新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

文/印南敦史スーパーやコンビニではさまざまな食品が売られているが、それらはすべて2種類の…

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

親族をはじめ、友人・知人、仕事関係などの葬儀に参列することは幾度かあっても、人生の中で、自分…

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

『サライ』7月号では「焼酎」を大特集していますが、こちらではお気に入りの焼酎をさらにおいしく…

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

来年「文化の祭典」でもあるオリンピック・パラリンピックを迎える東京。その伝統工芸品を扱った展示『進化…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

写真・文/矢崎海里スーパーにも少しずつ新生姜が並ぶ季節になりましたね。新生姜は通常の…

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

企業の経営理念について理解できていない、と思われるような行動をとる部下が多い、という悩みを抱…

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    東麻布「野田岩」の天然鰻

         

    【ひと皿の歳時記~第37回】東麻布「野田岩」の天然鰻 天然鰻のシーズン真っ盛りです。「野田岩」では天然鰻を白焼き、蒲焼きに仕上げます。「焦げていたら蒲焼ではない」というのが「野田岩」のモットーで、…

  2.  

    ジメジメする梅雨時に気になる頭痛【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    日本列島が梅雨入りし、ジメジメした天気が続いています。こういった天候の際に、いつもよりも頭痛がひどい…

  3.  

    銀座「馳走 卒啄(ちそうそったく)」の「鱧とじゅんさいのお椀」

         

    【ひと皿の歳時記~第36回】銀座「馳走 卒啄(ちそうそったく)」の「鱧とじゅんさいのお椀」 …

  4.  

    奈良、鎌倉、江戸時代の蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第11回】

         

    「昔の蕎麦と今の蕎麦は、どこかが違っているのですか」と、聞かれることがある。昔の時代…

  5. 下鴨茶寮の鮎塩焼き  

    下鴨茶寮の「鮎の塩焼き」

         

    【ひと皿の歳時記~第35回】下鴨茶寮の「鮎の塩焼き」 琵琶湖の鮎…

  6.  

    タジン・オムレツ|ふっくら卵がおいしい【男のレシピ】

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今…

  7.  

    料理を旨くする「塩麹」の力とは?

         

    少し使うだけで料理がたちまちおいしくなると、「塩麹」が注目を浴びている。山形県米沢市で味噌や麴を…

  8.  

    元麻布「アルヴェアーレ」の太刀魚とはなびら茸の前菜

         

    【ひと皿の歳時記~第34回】元麻布「アルヴェアーレ」の太刀魚とはなびら茸の前菜 …

  9.  

    こむら返り|暖かく快適なシーズンにこそ気をつけたい【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    日に日に気温もあがり、快適なシーズンとなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 週末には遠出さ…

  10.  

    新橋「笹田」のはも

         

    【ひと皿の歳時記~第33回】新橋「笹田」のはも東京は5月末から猛暑です。この…

  11.  

    焼酎業界初の試み、循環型農業が生み出した食肉の味わい

         

    「焼酎・農業・美味豚」と並べると、何やら落語の三題噺めくが、これは鹿児島の西酒造が取り組んで…

  12.  

    イタリア版肉じゃが|豚肉と白ワインの蒸し煮の作り方【男のレシピ】

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は白ワインの酸味が…

  13.  

    上野「ぽん多」のきすのフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第32回】「ぽん多」のきすのフライ「きす」は東京湾ののどか…

  14.  

    塩鯖と生姜ご飯の作り方【男のレシピ】簡単なのに唸る旨さ!

         

    昨今、土鍋ご飯が流行だが、電気炊飯器でも驚くほど旨いご飯が炊ける。出汁を使わず、水と酒、醤油…

  15.  

    料理の上手な撮り方|誰でもプロカメラマンになれる「美皿撮り」の掟

         

    美味しそうな料理は、つい、写真に撮って他人に見せたくなる。撮影テクニックの基本を身に付ければ、い…

  16.  

    京都「ろはん」の花山椒鍋

         

    【ひと皿の歳時記~第31回】京都「ろはん」の花山椒鍋今の季節しかない花山椒を…

  17.  

    健康づくりのための良い睡眠と漢方【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    新生活の準備や大型連休も終わり、身体に疲れを感じるこの季節、「春眠暁を覚えず」という言葉がありますが…

  18.  

    六本木ヒルズ「厲家菜」の「三不粘」

         

    【ひと皿の歳時記~第30回】六本木ヒルズ「厲家菜」の「三不粘」清朝の西太后が…

  19.  

    アジアの桃源郷で収穫される〝赤いダイヤ〟とは?

         

    幻といわれていたコーヒー豆が復活して30余年。収穫期を迎えたインドネシア・トラジャの農園で、…

  20.  

    日本酒は50度に温めると旨くなる!知られざる「燗酒」の秘密

         

    古くは奈良時代からおこなわれていた日本酒を温める飲み方「燗」。この“加温”という一手間にこそ、酒…

  21.  

    日本橋「シグネチャー」の「リゾット フレッシュモリーユ茸 ガーリックソース」

         

    【ひと皿の歳時記~第29回】日本橋「シグネチャー」の「リゾット フレッシュモリーユ茸 ガ…

  22.  

    身体がむくむ朝の二日酔い対策【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    本コーナーでは「大人の養生法」をテーマとして、西洋医学ではなかなか答えが得られない健康上の悩みに対し…

  23.  

    茅場町「みかわ」のぎんぽうのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第28回】茅場町「みかわ」のぎんぽうのてんぷらぎんぽうはて…

  24.  

    のぼせる二日酔いに対する効果的な予防法【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    GWを前に、ひと頃続いた歓送迎会やお花見などの飲み会もようやくひと段落といったこの時期ですが、こうし…

  25.  

    なぜ信州蕎麦は美味しいのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第10回】

         

    昔の蕎麦はおいしかったと、経験豊富な蕎麦職人は言う。では昔の蕎麦と今の蕎麦では、何が違うのだろう…

  26.  

    銀座「馳走 啐啄」の焼き筍とあぶらめ

         

    【ひと皿の歳時記~第27回】銀座「馳走 啐啄(そったく)」の焼き筍とあぶらめ…

  27.  

    京都「大渡」の「若筍煮」

         

    【ひと皿の歳時記~第26回】京都「大渡」の「若筍煮」筍の美味しい季節となりました…

  28.  

    蕎麦は昔のままがいい【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第9回】

         

    現代は、江戸の昔と比べたらいろいろな技術が進歩して、食材の管理もコントロールが自在にできる時代になっ…

  29.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めた…

  30.  

    神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第24回】神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」歳時記では「ねぎ…

PAGE TOP