそんなに旨いのかなあ」という人…

  3.  

    信州・小布施の老舗菓子店が手がける絶品の栗スイーツ

         

    見た目も独特な『小布施堂』の季節限定の栗のスイーツ「朱雀」。お茶付きで1000円。いよいよ秋本番。山…

  4.  

    東京・福住『みかわ是山居』の才巻海老の天丼

         

    【ひと皿の歳時記~第99回】東京・福住『みかわ是山居』の才巻海老の天丼才巻海老(さいまきえび)は、車…

  5.  

    懐かしくて新しいコッペパンとどら焼きの食べ較べ

         

    野菜や魚の煮物や肉じゃがが家庭の味だったのは昔の話。和・洋・中など様々な料理が食卓に並ぶようになった…

  6.  

    ネクタイ、トウガラシ、マクラ…。牛肉の希少部位、探求のすすめ

         

    ↑精肉の二幸『黒毛和牛希少部位食べ比べ 「マニア編」6種類BOX』(50g×6種類)4320円。この…

  7.  

    身近になった北陸の極上蕎麦【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第22回】

         

    『石臼挽き純手打ちそば 村田屋』の「辛味おろしそば」北陸の蕎麦を食べる機会が急に増えた。…

  8.  

    京都『浜作』の鯛丼

         

    【ひと皿の歳時記~第98回】京都『浜作』の鯛丼ようやく秋めいて、鯛の季節となりました。京都の板前割烹…

  9.  

    銀座『すきやばし次郎』の「しんいか」の握り

         

    【ひと皿の歳時記~第97回】銀座『すきやばし次郎』の「しんいか」の握り肉質が柔らかな、すみいかの子供…

  10.  

    銀座で蕎麦の魅力を体験【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第21回】

         

    「銀座NAGANO校」での「蕎麦のソムリエ講座」の様子。私は現在、東京・銀座にある長野県…

  11.  

    御徒町『ぽん多本家』の穴子のフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第96回】御徒町『ぽん多本家』の穴子のフライ『ぽん多本家』の「穴子のフライ」「カツ…

  12.  

    元麻布『かんだ』の「鱧と松茸」

         

    【ひと皿の歳時記~第95回】元麻布『かんだ』の「鱧と松茸」日本料理は食材の旬を見極めて調理することに…

  13.  

    上海『青木』のあじの握り

         

    【ひと皿の歳時記~第94回】上海『青木』のあじの握り日本料理ブームに乗って、中国での日本料理のレベル…

  14.  

    銀座『イル・リストランテ ルカ・ファンティン』の 「カルナローリ米のリゾット 鰻 万願寺とうがらし」

         

    【ひと皿の歳時記~第93回】銀座『イル・リストランテ ルカ・ファンティン』の「カルナローリ米のリゾッ…

  15.  

    六本木『龍吟』の「冷製とうもろこしの茶碗蒸し」

         

    【ひと皿の歳時記~第92回】六本木『龍吟』の「冷製とうもろこしの茶碗蒸し」日本料理の夏は、鮎に始まり…

  16.  

    浅草「駒形どぜう」の「まるなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第91回】浅草「駒形どぜう」の「まるなべ」鍋物は冬ならではの料理と思われがちですが…

  17.  

    三田「コートドール」の「梅干しと青じそのスープ」

         

    【ひと皿の歳時記~第90回】三田「コートドール」の「梅干しと青じそのスープ」日本生まれでありながら、…

  18.  

    延岡「ビストロ ル セルドール」の鮎のリングイネ

         

    【ひと皿の歳時記~第89回】延岡「ビストロ ル セルドール」の鮎のリングイネ今年また、東京・銀座「F…

  19.  

    八丁堀「シック プッテートル」のアオリイカのティエド

         

    【ひと皿の歳時記~第88回】八丁堀「シック プッテートル」のアオリイカのティエドティエドとは、熱くも…

  20.  

    御殿山「カンテサンス」の稚鮎とアーティチョーク

         

    【ひと皿の歳時記~第87回】御殿山「カンテサンス」の稚鮎とアーティチョーク季節柄、あちこちの店で「鮎…

  21.  

    蕎麦打ち健康法【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第20回】

         

    取材に出ないで、自宅で過ごす日は、なるべく一度は蕎麦を打って、食べるようにしている。私の場合、これが…

  22.  

    銀座「Furuta」の鮎の春巻き

         

    【ひと皿の歳時記~第86回】銀座「Furuta」の鮎の春巻き  岐阜の中華料理の名店が、昨年末、銀座…

  23.  

    富山「海老亭別館」の「ほたるいかの沖漬け」

         

    【ひと皿の歳時記~第85回】 富山「海老亭別館」の「ほたるいかの沖漬け」 ほたるいかの季…

  24.  

    銀座「すきやばし次郎」のとりがいとあわびの握り

         

    【ひと皿の歳時記~第84回】銀座「すきやばし次郎」のとりがいとあわびの握り 「すきやばし…

  25.  

    東京・神宮前「フロリレージュ」

         

    【ひと皿の歳時記~第83回】東京・神宮前「フロリレージュ」2か月ほど前に新天地に移ったばかり。大きな…

  26.  

    京都「美山荘」の油物

         

    【ひと皿の歳時記~第82回】京都「美山荘」の油物 「美山荘」は京都とはいえ、市内の繁華街から車で1時…

  27.  

    四谷「北島亭」の「ソーモン・ア・ロゼイユ」

         

    【ひと皿の歳時記~第81回】四谷「北島亭」の「ソーモン・ア・ロゼイユ」いまから40年以上前に、フラン…

  28.  

    蕎麦の喉越しが良いとは、どういう感覚か?

         

    日常、何気なく発している言葉の中には、意味がよくわからないまま、慣用句のように使っている単語がある。…

  29.  

    札幌「Akihisa Handa」のグリーンアスパラガス

         

    【ひと皿の歳時記~第80回】札幌「Akihisa Handa」のグリーンアスパラガス5月になると真っ…

  30.  

    延岡・北浦「潮香ノ宿 高平屋」の「本さば柚菴焼き」

         

    【ひと皿の歳時記~第79回】延岡・北浦「潮香ノ宿 高平屋」の「本さば柚菴焼き」さ…

PAGE TOP